2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 今日はお茶しに… (3月23日) | トップページ | 開田高原へ : 一日目(4月2日) »

2016年4月 9日 (土)

再び東京へ(3月30日)

この正月に、私の通ってるお稽古の大先生が亡くなられた… そうです crying

全く secret で、私達生徒が知ったのはこの三月に入ってから。

3月31日に、いわゆる偲ぶ会(でもタイトルは【笑顔で見送る会】)が東京で開催されます。

ついでに、放っておこうかとも思っていた東京の娘の用事をすませるため、前日30日から出かけることに。

仕事帰りの娘と落ち合い、一緒に食事をすることにしました。  もち母の奢りです coldsweats02

12月初めに友とランチしたレストラン『OHARA ET CIE』が、娘が仕事場から歩いて来れる所にあります。

早速予約入れて確保。

30日は、二時頃東京に到着する新幹線に乗車。  あいにくの曇り空で冠雪富士山もぼんやり

Dsc_1392

到着後早速、娘からもらったチケット片手に六本木の国立新美術館に向かいました。

Dsc_1399_3【MIYAKE ISSEY展 三宅一生の仕事】が開催されてるのです。  

(私、一生さんの服好きなんです)

それに、以前ブロ友さんのお写真で拝見したこの建物に興味津々。

機会あらば…と狙っていたのです。

この度とてつもなくいいチャンスに恵まれ、

本来の目的【偲ぶ会】を忘れて、気分は notes notes

美術館は乃木坂駅直結してました。

建物正面は後で見ることにして、中に入り、荷物預けて…

「そうそう、これこれ…」   空中にあるようなレストラン&カフェ。

Dsc_1398_3☜ 三階の『ブラッスリーポール・ボキューズミュゼ』さん。

手前には同じ構造のカフェ『サロン・ド・テ ロンド』があります。

ただしこちらは二階。 

Dsc_1397次回はランチしようsign01

なんて思いながら…

二階へ行くと、

目的の会場には列。

待つのは嫌なので、

この逆さ円錐の上にある

カフェに入ってみることに…

座ってしまえば普通…coldsweats01

カフェから見たレストラン☞

Dsc_1394

展覧会特別デザートをお願いしました。

Dsc_1396残念ながらテーマは

同時開催されてる

『素晴らしき大原

美術館コレクション』

お皿の上の芸術に

期待しましたが、

写真の方が

素敵でした  coldsweats01

カフェを出ると、一生展の前に列はなく、ス~ッと入れました。

中は写真禁止なので御紹介できませんが、一枚の布からできる立体がとても面白かった。

折り紙のように平らになる服のミニチュア版が置いてあり、映像に従って広げたりたたんだり…

いろんな素材をいろんな風に加工して作られた数々の服。 

でも究極は、一枚の布にあまりハサミをいれず、自然回帰…のようです。

それって着物に通じます、だって長方形だけでできてるし、自然素材だし…

楽しい展示に外国の方も興味津々で御覧になってました。

そして見るからにファッション業界?デザイン勉強中?そんな方達もメモしながら歩いてました。

そんな方のいでたちも楽しくって、おばちゃんは遠慮なく、じろじろキョロキョロ eye

会場を出て正面玄関のほうに向かいました。  ここまで来ると、先ほどのカフェが見えます。

もっと上まで上ったら上から見る事が出来たのかな?  だとしたらちょっと残念 coldsweats02   又次回sign03

Dsc_1400 Dsc_1401

外はもう暗くなりかけてましたが、ライトアップはまだのよう…   波打つ外壁が素敵。

咲きかけた桜も綺麗 sign03    でも写真で見ると解り辛い… coldsweats02

Dsc_1402

温かな日でしたが、日が沈むとやはり肌寒くなってきます。

仕事が早く終わった娘と、一旦六本木ヒルズで落ち合ってから、レストランに向かうことになりました。

レストランに人気はなく、ちょっぴり不安を感じたほど。  何か集まりでもあったのでしょうか?

それで予約も7時半でなきゃだめだったのかな?  それにしても 2人で貸切状態です。

フルコースをお願いしました。   まずはシャンパンで乾杯 heart04

すっごく美味しかったのですが、もうメニューは忘れてます…

このアミューズは左の器の△はカラスミで右はホタテだったような…   前菜のパテは何だったかな?

