2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 再び三宮へ(8月12日) | トップページ | 開田高原立ち寄りスポット(8月19日) »

2016年8月23日 (火)

開田高原へ(8月18日)

今年のお盆には、誰も帰ってきません。

長女一家はアメリカ、末娘はそこに遊びに行ってしまいました。

とはいえ、仏さんの御世話は必須。

いつものように、ご先祖様・仏さんのお世話をすべく、私達は自宅待機。

さすがにつまらないと思ったのか、「おい、どこかに行こうよ」と、珍しくも主人が言いだしたのが7月末。

この酷暑に行く先と言えば涼しいところ、二泊三日ならそう遠出もできない… 思いつくのは信州界隈。

flairとくるのが、『開田高原』です。

さっそく連絡したのですが、やはりいっぱいで、何とか18日だけ部屋確保。

ではもう一泊は何処にするか…???

開田高原heart01のブロ友さんは、よく高山に抜けてらっしゃいます。

ダム沿いの細い道と聞いて敬遠気味だったのですが、昨夏コンパクトカーに乗り換えたので行き易い。

早速「これは…」と思う高山のお宿を調べましたが、やはり満室。

フッと、高山から南に下りて下呂温泉に行けば、家にも近づくし…

早速手配すると、他のブロ友さんで知ったいいお宿が一部屋空いておりました scissors

notes notes で御盆行事を済ませ、開田高原に向かったのは18日。

帰省ラッシュのなごりと事故のせいで、四日市まで20Kmの渋滞に巻き込まれましたが、その後は順調。

新地蔵峠トンネルを抜けると白樺林コスモス街道です。

P8180180_2

途中パラッと雨が落ちてくる御天気で、御嶽山はこの日も見えず。 でもそばの花のお出迎えheart04

P8180186

P8180196宿はいつもの『つたや季の宿 風里』さんです。

ロビーで頂いたのは、冷たいそば茶と青梅の甘煮。

コリコリした梅の仄かな甘味が、

運転疲れを癒してくれました。

(いつもは熊笹羊羹でした。 こちらも美味しいですよ)

☜ 樹齢千年以上のサワラの原木で作られた囲炉裏。

いつもと同じ景色です。

チェックインを済ませ、御部屋へ。

P8180199_2入り口脇に可愛いお地蔵様???

笠地蔵のイメージですね。

部屋の目の前に水車が見えます。

右手に広がるのはソバ畑。

更に右に目をやると、コスモス畑(花が少ないのでここからは緑ばかり)。

P8180197 P8180198

本来なら木々の上に御岳山が顔を出してるはずなのですが、今回もまた振られてしまいました weep

デッキの向こうにトウモロコシ畑、その背後にはブルーベリー畑があるそうな。

「ブルーベリー、召し上がって下さい」ですって。  嬉しい notes notes

早速お風呂へ。

ここでも、サワラの原木で作られた大きな囲炉裏が、私達を迎えてくれます。

木曽の水を頂いてから…    檜の香りを感じながら、内風呂を楽しみ、そして露天風呂へsign01

P8180200 Dsc_1779

今日のお風呂は、内も露天も私好みのぬる目です notes notes

ゆっくり、じっくり… どれだけ入っていたかしら???

P8180203まだほの明るいので、ブルーベリーを覗きに行ってみました。

盛りは過ぎたと見えて、足元にたくさん落ちてます❢

木に残ってる実よりも落ちてる方が大きく見えるのは気のせいsign02

いくつか摘まんで…  思ったほど甘くはありません。

野生を感じる薄甘い味は、なんだか懐かしい。

最近の果物は甘すぎる…

ブルーベリーの向こうに、林に入っていく道を見つけました。

何処に通じるのかな?

もう探検に出かける時刻ではないので、これは次回の宿題。

ベンチから宿を見ます。  左手のお食事処にはたくさんの人が集まってます。 今日は何かな???

