2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月24日 (日)

只今休憩中?

先日、買い物から戻り、玄関のカギを開け、水を撒こうと…

あらっsign02 

Dsc_1726

私を待っていた? 水撒きで涼しくなるのを待っていた? 単に暑気あたりでばててる?

細い頼りない蔓は風に揺れてるのに、じぃ~っと動きません。

そぉ~っとスマホ取り出し camera

確認すると、翅の写りが悪い…  では向きを変えて…

あらぁ~、飛んでっちゃいました coldsweats02

お疲れで休憩中だったのかも?  どうもお邪魔して済みませんでした <m(__)m>

この場を借りてお詫び申し上げます。

2016年7月20日 (水)

2016年半年決算?

大好きな甘い物、やはり止められません。

でも身体の事を少ぉ~しは考えて、少々高めでも「美味しい」と思う物をちょっとだけ頂こう…と考えました。

ゆっくりできるお店での美味しいケーキを一週間に一度だけ…

「そりゃぁ、多いよ❢」という声が聞こえてきそうですが…・・・・・coldsweats01

本年前期分一挙公開sign03   反省を込めて、懺悔少々down

☟今年初のおでかけケーキは“柚子のクリームチーズケーキ”

Dsc_1077 Dsc_1082

いつも行く奈良のお店の初ケーキは“温州ミカンムースとジュレ”を使ったもの☝

Valentineの頃にはチョコのケーキ

Dsc_1102 Dsc_1228

☟いつものお店で年中見かけるのにあまり頂いてないシュークリームや初めて頂いたサバラン☟

Dsc_1229 Dsc_1252

☟外国土産のお菓子、なんだったけかな???    確かリンゴのタルトだったような…☟   

Dsc_1379 Dsc_1423

☟何故かコーヒーを頼むと付いてくる柿ピー、結構好きです。

Dsc_1434 Dsc_1563

ピスタッチオのケーキだったはず… 中は綺麗な層になってるのですが、フォークできるので…coldsweats02 ☟

Dsc_1574 Dsc_1583

ショートケーキも懐かしい一品です。

Dsc_1584 Dsc_1599

初夏ともなると、ムースやジュレが増えてきます。

Dsc_1605 Dsc_1609

時々頂く試作品も美味しくって楽しみの一つに。  でも慣れてくると、無いと淋しくなります coldsweats01

Dsc_1614 Dsc_1632

Dsc_1710和菓子ほどではありませんが、ケーキにも季節感を

感じます。

いつも中を覗いて楽しんでるのですが、

フォークだと綺麗な断面お見せするのが難しく、

断念しております。

myナイフ持って行こうかしら?

こうやって並べると綺麗だなぁ~っと、

反省どころか感動してしまいました wink

2016年7月16日 (土)

『和彩 温』さんへ(7月10日)

ブロ友さんの記事で知って以来、びわ湖方面に出かける時にいく和食屋さん『和彩 温』さん。

今回も大津に用があり、「チャンスheart04

残念ながら宿泊するほどの事もないので、お昼に伺いました。

ランチメニューもあるのですが、ちょっと贅沢して…

Dsc_1715Dsc_1716_2年に1回、七夕さんのような客ですが、

大将は憶えて下さってます。

常連客の様な雰囲気で居心地も良く、

カウンターでお食事を待ちました。

運転手の私は、ノンアルコールビール、

主人は生ビール。

前菜は、ジュンサイの酢の物・枝豆etc

お造りはヒラメに縞鯵、鮪に蛸。

盛り付けも器も素敵です。

こちらのお店、8月一杯で閉められるそうです、でも安心致しました、お向かいに新しいお店を建設中。

早ければ9月半ばには、一国一城の主です。

二週間ほどお得意さん向けのプレオープンをして、10月から正式に開店する予定でらっしゃるとか。

といってもいろいろこだわりをお持ちの大将、設えに急がないと間に合わなくなる可能性大とみました(笑)

