2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 紅葉の東部カナダめぐり:9月30日ナイアガラフォールズへ | トップページ | 紅葉の東部カナダめぐり:10月1日ナイアガラフォールズ »

2015年12月 8日 (火)

紅葉の東部カナダめぐり:9月30日ナイアガラフォールズの夜

今夜は日本料理です。  ちゃんと日本人が経営してるまともな日本料理との事。

ツアー仲間には、日本料理を懐かしみ楽しみにしてる方もいらっしゃいます。

P9300330P9300333中は広く、ほんとに日本的。

奥には寿司カウンターも。

薄暗くって慌ただしくってm(__)m

いろんな寿司ネタが整列。

テーブルにはキッコーマン。

「握りオンパレード?」と期待。

違いました…coldsweats02

P9300336 P9300337

P9300338とっても高い日本酒ですが、日本料理ですから…

突き出しの枝豆が美味しい、懐かしい。

お刺身もGood、とりわけサーモン heart04

酢の物も日本のお味。

日本では頂けない松茸の天婦羅は熱々揚げたて。

松茸ごはんに松茸のお吸い物。

期せずして、semi 松茸尽くし lovely

〆は抹茶アイスと日本茶。

バスでホテルの戻る時には、ナイアガラフォールズのライトアップは、まだ始まってませんでした。

部屋から眺める事にします。   そう、私達のお部屋は、最上階 notes notes

八時半過ぎ、アメリカ滝もカナダ滝もレインボーカラー sign03

P9300346  P9300342

ガラスの反射やガラスの汚れが邪魔して…  たぁ~くさん撮ったのにお見せできる写真はわずか(笑)

次第に色が変化します。

P9300349

P9300356

滝前のテーブルロックハウスの明かり、滝向こうのカジノの輝き、それにも負けず滝はレインボーですsign01

滝の近くまで降りる気は失せ、窓際に椅子を寄せ、飽きもせず眺めておりました。

ライトアップは深夜まで続くそうです。 

« 紅葉の東部カナダめぐり:9月30日ナイアガラフォールズへ | トップページ | 紅葉の東部カナダめぐり:10月1日ナイアガラフォールズ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 お料理の部分だけ見ると、
 カナダだとは信じられませんね(笑)
 ライトアップきれいですね。
 あんな大きな滝をライトアップしようという発想もまたスケールが大きいこと!
 昼間の滝も、お写真拡大しながら拝見しました。
 迫力伝わってきました。
 なるほど、でかい!
 

 

うつきよう様、「でかい」でしょっ (笑)
国が広いと全てが大きくなっちゃうsign02
そして、「ここはアメリカか」と思うほど、今まで見て回ったカナダとは異な物。
浸食防がなきゃ、このホテル街がたきのはずれになっちゃうもの、死活問題です。
そして夕食、お味は、外国で頂く日本料理としてはまぁまぁです。
カナダ産の松茸は香り高く、なかなか優秀でした。
パッと写真見せられたら、日本ですよね、確かに。

部屋からナイアガラが見えるなんて最高ですね♪
レインボーカラーにライトアップされるなんて、さすが大国。
綺麗です。^^
昼間のナイアガラのお写真、迫力があって素敵!^^
ご主人様も歩かれたようですし。
やっぱり目的が明確だと歩く気になるんですね。^^v
本格的な日本食です。
ヤッパリサーモンが美味しんですね。
日本酒、高いんですか?
ワインが日本では高いのと同じ感覚でしょうか?
でも、やっぱり日本食には日本酒ですよね。とはいうものの
日本に居ると日本食でもワインが飲みたくなるのも事実です^^ 

ニャン様、日本だと和食にもワイン頼むのに、妙に日本酒にこだわりました(笑)
高いです、直輸入ものだからでしょうね。
ヨーロッパでもその国では作れそうにもない納豆はビックリするようなお値段でした。
主人も「今でしょっ」という時は頑張りが効く様です。
私は秘かに「怠け癖心配症」と診断下しております(笑)
迫力ある景色、綺麗な光景は、人を引き付けますものね。
ニャン様のご主人もきっと「もうちょっと先へ、もうちょっと…」と歩かれるのでは?
それだけ日本では見られない風景でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅葉の東部カナダめぐり:9月30日ナイアガラフォールズへ | トップページ | 紅葉の東部カナダめぐり:10月1日ナイアガラフォールズ »