2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 下呂温泉へ(8月19日) | トップページ | ワインな気分(8月22日) »

2016年9月 2日 (金)

『今宵天空に遊ぶしょうげつ』さんの御食事(8月19日&20日)

御食事は1階のお食事処<水琴亭>で頂きます。

エレベーターが開くと、これまた異世界 sign03      お出迎えの方への挨拶もそこそこカメラ構えて…

P8190259
でもそんな私を待って下さってます… coldsweats02        ちょっと慌てて…sweat01 

最近はそうでもないのですが、旅に出ると何故か水にはまる主人、ここは要注意ですdanger

完全個室、私達の部屋は畳で掘りごたつ形式でした。 

P8200279_2P8200278_2

P8190262 P8190263

食前酒は東北の“一ノ蔵”。  その後、主人は生ビール、私は地ビールを頂きます。

御品書のお造りには天然鯛とありましたが、今夜は“ハタ”です。 

P8190264  P8190268

食と共にお酒もすすみます。  まずはスパークリングsign01

P8190265P8190266

鮎から湯気が出てるのでビックリ。 でもこれは籠の底の炭の上に焙じ茶の葉を置いての演出でした。

でももちろん鮎はヌクヌクでしたよ。 そしてふっくらと大きくって、美味しかったわぁ~heart04

ローストビーフが美味なのは当たり前。 無花果とゴマクリームがいい感じ、焼いた万願寺がこれまたいい。

P8190267 P8190269_2

丁度具合よくお肉の頃には飲みほし、赤にチェンジsign03  お肉もすっごく美味しいlovely

P8190270 P8190272

流石“日本一連続受賞米”、つやつやピカピカ。 一粒が大きめです。

この御米を買って帰るつもりでしたのに、とうに売り切れで、今年の収穫を待つしかないそうです

(考えてみれば当たり前ですよね、でも宿のお食事の分はちゃんと確保されてるそうですから大丈夫)

部屋に戻り外を眺めると、月が出てました。   ガラス越しですが、camera

P8190277

光がもやぁ~っとなって解り辛いのですが、川沿いの源泉塔の灯りが雰囲気醸しだしてくれてます。

明日もお天気かな?  いい気持ちぃ~sign03 と言ってる間に寝の床に❢

あくる朝も同じお部屋で頂きました。   食前には、飛騨のリンゴジュースかトマトジュース。

全部揃うとこんな感じです。  左は湯豆腐、右は刺身コンニャクとキノコの朴葉味噌焼き。

P8200281_2 P8200283_2 P8200280

わたしは御粥をお願いしました。 天然塩も添えられてますが、朴葉味噌が良く合うんです、大好きsign01

中央上の煮物は金沢名物の治部煮(里芋と鶏肉)、あらっ? 撮り忘れてますが、冷コーンポタージュも。

ゆっくりたっぷり頂きました。

チェックアウトは11時。  居心地いいので何処にも出かけないで過ごしました。

下呂から奈良へはビュ~ンと南に下りて…のつもりが何処をどういったのか西に西へ…

結局、国道とはいうものの、ヘアピンカーヴの九十九折の道を上って下りて、郡上八幡へ(笑)

前にも後ろにも車がいないのでゆっくり走れて良かったものの、もう二度と通りたくない道でした。

途中関SAで一服、何か美味しそうな夕食になりそうな物を物色。

P8200286いいものみっけsign03

これならご飯炊くだけでオッケイ、

というか、パックの御飯買ってきてもいいもんね。

最近スーパーで見つけた<18雑穀御飯>

さらっとしてるので、カレーに合うんです。

「楽チンらくちん notes notes

ただこのレトルトカレー、高いんです。

税込1007円sign03

大分迷いましたが、こんな時にしか買えない食べれない…

「エイヤァ~」と、お買い上げ、夕食の膳となりました。

お値段ほどの価値があるかどうかは分かりかねますが、美味しかったです。

次回また買うかどうかも分かりませんが、小家族ならではのプチ贅沢でした。

「そう言えば昔、偽装牛肉事件なんてあったね…」なんてしゃべりながら、頂いた次第ですcoldsweats01

« 下呂温泉へ(8月19日) | トップページ | ワインな気分(8月22日) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 『しょうげつ』さんのお食事、良いですねえ!
 以前よりアップグレードした感じです。
 食事処も素敵!
 我が家のときは夕・朝食ともお部屋でした。
 食事処は、おふとんを敷いてもらう間を待たなくていいのがいいですよね。
 下呂のつるつるすべすべのお湯もいいですし、
 なんとかまた行ってみたいものです。
 高速使っても、一般道で行っても遠いので、一泊じゃあもったいないし、
 さて、どこと組んだらよいものか・・・
 といって、何時行くかのあてはないのですけど(笑)
 
 
 
 

うつきよう様のブログを拝見して、「部屋食かもしれないね…」と覚悟はしてました。
でも「匂いは残らないように配慮…」に、主人も納得し出かけた次第です。
お食事処は雰囲気良いのですが、足の御不自由な方には不向きかもしれません。
主人薄暗い中、要足元注意でした(笑)
お食事良くなってますか?
いいお宿は、評判におぼれないで次々と工し改良続けてらっしゃるのでしょうね。
少々お高めなのでいつもというわけにはいきませんが、「また」の気は一杯です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 下呂温泉へ(8月19日) | トップページ | ワインな気分(8月22日) »