開店する秋には美味しい物も増えます、「是非とも来たいね」と主人と異口同音sign03

行儀悪いとは存じながら、カウンターに他の方がいない事をいい事に、このお店を記念撮影。

Dsc_1717 Dsc_1719

大将がいぬ間にこちらからもcamera      と、出てらっしゃいました、笑われてしまいました coldsweats01

あらぁ~、焼肴(若鮎の塩焼 with 伏見唐辛子・すだち&長芋醤油焼き)の写真を撮り忘れてしまいました。

☟ もずく酢(いくら・胡瓜)    強肴はマグレカナール塩胡椒焼(壬生菜・オクラ 柚子胡椒)です。

Dsc_1720 Dsc_1721

マグレカナールは、フォアグラをとるために肥育した鴨の胸肉だとか、とにかく柔らかくって美味しかったlovely

横の主人は、生ビールのお代りの後に日本酒を追加してます。      「いいなぁ~」

形だけでも…と、冷鉢の淡路鱧の旨煮(賀茂茄子・小芋・蓮芋)と記念撮影 coldsweats02

Dsc_1722 Dsc_1723

Dsc_1724御飯には右上の黒ちりめん(ちりめんとひじき)を

かけて頂きます。

浅利の白出汁(豆乳ベース)にはなめこと三つ葉。

このお汁大好きです。

デザートは、西瓜の白和え。

クリームチーズ…???

酸味と甘みがレモンクリーム風なんです。

でもお豆腐なんですってsign03

どれもこれも美味しく頂きました。

そしていつもなのですが、季節を感じるメニュー内容と器にも感動です。

「もうこのお店に来るのは無理かもしれないけど、新しいお店オープンしたら来たいね、秋だしsign01

満足満腹で、想い出のお店を出ました。

2016年7月12日 (火)

東京へ:夕食編(6月25日)

今夜は娘と一緒に食事。

恵比寿界隈に行きたいお店二軒あったのですが、全く予約は取れず…

まぁもともと「予約の取れない店」だったので、覚悟はしてましたが…

で、娘が『鳥幸WINE PAIRING』を予約してくれました。

ソムリエのいる焼き鳥屋さんで、串ごとに合うワインを選んで下さるそうです。

串1本1本にワイン1杯となると大変な量になります。

「面白そうsign01 呑めるかなぁ~sign03 全部串ごとに違うワインなのsign02」  「私知らないんだ、初めてheart04

銀座にある鳥幸には行ったことあるのですが、ここは初めてとの事。

恵比寿駅から5分程でしたか?  

静かな和食のお店の風情の入り口、戸を開けるとワイングラスが一杯ぶら下がってました。

Dsc_1693 Dsc_1696

見た所カウンターだけ。  そのカウンターは広く、座るスペースもゆったりしてます。

好きな物を一つ一つ注文してもいいのですが、面白そうなので看板メニューの<串ペアリングコース>に。

串5本コース、7本コース、9本コースがあるのですが、お付添いのワインの量が解らないので5本コースに。

蒸し暑い一日だったので、とりあえず、小さめ生ビールで乾杯しました beer

Dsc_1692 Dsc_1694

まずは“お通し(おろし卵&浅漬け)”  アラカルトから“三種トマトと泡チーズのカプレーゼ”をchoice。

お洒落ないでたちにワオォ~happy01  緑と黄色と赤のトマト、泡状のチーズとさっぱり美味しく頂きます。

そして焼き鳥とワインのマリアージュの始まり…

Dsc_1697 Dsc_1698 Dsc_1699

一本目*半分食べちゃいましたが、“ささみサビ焼き”&“ジャンヌ ガイヤール ヴィオニエ(フランス)”

二本目*“ふりそで”&“ジャムシード レーンウェイ ホワイト(オーストラリア)”

そしてアラカルトから“レバームース”を追加。 このムースが甘い。 パンと一緒に蜂蜜も付いてきてます。

とっても美味しくって、パクパク食べちゃいました。 ちょっと癖になりそうな…lovely

三本目*“丸ハツ”&“ヴィーノ・ビアンコ ヴェネツィア ジューリア ダリオ・プリンチッチ(イタリア)”

四本目*“”&“オート・コート・ド・ニュイ オーレリアン ヴェルデ(イタリア)”

Dsc_1700Dsc_1701

五本目*“つくね”&“シャトー・ラングレ・ルージュ(フランス)”

御覧のように、ワインの量は少なめ。

少し甘めの白ワインではじまり、少しずつ辛めに、

スキッとキリッとなったところで、少し軽い赤に。

この流れからすると、最後には重めの赤…

でも何故につくねなのか…???