Dsc_1403 Dsc_1404

白ワインに乗り換えます。 でも赤も呑みたいので、グラスワインをお願いしました。

たいていグラスでお願いすると、たいていそこそこ、ましてや感激するほど美味しいことありません。

でもここのワイン、シャンパンもですが、とにかく美味しい、困ってしまうほど風味がるのです lovely

スープはあわあわのゴボウ、お魚はアマダイだったと思います…めっちゃくちゃ不安…coldsweats02

Dsc_1405 Dsc_1406

口直しのシャーベットは苺と何とかの…・・・  そしてお肉に向かって娘は赤をオーダー。

酔っぱらって帰れなくなるといけないので、赤は自重した私。

でも娘が「美味しいsign03」というので一口味見。   私も思わず「美味しいねぇ~heart04

Dsc_1407 Dsc_1408

お肉はラムと大和鶏のどちらか。

ここまできて奈良の鶏食べなくてもとは思うのですが、娘はラムが苦手なので…

とか言ってたら、「お肉に変えましょう❢」とのこと。  感激したことは言うまでもありません。

そして、私にもグラス一杯赤を注いで下さいました、「オーナーから…」とのこと。

そして「次はデザートですが、まだワインも残ってらっしゃるようですし、チーズは如何ですか?」

何種類も無理なので、1種類だけちょこっとつまむつもりでお願いしたのですが、4種類も出てきました。

なんでかよく分かりませんが、凄~くサ~ヴィスして頂いてます。

少し離れた所にいるカップルにはあまりお話しなさってるようにはないのですが、それは空気読んでの事?

私達には邪魔にならない程度に程良く話しかけて下さいます、いろんな説明や御紹介もあって楽しい。

写真撮り忘れておりますが、どれも美味しいチーズで娘ともども、完食 smile   デザートも素敵でした heart04

Dsc_1411 Dsc_1412

先日ランチでも満足しましたが、このディナーも超超満足 lovely

お支払い済ませて帰る道すがら、「何でこんなにserviceしてもらえたのかな?」  不思議です。

娘は、「おかあさん着物着てたからちゃう❢」 「でもこの前のランチも着物だったよ」

「関西弁だから???」「それかな❢」

実は先日、娘二人が東京で食事してたら、みずしらずのお方が、「久しぶりに関西弁聞いたわぁ~」

と、二千円くださったそうです(笑)

当然丁重にお断りしたそうですが、「まぁいいがな」と言わんばかりに置いて行かれたそう…

「あんた、何か持ってるのとちゃう? 一生食いっぱぐれしない何かを」「それはお姉ちゃんやわぁ~」

と、不思議な事続きに話を馳せ、気持ち良く楽しくブラブラと地下鉄の駅まで歩きました。

明日の偲ぶ会が今回の主目的ですが、何だかルンルンでもう何もかも終わった気分。

素敵な展示を拝見し、みたかった美術館も覗けて、美味しい御料理を特別service付きで頂いて…

今回の東京も mission clear 状態。

では次は…sign02   私にもまだ想像できません coldsweats01

« 今日はお茶しに… (3月23日) | トップページ | 開田高原へ : 一日目(4月2日) »

おでかけ&美味しいもの」カテゴリの記事

コメント


黒川紀章の代表作をご覧になりましたか、、、
広島現代美術館も彼の作品なんですよ。

レストランになっている円錐の部分が 構造上の大切な支柱になっているのだと思いますが、
その周りを レストランにしているのが楽しいですよね。

六本木のレストラン 美味しそう!!
お嬢様は お母様が上京して来られるのが楽しみでしょうね。
いいなあ、娘さんのいる人は、、、。
息子との外食は 話も弾まず 味気ないですよ、、。(笑)

shinmama様、なるほど構造上の支柱なんですね。
それを素敵にアレンジしたところが「建築家 黒川紀章さん」なんですね。
なるほど~、勉強になります。
こちらのレストラン、お薦めですよ。
娘に連絡しても何の音沙汰もないのが常で、「ウンとかスンと言いなさい」と言えば「スン」
「ランチでも」「夕食は?」には、即「行く❢」「次の日なら…」と返ってきます(笑)
私は、何かの折にプレゼントして下さるshin様の優しさを羨ましく思ってるのですが…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日はお茶しに… (3月23日) | トップページ | 開田高原へ : 一日目(4月2日) »