2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 開田高原へ : 一日目(4月2日) | トップページ | 開田高原から : 三日目(4月4日) »

2016年4月13日 (水)

開田高原へ : 二日目(4月3日)

あくる日も天気は今いち coldsweats02   御嶽山は見えません。

朝風呂頂いて、朝飯前の散歩に出ました。

気温は7℃、関西よりは寒いにしてもこの辺りにしてはあたたかな朝です。

いつものようにコナラちゃんに挨拶し、本来なら御嶽山が見える辺りを camera

P4030031 P4030033

ブラブラしながら新鮮な空気を胸一杯吸ってから宿に戻ります、直接朝食へ。

P4030036 P4030037

P4030038いつもと同じように、一部ビュッフェ式の朝食。

でも私は運んで頂くお食事だけで充分なので…

今朝はおうどん、孫待望のちゅるちゅる sign03

湯気の出る出汁巻き卵。

くるっくるっと魔法の様に巻かれる卵に、孫の目は点❢

焼き立てのパンも頂いて…

コーヒーを飲みながら、今日の予定を発表 sign02

(ただこのお宿の周りをウロウロするのみです coldsweats01

お食事処から外へ出ます、水車や小さな鯉?大きな金魚?のいる池を見て…

寒そうなデッキを恨めしそうに眺め、何も植えられてない畑の横を通り…

P4030039孫は大好きなハンモック見つけて一目さんdash

ママやパパと一緒に御満悦。

そしてこの横にあるブランコにも…

「もっと、もっと」と漕いでもらいます。

私は横の大きなソファ~でのんびり…

温かいとはいえ、皆ダウンコート着用。

御嶽山が全くもって見えないのは残念ですが、

雨は降らずで有難いです。

P4030047_2そして一番の目的、乗馬をしに『木曽馬の里』へ。

お馬さん達は厩の奥の放牧地にいました。

近づくと意外に大きな馬、孫はちょっとビックリ。

餌容れからこぼれた藁草をやるのも怖がって despair

でも「乗る」とういうので受付へ…

私も乗ってみたいので、ショートコース二枚購入❢

小さい子でも一人で乗らないといけません。

二頭別々の馬に乗るにしても一列歩行。

横に並んで話しながら…というわけにはいきません。

「ではバァ~バが先に行くから後ろから付いておいでよ」「うん…・・・・・」

格好良く乗馬用の帽子をかぶったものの、いざ傍まで行くと「いい、乗らない、パパ抱っこ❢」

結局私と娘がパッカパッカ horse することになりました。

P4030049P4030051_2涼山君7歳は漸く成人。

やはり元気です。

かたや娘の馬は、

みどりさんで引退間近。

大人しい静かな馬です。

孫は柵の外でパパと

ジィ~ッと窺ってます。

それでも怖い…sign02

厩舎のお姉さんが人参を下さいました。  「同じ馬にはあげない様に…」との事。

孫は興味あるものの怖いのでパパにしがみついて、ジィ~eye   馬を克服することなくバイバイです(笑)

事務所の様な所に休憩所を発見。  懐かしいだるまストーブに火がくべられてます。

日もささないせいか、朝から全く気温が上がってこず、10℃。  ダウンが丁度いい❢

カウンターに面白い物を見っけ heart04     お馬さんと蹄鉄形のクッキーです。

P4030060 Dsc_1433

孫を喜ばせるつもりだっただけで、あまり期待してなかったのですが、これが美味しいsign03

お店の名前を忘れてしまいましたが、開田高原にあるパン屋さんが作ってるそうです。

車で行けばそれ程遠くではありません、ちょっと魅力です。

宿に戻る時、何も植わってないソバ畑から、“七福神巡り”コースをとりました。

白樺の幹を触ると指が白くなる…そんな事が面白い孫です。

七福神に手を合わせながら宿に戻る時、ぱらっハラッと雨を感じました。

宿のロビーで温かい飲み物をいただき一服。   孫は絵本見つけて大喜び lovely

心配しましたが、雨は降って来てません、小腹を満たしに歩いて行けるお蕎麦屋さん『霧しな』へ。

P4030063 P4030061

ここも“真田幸村”です。  信州あげての応援してるんですね。  私が頂いた<とうじそば>

以前からお店前の幟に書かれたこの「とうじそば」が気になって仕方なかったのです。

このとうじ籠を使って、お蕎麦をしゃぶしゃぶ…  ここで孫が再び登場です(笑)

とうじそば、何のことはない、いつも風里さんの朝食で頂いてるお蕎麦でした coldsweats01

でもこの籠を使うのがちょっぴり面白い、楽しい notes notes

P4030064そしてデザートは、いつものアイスクリーム屋さんへ。

今回は季節の物がなかったので、ソフトクリームに。

私はトウモロコシ、娘や孫はチョコ&バニラ。

我家の男性陣は、別腹の持ち合わせがないようです(笑)

寒いのに、ダウン着こんだ人達、老若男女、がっちりしたバイク組も

外車のスレンダータイプも入り混じり、屋根もない・塀もない店頭で、

アイスクリームを食べてる姿は異様ですが、理解できます。

「おいしぃ~も~ん smile

テクテク歩いて宿に戻り、再びお風呂へ。

ボ~ッとしていたら、またまた隣から孫の声が響いてきました、お気に入りのようです happy01

今日ものんびりゆっくり spa     くつろげます、癒されます、身体が溶けていく感じです。

今日の夕食も同じ場所、さすが日曜の夜とあって、昨夜よりお客さんの数は減ってるようです。

P4040074 P4040073

P4030066 P4030067

飾りの葉っぱが気になる、星型人参大好き、カマクラ覗いて氷をいじってほじくって…

P4030068 P4030069

P4030070 P4030071

P4030072

豆乳仕立ての鍋につみれを入れるのは孫の仕事。

へらを使って、ちゃっぽんちゃっぽんと…

熱いスープのハネがかからぬように…

嬉しそうに自作のお団子食べてましたよ。

デザートの安納芋のアイスは、いつものように

液体窒素でジュ~ッシュワシュワッ390431


孫は目を大きく見開いて…   ドロドロの液体が煙でアイスに変身 sign03   衝撃の魔法です sign02 sign02 sign02

今夜も美味しく楽しく頂きました。

もう明日は帰る日かと思うと、とっても残念、もっともっとゆっくりしたい… もう少し孫と遊びたい・・・

明日は雨になると聞きました。   

結局、御嶽山のお顔も星空も朝日も夕焼けも見ることなく、帰る事になりそうです。

外は6℃、やはり開田高原にしては暖かい夜です。

« 開田高原へ : 一日目(4月2日) | トップページ | 開田高原から : 三日目(4月4日) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 おおっと・・・
 豚汁作りの余波、というわけでもありませんが、
 PCに割ける時間を自分のブログに費やしている間に、
 開田高原は2日目になってしまってましたね。
 私が風里さんに最後におじゃましてから何年か経ってしまいましたが、
 ニャン様やパンジー様のブログで四季折々の様子を伺うことができて、
 ブランクを感じません。
 一緒に行った母も、ときどき思い出して、その折の話をすることがあります。
 もう一度、と思ってはいますが、同じ県内とはいえ、以外に遠い・・・
 良いお宿ですものね、ブログ拝見するたび、やっぱり行きたいlovely
 
 御嶽海、いましたね。
 こんな形の登場とは思いませんでしたけどhappy01

うつきよう様、次が控えてるで、いつもより駆け足です(笑)
御嶽海とこんな形で出会うとは思いませんでしたが、山の方にはお会いできぬままでした。
うつきよう様のお話伺って無かったら、スル―したクッキーですね。
風里さん、すっかりお気に入りになって、松本まですら足を延ばさなくなっております。
うつきよう様のブログで拝見する松本以北?東?に興味津々。
主人の仕事が完全になくなりましたら、おやき食べにお邪魔したいと思っております。
それまではブログで楽しみ、情報収集です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 開田高原へ : 一日目(4月2日) | トップページ | 開田高原から : 三日目(4月4日) »