頂いて分かりました。

甘辛いたれには、これが合う❢

Dsc_1702そしてこの“フォアグラのコロッケ~トリュフソース”

これがまた絶品。

御品書にはまだまだ気になるメニューが並んでます。

つまみ食い感覚でちょこちょこっと頂き、

ワインをちびちびっと飲んで…

やはり5杯ともなると結構いい気分に…

私はここから鎌倉まで帰らねばなりません。

ほどほどにしておかないとね…wink

で、早々?に、お茶を❢

Dsc_1704 Dsc_1706

お寿司屋さんみたいなお湯のみです、でもこの漢字は創作作品のようですよ happy01

娘は追加でお薦めワイン。   興味津々でアラカルトを頂き、満足 delicious

〆に娘が選んだのは“親子丼”、私は“とちおとめのシャンパンジュレかけ”

Dsc_1703 Dsc_1708

親子丼の右隣はコラーゲンスープだったと記憶しております。

凄かったのはこの苺さん。  シャンパンジュレと共にガラスの器に入って出てきました。

ここまでなら普通。  その上に、ボトルからジャバジャバッと、シャンパンをかけちゃうんです。

イチゴはそれ程甘くなく、「奈良の勝ちだね」っと言っていたのですが、底の方のはシロップ煮で甘く…sign01

シャンパンとそれ程甘くない苺、甘いイチゴ、口の中でいい感じで混じりあうのです。

勿論、食べつくした後は器に口付け、飲みほしました scissors

満足した母は、娘に連れられて、普通のマンションにあるバーへ。

後から付いて行く身故、全く気が付かなかったのですが、娘の言う通り、看板も気配もないバーです。

「鎌倉に行かなくっちゃいけないから…」なんて言いながら、きっちり時間使いました。

明日は一日、娘の家の掃除に勤しみます、だから今夜くらいはね…coldsweats01

2016年7月 8日 (金)

東京へ:観光編(6月25日)

長女一家の留守宅の換気と掃除のために、再び鎌倉にいくことになりました。

でも末娘と遊ぶために東京まで、しかも早めに行って建て替えられる前の『原宿駅』を見に行こうと画策。

一人 notes notes しておりましたら、ブロ友さんが先に原宿駅をアップ…down  

今更、しかも私の写真をアップするのは…と、ためらわれましたが、ここは私の記録の場と割り切って…

Dsc_1637

腕が悪いのと、センスの無さ、そして逆光。   お許しください <m(__)m>

とにかく人が多い、ホームは狭いし古いし…

立て直しは必須でしょうが、東京駅や奈良駅の様に保存してほしいものです。

notes notes してたわりには、missionは一瞬にして終了。

で、すぐ裏の『明治神宮』にいくことにしました。

花菖蒲はもう終わりでしょうが、睡蓮が咲き始めてる頃。

鳥居をくぐり、“南参道”を行きます。

Dsc_1639

大勢の人が行き交う参道ですが、☟ こんな静かな雰囲気の景色も拝めます。

Dsc_1640☟「代々木」の地名の由来はこの木だそう。

Dsc_1645_3代々、樅の大木が育つので。

前の名木は戦禍で焼失…

☟こんな所に妖精がいるsign02

Dsc_1642

“御苑”には、途中の東口から入りました。  菖蒲田と睡蓮が目的なので、本殿は後回しです(笑)

