« 着物で東京:一日目(12月1日) | トップページ | 我家のレモン(12月3日) »

2016年1月24日 (日)

着物で東京:二日目(12月2日)

雨が降りそうな空模様です。  空を気にしつつも、どこか「傘要らず女」である事を信じ切ってます(笑)

きょうはまず『永青文庫』で開催されてる『春画展』を覗きに行きます。

2013年に大英博物館で開催され高い評価を得られたというものの、本家の日本では場所確保に難航。

細川家伝来の文化財を公開してる『永青文庫』が、この国内初の本格的春画展開催を引き受けたそうです。

Dsc_1025目白駅からバスで…

ビックリポンが尽力した日本女子大の前を通りました。

バス通りから一本中に入ると静かな昔風のお屋敷の屋根。

塀が高くって中が見えませんが、由緒ありそうな…

Dsc_1090永青文庫にも大木❢

古い建物がいい雰囲気。

この展示は性的表現故、

18歳未満入館禁止。

浮世絵の大家、葛飾

北斎や喜多川歌麿の

作品はじめ、国内外から

集めた作品120点余りを

一挙堂々公開。

結構若いカップルが来てるのに驚かされました。  さばけてるんですね、今の子達 sign03

結構大胆でリアル、でも笑えるような誇張ありで、赤面しつつも可笑しくって面白くって…

展示室の設えも気になります、キョロキョロうろうろ、狭い展示室・多くの来訪者でどこも一杯です。

建物出る時には、お腹一杯になった気分ですが、お昼に向かいます(笑)

行き先は、西麻布の『OHARA ET CIE』    ビルの地下一階、道路からも覗ける?

Dsc_1026 Dsc_1027 Dsc_1096

健啖家の友、既にメニューはオーダー済み。  お昼ですが、フルコースです coldsweats01

Dsc_1028 Dsc_1030

Dsc_1031_2 Dsc_1032_2 Dsc_1033_2

Dsc_1034 Dsc_1035

Dsc_1036どれもこれも美味しく楽しい御料理でした。

目にも舌にも優しい嬉しい御料理。

デザートの洋梨の上のチョコレートも繊細。

ハーブティーを頂いたのですが、

味も香りもしっかりしてました。

また来たいお店が、又増えてしまいました。

またまた、ゆっくりおしゃべりの花を咲かせ、

「今度は…」「次は…」遊ぶことは尽きません。

次回京都で花見をすることは決まってます。  でもだいぶ先ね…

近いようで遠い東京です❢

« 着物で東京:一日目(12月1日) | トップページ | 我家のレモン(12月3日) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 みなさんあでやかで、でも落ち着いた華やぎが伝わってきます。
 年齢を重ねないと出ない美しさってありますものね。

 若い頃ですが、
 九州の平戸の、とある喫茶店の2階に、知る人ぞ知る春画のギャラリーがありまして、
 旅行の折に寄ってみたことがあります。(今もあるかどうかは???)
 強調されてたり、デフォルメされてたり、
 どうなってるの? などなど、
 お腹いっぱいの気分、わかる気がします。

 しゃれたお料理がおいしそうです。
 和のテイストを感じますね。
 
 いつもながら、気の会ったお友達どうしの、和やかな雰囲気が伝わってきます。
 女子会は楽しいですね。
 
 

うつきよう様、気の合う友とのおしゃべりは楽しいし、話の種も尽きません。
何でこんなにお話しする事があるのか…
長年連れ添ってきた主人とだと、あっという間に「………」ですのにね(笑)
美味しい物が更に美味しく、面白い物がさらに面白く…
いくつになっても、女子会は楽しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 着物で東京:一日目(12月1日) | トップページ | 我家のレモン(12月3日) »