P8180204

私の部屋は右から二番目、明かりが付いてるということは主人も戻ってる ‼

畑の花や実りを眺めながら散策、デッキへ。  ここで食前酒でも頂けたら嬉しいのになぁ~heart04

そろそろ7時、私達の食事時刻です。  庭から直節お食事処へ向かいました。

P8190220 P8190219

P8180209P8180211

P8180212    P8180213

P8180214_2P8180215_3『氷すきやき』って???

お肉の上に乗ってるのが、

かき氷です。

溶けていい具合の味に。

見た目が涼しいすきやき。

山芋と卵黄で頂きます。

いつもながら驚きの食。

Nice Idea に感心。

P8180216タイミング良く、お供もスパークリングから、

ハーフボトルの赤ワインになりました。

そして、今回の客前料理は野菜の握り。

左端は、庭で採れたお茄子だそう。

可愛い花を咲かせていたあの茄子畑の出身?

いつもですが、季節の地の物満載のメニュー。

とてもお洒落にアレンジされて、目にも口にも

嬉しいお食事でした。

P8180217P8180218

いつも通り、期待を裏切らない、サプライズ付のお食事。   

今回連泊できなかったのは残念ですが、明日のお宿も楽しみです。

御天気が悪くならない事を期待して、部屋に戻りました。

« 再び三宮へ(8月12日) | トップページ | 開田高原立ち寄りスポット(8月19日) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 そうなんですよね・・・
 11日が休日になったところで、
 13日の迎え盆からでかけるわけにはいかないですしね。
 新盆のお参りにも伺わねば・・・ですから、
 使い勝手の悪い休日です。

 風里さん、良いですね。
 最近、ツレアイがふと 「開田、良かったよな」 と漏らしました。
 はい、風里さんのことです。
 「また行こうか」 「そうだな」
 となったのは良いのですけど、
 予定は立たず・・・
 我が家からは意外と遠いし・・・
 絶妙なタイミングのブログです。
 便乗させていただいて、ちょっとだけでも行った気分になりたいな。 

開田高原へいってらっしゃったんですね。^^
四日市は渋滞の名所ですね。
お休みの日は必ず渋滞する区間ですね、、、、。
コスモスと蕎麦の花が綺麗です。
新地蔵峠トンネルを抜けてすぐの白樺街の道、大好きです。
そこに咲くコスモスはいかにも高原らしく良いですよね。
よかった!今年も蕎麦ちゃんと植えられたんですね。
7月中旬に開田高原へ行ったとき、蕎麦畑は雑草ばかりで荒れた感じ
今年は蕎麦植えられないのかなぁ~と心配してました。
風里さんのお野菜、柔らかくって美味しですよね。
お料理を拝見すると松茸の姿が、、、いいなぁ~^^;
下呂温泉編も楽しみにしています。

うつきよう様、タイミングのいいブログとお聞きしてますのに、続きが遅くなってます。
予定と用事の間に遊びを滑り込ませ、超多忙な一週間でした。
うつきよう様のお近くには素敵な温泉付お宿がたくさんおありですものね。
奈良からですと5時間でいけるこのお宿は、フッと思い着いた時にはありがたい存在です。
ご主人様のためにも、なるべく頑張ってアップしますね。

ニャン様、初めて開田高原のソバの花を拝見しました。
写真では分かっても感じられなかった一面の白い花空間を目の当たりにできてnotesnotes
今年は無理そうですが、来年はぜひともブルーベリーの紅葉の頃に行きたいものです。
コスモスがあんなに咲いてるとは知らなかったので、こちらはサプライズでした。
いつ行っても素敵な開田高原、そしていつも美味しい御料理が待ってる風里さん。
文句なしです。
でもこの松茸は香が薄かったですよ、まだ早いもの。
いつだったか、どこかのお料理屋さんが「ボケ松茸」と仰っていたのを思い出します。
間違えて早く出てきた松茸の事だそう。
珍しいので喜ばれるそうですが、香はやはりね…・・・・・(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 再び三宮へ(8月12日) | トップページ | 開田高原立ち寄りスポット(8月19日) »