2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 紅葉の東部カナダめぐり:9月26日オルレアン島へ | トップページ | 紅葉の東部カナダめぐり:9月26日ケベックシティ旧市街一人旅 »

2015年11月 2日 (月)

紅葉の東部カナダめぐり:9月26日ロウワータウン

バスでケベックシティ旧市街の港近く、ホテルの下の方にあるロウワータウンに戻ってきました。

駐車場から街に向かう時、まず目に飛び込んできたのが、こちらの頭付き毛皮❢

☟ 狼でしょうか? とっても大きいんです。  熊も干されてました…coldsweats02      

P9260245 P9260246 P9260247

からもシャトーフロントナック()☝が見えました。 更に気になってしょうがない☝フニキュレールも。

(☟ 帰る頃になって気付いたシャンプラン地区の地図)

P9260266_2

まずは『プラスロワイヤル』の方へ。   大きな壁画があるそうです。  

P9260249ブロ友のS様がおっしゃていたフレスコ画ですね。

左の三階の窓から外を見てるかたがジャック・カルティエ、

二階左のコップを手にしてるのが、シャンタロンさん、

右の書類?手紙?を持ってるのがシャンプランさん。

P9260251_2すぐ傍の広場の中心に

ルイ14世の胸像。

P9260252

その横手には、小さな『勝利のノートルダム教会』☝がたってました。  

1690年1711年に起きた英仏戦争の勝利を讃えてこの名に。   全くの逆光で…coldsweats02

この教会の右手の道を戻ります。  そして右手に曲がると、『首折階段)』下に出ます。 

☟ 左手に伸びるのが『プチ・シャンプラン通り』で、北米最古の繁華街です。

P9260256 P9260255 P9260259

首折階段は、転ぶと首を折ってしまいそうなほど急とか…sign02   見た所それ程でもありません coldsweats01

あまりの危険なので、手すりをつけたり階段を手直したりしたそうですが…   

一応ここで解散。    早速上まで行って見ました。

目の前には真っ直ぐ伸びるプチ・シャンプラン通り。   人が一杯。  

ではS様のおっしゃっていたもう一枚のフレスコ画を見に行かなくっちゃ…   

アレッ、メモを置いてきちゃったみたいです…  この時まだシャンプラン地区の地図に気付かず…

プチシャンプラン通りをキョロキョロ歩いたのですが見つからず…

尋ねた相手が悪かったのか、「あっちにもこっちにもあるよ」とか…  でもあっちにもこっちにもない。

気になるフニキュレールの乗り場をチェックして、「私一人これに乗って帰ったらダメかな???」

バスでグル~ッと回って帰るより、このほうが早いし、荷物ないし、主人が伝言してくれたら支障ない…

ですが、主人に「それはないでしょっ」と、却下され…    (ココロノコエ:ブツブツグジャグジャブツブツ…)

P9260268川向こうのレヴィ市に渡るフェリー乗り場が見えます。

でもそこまで行く時間はもうありません。

川を眺められる広場?公園?でうろうろ。

城壁に囲まれた都市です。

その昔はこんなふうに大砲が置かれていた…

子供が遊んでますが、もう二度とこんなものが

稼働しないで済むように祈らずにはいられません。

今はボタン一つで町一つ吹っ飛んじゃうんですから…

そうこうしてるうちに集合時刻、バスでホテルに戻ります。

真上にあるホテルですが、グル~ッとグル~ッと回って戻りました。

« 紅葉の東部カナダめぐり:9月26日オルレアン島へ | トップページ | 紅葉の東部カナダめぐり:9月26日ケベックシティ旧市街一人旅 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

北米最古の繁華街。素敵な町並み。
歩いてみたいなぁ~。でも、横で夫は階段が急だとか、坂道だから・・・とか
ブツブツ文句を言うんだろうなぁ~とひとりシュミレーション?(笑)
頭つき毛皮が乾されているということは、猟が盛んなんですか?
見知らぬ国をブログで拝見しながら楽しませていただいております。^^

 狼に熊! ワイルドですね!

 巨大なフレスコ画はトリックアートのようですね。
 実在の人が画の中にいるように見えます。
 (手前に立っている人は本物ですよね?)

 少ない自由時間を有効かつ目いっぱい使われているパンジー様、
 とっても中身の濃い時間を過ごされていて、 
 拝見している私も充実の気分です。

 ココロですねてるパンジー様、かわいいlovely


ああ、本当に懐かしい。
台風の影響で船が出港できず 3日もいたので 特に印象に残っていて
地図も頭の中にありますので、パンジー様のルートが良くわかります。

お土産物屋さんを冷やかして、、、
結局アイスクリームを食べただけでしたけど、
通りを横切る様に つりさげられた飾りがとてもかわいくて、、、。

ニャンさん、カナダは森が多く住人は肉食系ですから、狩りは魅力かも。
勿論資格や許可が必要なようです、銃の所持は自由ではありませんので…
肉屋さんにもいろんな種類のお肉が並んでました。
「可哀想」という方もいらっしゃいますが、私は好奇心と食い気が優先します(笑)
日本では口にできないもの頂きながら、歩きまわってます。
勿論、横でブツブツいうであろう主人は放って…

うつきよう様、御明察、トリック画です。
青い服の方と御一緒の黒い服の方、黄色い服の御子さんは、本物です。
ブログや本でかじった知識をもとに、「これだけは…」と頑張りました。
なんと言っても欲張りなもんで…我がままなので…
我慢する事を極力避けてます(笑)

これもあれも、shinnmama様のおかげです。
間違っていたらご指摘くださいね。
次第に記憶が薄れてきてしまってます(笑)
アイスクリーム、食べ損ねてます、ちょっぴり残念❢

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅葉の東部カナダめぐり:9月26日オルレアン島へ | トップページ | 紅葉の東部カナダめぐり:9月26日ケベックシティ旧市街一人旅 »