前方に<南池>が見えてきました、白い花がちらほらと❢  

Dsc_1647 Dsc_1652

天皇様の思し召しによって設けられた<御釣台>では、皇后さまが釣りをなさったとか… ☝

そのお釣台からは、睡蓮やコウホネが綺麗に見えました。

Dsc_1650_2

Dsc_1654背後の庭は、芝生の中の躑躅。

花の頃は綺麗でしょうね。

その向こうには御休所<隔雲亭>。

戦火により焼失後、篤志家により建て替えられました。

中には入れません。

御苑は、江戸初期以来、大名の下屋敷の庭園でしたが、

明治維新後、皇室の御料地となりました。

そして武蔵野特有の雑木林の風情が残ってます。

Dsc_1655☜菖蒲田に向かう道にそんな面影を感じながら… 

Dsc_1657_3
菖蒲田は青竹に木道☝  雰囲気ばっちりです。

でも残念ながら、花はほとんど終わってました。

Dsc_1665 Dsc_1658 Dsc_1669_2

Dsc_1663_2☜≪神代香≫   ☝≪葵の上≫

明治天皇のお指図で皇后さまのために植えられた花菖蒲。

明治30年ごろには八十余種だったのが、現在では150種・1500株

Dsc_1667_2
菖蒲田のさらに奥に<清正井>があると聞いてます。  当然 shoe shoe shoe

Dsc_1670_2並んでます、東京は何処に行っても人の列sign01 でも、これくらいなら…

Dsc_1677_2甘かった sweat01

左写真で見えてる方の

すぐ眼前が井戸かと。

その先にまだ人がいて、

更に階段があって…

でもちょいと覗いて、

手をつけるだけ…

ものの15分ほどでした。

Dsc_1675綺麗な水です。

階段からですが、透き通ってるのが良く分かります。

深くはありません。

この地に下屋敷を構えていた加藤清正が掘ったそうな。

先ほどの<南池>の水源だそう。

水質のいい事で有名ですが、

「都合により飲用を禁止します   明治神宮社務所」の看板。

そして井戸の中に手をつけることも禁止。

ただ井戸の周りの水にはok

すぐ傍に警備員の方が立ってらっしゃって、注意なさってます。

冷たい水ですが、やはり都会。   山の湧き水のようなわけにはいきません。

隔雲亭近くの北門から出ると、“正参道”    ですが、“本殿”に行く時間は無くなってしまいました。

Dsc_1679本殿を背にして原宿駅方面に戻ります。

目の前には、“日本一の大鳥居”

檜造りの明神鳥居としては日本一で、

高さ12m、柱間9.1m、柱の径1.2m。

笠木は17mあるそうです。

結婚式? 振袖は暑いだろうねぇ~sweat02

でもだらっとすることなく、素敵でした。

7月に友の結婚式に出る娘。

式だけなら振袖も大丈夫だけど…

二次会もとなるとやはり無理…wobbly

そんなこと考えながら歩いていたら、面白い物に遭遇sign03

ワイン樽です。     本殿に向かって右側のお酒の菰樽はよく見かけます、知ってます。

☟でもワイン樽が並んでるのは初めて見ました。    ☟ 

Dsc_1683 Dsc_1685

明治天皇は、「和魂洋才」を旨とし御自身の生活にも積極的に西洋文化を取り入れてらっしゃいました。

勿論ワインも❢

その御縁?、ブルゴーニュ東京事務所代表でブルゴーニュ名誉民の佐多氏の呼びかけにより、

ブルゴーニュ地方の醸造元各社より献納されたそうです。

フムフム…と感心してる間に時間は無くなりました。  娘の家に向かわねば…

ブロ友さんのまねして、神宮橋のから原宿駅を撮ってみました。  そしてもう一度正面にリベンジ❢

Dsc_1687 Dsc_1688

でも人も車も多くて、そして何より時間がない。 とにかく急ぎます、人にぶつかりそうになります、暑いぃ~sweat01

渋谷駅で乗り換え…   「ハチ公を撮っておこう❢  時間ないけど…」

中の娘がハチ公に会いに来た時、「彼は散歩中とかで会えなかった」と聞いてます。

そんな馬鹿な…ですが、おのぼりさんの娘に想像を絶する人混みの中の小さな像は見えなかったのです。

そこで親切な?母は、写メを送るべく人混みかき分けて突進 dash

Dsc_1690時節柄、選挙のたすき❢

私にとっても感動の再会でした。

記念撮影の人が途切れません。

エイヤッと適当にシャッターをおしたところ、

この方達と一緒のハチ公が一番いい顔してましたcoldsweats01

やはり美人には弱いのかなsign02

早速娘に送信❢

何とも優しい母でしょう bleah

    dog dog dog dog dog dog dog dog

この後娘の家で所用を済ませ、ヤレヤレ…

さぁ~て、今度は夕食に出かけます heart04

2016年7月 5日 (火)

久々に京都へ(6月21日)

友の櫛が壊れそうになりました、修繕に京都まで…

我家の包丁の切れが悪くなってきました、トマトが綺麗に切れません、研ぎに持っていかなくっちゃ京都へ…

ということで、21日梅雨の晴れ間に京都へお出かけ、当然?着物で。

「私達運がいいわねぇ~。青空見えてきたじゃないの」     ほんとに運がいい notes

でも喜んでいたのは最初だけ、晴れたのはいいのですが、すっごく蒸すsign01   

京都の蒸し蒸しですsign03  もう最高潮 sign02

しかも事故で電車が遅れ、もわ~っとした空気の中で待ちぼうけ。

何とか京都に辿り着いた時にはもうお昼。    京都駅で何か…

フット思い出したのが、先日友と和久傳さんに行った時に、お気軽バージョンのお店が駅にあると…

Dsc_1621『はしたて』さんです。

2組ほどお待ちでしたが、これならok

耐えられます(笑)

