2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 紅葉の東部カナダめぐり:9月26日夜のケベックシティ | トップページ | 紅葉の東部カナダめぐり:9月27日ロレンシャン高原トランブラン村 »

2015年11月13日 (金)

紅葉の東部カナダめぐり:9月27日ロレンシャン高原へ

いよいよこの旅のメインイベント「紅葉狩り」、ロレンシャン高原に向かいます。

お天気は上々、でも紅葉にはちょっと早そう…という気配が濃厚に weep

途中、トロワ・リビエール(三つの川の意)の『ノートルダム・ド・キャップ』に寄ります。

北米三大巡礼地の一つで、北米最古の教会です。

お気づきになられたかしら?  奇しくもこのツアー、その三大巡礼地を踏破してるんです。

モントリオールの聖ジョセフ礼拝堂(車窓から拝見しただけ)と昨日のサンタンヌ・ド・ボープレ大聖堂と。

ケベックシティから126km、約1時間半で到着。   これが最古…?????

P9270317  

P9270309_2こちらは、1955年に建設開始1964年に完成、

高さ38mという新しい大きな方の教会です。

正面に回ってみました。

ユニークな形です。

中に入ると、とても高い天井に明り取りの窓。

巡礼地ゆえ、大勢の方がお参りに訪れるのでしょう。

椅子の数が凄い(1600人以上の収容が可能)

お土産物屋さんやインフォメーションセンターも併設。

P9270303P9270304日曜日なのでミサが行われてます。

大きすぎる、人が少ない…

でも御祈りの邪魔をせぬように…

と、パイプオルガンの音が…

驚いて見上げると、なんと生演奏sign01

暫し聞き惚れて…

この教会、新しいためか大きいせいか、

居丈高な感じがします。

観光用というわけではないでしょうが…

で、演奏が終わるや否や、そそくさと古い小さな教会に向かいました。

P9270313

1714年建設開始、1720年完成の小さな礼拝堂が起源、1888年に聖母教会になった北米最古の教会。  

背後に見えるのは、先ほどの教会のてっぺんです。

外から拝見しただけでも、何とも言えない温かみを感じます。

P9270312_2中は薄暗く、天井も低く…

たくさんの方が座ってお祈りをなさってます。

邪魔にならぬよう、そ~っと camera

祭壇のマリア様一枚だけ…

それすらも憚れるような空気が漂ってました。

でもこの教会の空気に真の信仰を感じます。  

そして安らぎます。

ここが巡礼地になったのは、二度の奇跡のため。

①1879年、より大きな教会が必要となったため、建設用の石を運ぶ必要ができました。

 でもその年に限って川が凍らず、運びこむことができない。  

 そこで、司祭がロザリオに祈り、小さな教会を残すことを誓うと、氷の橋ができたという奇跡。

②1888年6月22日、教会をマリア様に捧げたその日の夜、マリア像の目が開いたという奇跡。

☟『ロザリオ橋』  奇跡①を記念して、1924年に作られた橋    ☟ 奇跡②の記念碑

P9270316 P9270314

気持ちのいい日です。  そして気持ちのいい公園のよう。  

もっと先に行きたかったのですが、教会内で時間を消費、如何せんツアーの哀しさ、ここら辺で戻ります。

再びバスで出発。    車窓の民家で気になる事があります。

P9270320一番下の小さな窓。  風を通すためかしら?

ガイドさんにお尋ねしました。

カナダでは、地盤の都合で地下深く掘って家を建てるそう。

折角掘るんだから、「地下室にしましょう」と。

その部屋に明かりを入れるための窓だそうです。

その地下室も、物置やワインセラーに使うのではないのです。

たいてい趣味の部屋だったりプレイルームだったり…

私には目から鱗の情報でした。

45分程走ったでしょうか、お昼のレストラン『Auberge du Lac Sant-Pierre 』に到着。

最近日本でも良く聞くオーベルジュ。 ということは、宿泊できるってことですよね。

ハロウインの飾りつけの玄関から、バーのある開放的なロビー?を通り抜け、お庭に出ました。

P9270321_2 P9270327

こういうところでゆっくり過ごしたい… 気持ちよさそうheart04

P9270323 P9270326

目の前のセントロレンス川はとっても広くなってるので、地元の方達は、セントピエール湖と呼んでるそう。

さっきのバーの横手にあるレストランに向かいます。

P9270330 P9270331

P9270332サツマイモと人参のスープ、サーモンとねぎのキッシュ、

ババロアとムースのケーキ。

今日のお供は白ワインでした。

サンルームの様なガラス張りのお部屋で、

温かな日差しを感じながらの快適なお食事。

勿論おいしかったです lovely

葱大嫌いな主人は、顔面蒼白ながらもチャレンジ。

上手に抜き出して食べておりました coldsweats01

日本の葱ほど強い香りがしないので、何とか我慢できたようです…??? パンばかり食べていたかな?

1時半過ぎに、252km先のロレンシャン高原に向かって再び出発。

紅葉、どうかな?????   

« 紅葉の東部カナダめぐり:9月26日夜のケベックシティ | トップページ | 紅葉の東部カナダめぐり:9月27日ロレンシャン高原トランブラン村 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅葉の東部カナダめぐり:9月26日夜のケベックシティ | トップページ | 紅葉の東部カナダめぐり:9月27日ロレンシャン高原トランブラン村 »