2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 西伊豆へ(11月29日)❶ | トップページ | 東伊豆へ(11月30日)❶ »

2016年1月12日 (火)

西伊豆へ(11月29日)❷

鍵が一つしかないので、主人と一緒にお風呂に向かいます。

朝夕入れ替え制で、今夜の女風呂は『富士の湯』。 どなたもいらっしゃらない…camera でも湯気のみ(笑)

Dsc_0866 Dsc_0871

檜の露天風呂からは富士山が見えるはず、でも 「雲隠れにし夜半の富士かな」 

いいお湯でした、久々の温泉にゆったりまったり confident

ヌル好きの私には、露天風呂がいい感じで、いつまでも入っていられそう… 芯までホコホコで部屋に❢

お部屋に案内された時、部屋食だと思い込みましたが、ロビー奥の個室料亭『北大路』で頂きます。

Dsc_0874 Dsc_0876

Dsc_0875鮟鱇肝と巻き白菜、牡蠣グラタンに蓮根饅頭、刺身盛り合わせ、

最初にビールを頂きましたが、すぐに静岡のお酒 <伊豆のあらばしり>

そして<羽衣の舞い>と、杯は進みます coldsweats01

鱈白子の玉地蒸し、鰤照り焼きに牛肉葱巻き、穴子コーンフレーク揚げ、

大きな鍋で作り盛り分けた鶏団子鍋はラーメンと頂きます。

揚げ茄子と湯葉御飯に赤出汁に香の物。

デザートは豆乳羹とガト―ショコラ、焼きりんごと苺です。

美味しかったです、満足ですが、お腹が一杯一杯。

今写真を見て、よくぞ完食できたと、我ながら感心。

Dsc_0877 Dsc_0878

Dsc_0879 Dsc_0881

Dsc_0882 Dsc_0883

お酒もたくさん頂きました。 ほろ酔い?で部屋に戻ると、お布団にドサッバタン sign03  

いい気持ちheart04      楽しい一日はこうして幕を閉じました sleepysleepy

« 西伊豆へ(11月29日)❶ | トップページ | 東伊豆へ(11月30日)❶ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

伊豆へは行って見たいと思っているので
真剣なまなざしでブログを拝見しています。

そしてもう一つ パンジー様が行かれた場所に旅行する予定なので
過去のブログも、、、。

いつも 詳しく書いてくださっているので 本当に助かります。

 (/ ^^)/アリガトネ

「伊豆のあらばしり」は、修善寺で何時も飲むお酒♪
今回も修善寺で飲みました。^^
「羽衣の舞」は飲んだことがありませんが辛口ですか?
どちらかというと辛口が好きなので。^^
お刺身美味しそう~。
鶏団子鍋の後のラーメンめっちゃ美味しそうですね。
アルコールが進めば食事も気が付けば完食ですね。
温泉に入って美味しいお料理をいただいて話も弾み良い時間ですね。^^

 ユニークな内容のお料理ですねえ。
 とっても美味しそう delicious

 和気藹々とした雰囲気が伝わってきます。
 場が楽しいと美味しさ倍増ですものね。

 我が家で泊まったときは、修善寺のちょっとした宿に泊まった翌日だったのですが、
 修善寺の宿よりずっと良いお料理だったんです。
 やっぱり、食事の良い宿ですね!
 また行きたくなりました。
 ちょーっと遠いけど・・・
 

shinmama様は東京においでだから伊豆は遊びに行きやすい所ですよね。
関西からでも新幹線のお陰で本当に近くって便利です。
伊豆方面に行く時、たいてい雨にあって、残念な記憶がたくさん積み上がっております。
リベンジ…とも思いますが、結構面白い所があり、いいお宿も多すぎて…
shinmama様のお気に入りができたらまた教えて下さいね。
ところで、「どちらへ…?」と思う間もなく、ブログ拝見して存じ上げておりました。
shinmama様ならではの旅のブログアップが今から楽しみです。
お気をつけて…

さすがニャン様、もう御存知でらっしゃいましたか(笑)
さてこの「羽衣の舞い」ですが、甘くはありません、瓶全部空けちゃましたから…
イヤミなく呑めたので、それは間違いないのですが、はてさてどんなお味だったのか…?
「あらばしり」と比べようにも、もう酔っていたのでしょうか、
それとももう遠い記憶になってしまったからでしょうか…?
淋しい事にしかとは憶えておりませんcoldsweats02
で、「もう一度飲みに行かねば」と思っておりますcoldsweats01

うつきよう様、若かりし頃、「一友二酒三肴」という言葉を、酒飲みから教えてもらいました。
御酒大好き人間でも、一番仲間が重要のようですね。
そういう意味では、この時はすべてをクリアーしていた事になります。
東伊豆に比べて、全てにおいてハイカラ度はやや低いですが、お料理は良かった。
さすが、友が「美味しい物リベンジの旅」に行った先の事だけあります(笑)
初めての西伊豆でしたが、感触よしです❢

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 西伊豆へ(11月29日)❶ | トップページ | 東伊豆へ(11月30日)❶ »