六月お昼限定のメニューを頂きました。

煮穴子玉〆丼、冬瓜すり流し素麺、絹ごし豆腐、

じゃこ卸し小鉢、菜菹(サイショ お漬物の事だそう)

穴子のふわっと感がいい…

お素麺の固さが絶妙…

やはり文句なし、いい所知ったと大喜びheart04

出ると店前には10組以上が並んでらっしゃいました。   「私達運がいいねぇ~notes notes

まず錦通りに行き、包丁を❢   そして櫛のお店のある花見小路に向かいました。

暑い中、もう出待ち(舞妓さんや芸妓さんがお仕事に出かけるのを待機)の人が…

あらららららぁ~、目的のお店は閉まってます…   何故?????

今日はお休みではないはず… 定休日は水曜なのに・・・ あらっ、なんと第三火曜はお休みだそう…… coldsweats02

運がいいと喜ぶと、ドッボンと…・・・・・   今日は二勝二敗です。

「またおいで、とのことだわね」と、自らを奮い立たせるのが精いっぱい。

それにしてもとにかくムス❢蒸すsign01むすぅ~sign03

ウロウロするにも暑すぎる、何か飲み物が欲しい、どこか日陰で休みたい…

思いついたのが、『きなな』   きなこアイス専門店で、10年ほどに祇園歌舞練場近くに移転しました。

マスコミに取り上げられて以来超人気で、ずぅ~っと御無沙汰、こちらのお店に行くのは初めてです。

一筋入るだけで観光客はまばら、そんな道に面していて、入口は閉まってます。

知らないと入りにくいお店です。  一瞬お休みかと思いましたが、そぉ~っと開けて…

1階はキッチンと待合用に使えそうな空間。 

階段で二階に上がると、テーブル席と通りを見下ろせるカウンター。

Dsc_1626 Dsc_1624

メニューは少なく、まだお腹の減らない・飲み物が欲しかっただけの私達にはちょっと…

でも折角来たのですから、名物のきなこアイス『できたてハーフサイズ(プレーン一掬い)』を注文。

美味しかったです、お茶はやや薄めでしたが…(笑)

「お腹減っていたら私もパフェ食べたのにねぇ~」と、よそ様に運ばれて行くのをしげしげジロジロ eye

ゆっくりしながらも、主婦2人、スマホのカレンダー睨んで、リベンジの日取りを決定。

雨さえひどくなかったら…という但し書き付きで、7月初めに再び京都へくることにしました。

その頃には、祇園祭の準備も始まり、尚一層賑やかな事でしょう。

ゆっくり汗を沈めてから、ポツポツトボトボと帰宅の途につきました。

汗だけでなく大気中の湿気で、帯までじっとりした一日でした。

2016年7月 2日 (土)

東京土産

娘が18日から東京へ遊びに行ってました。

いろんなお知り合い・お友達と会ってきたようですが、20日月曜は皆さんお仕事で娘は一人。

何処へ行ったかと思いきや、なんと『国会議事堂』

運よく見学もでき、初めて見た国会の場に感動しておりました。

そして御土産に…

Dsc_1628 Dsc_1631_2

左はクッキーです(右写真上)  何だかどこぞの団体さんみたいなパッケージで、最初ぎょっとしました(笑)

お煎餅は菊の御紋と国会議事堂模様。

お味の方は、良くあるお土産物と一緒です。

パリパリ、ポリポリ、サクッと、食べてしまいましたが…・・・・・  

菊の御紋、真っ二つに割ってよかったのかな?  世が世なら許されませんよね。

おっと忘れておりました、左の写真右下は歴代首相の似顔絵タオル。

阿部さん、やはり二度目の似顔絵はちょっと老けさせてあり、芸の細かさに感心。

娘曰く、「このタオルは、お父さんのボケ防止」とのこと。

御高齢でも職務果たされてる政治家さん、多いですものね。   皆様お元気。

先日ブロ友さんの記事で拝見した「キョウヨウ(今日用)」と「キョウイク(今日行く)」の成果でしょうかsign02

勿論激務でお身体壊される方もいらっしゃいますが…

こつこつ努力の嫌いな私は、せめて文句言わないで、日々の所用を済ませるよう努めることに致します coldsweats01

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »