2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【プレトリア➡ヨハネスブルグ】(10月12日 午後) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ビクトリアフォールズ】(10月13日 partⅡ) »

2016年11月12日 (土)

ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ビクトリアフォールズ】(10月13日 partⅠ)

今日も晴れsun  

Dsc_1940ホテルのビュッフェは豪華ですが、いたって普通。

アフリカを感じる物はありません。

やはりヨーロッパに統治されていたせいでしょうか。

期待していたような面白い食材もありません。

昨日から感じていたのですが、少し甘めの味付け。

スパイシーではありません。

今日は11時頃発の飛行機で、ジンバブエの街、ビクトリアフォールズに向かいます。

予想最高気温は37度 coldsweats02

早速軽食が出てきました。  見た目貧相ですが、美味しいサンドイッチでした delicious

Pa130414 Pa130417

Pa130419窓から見える景色は、代わり映えしません。

茶色い乾いた土地と枯れたような木々。

車は見かけませんが、道路が筋の様に見えます。

上からだと、好き勝手に走れそうにさえ見えます。

ビクトリアフォールズ空港は32度。

ビザ取得の長い列にびっくりしましたが、

さすが大手旅行会社、現地手配会社に任せてスル―❢

空港で現地の方のお出迎えを受けて…sign02

まずは今夜のお宿、『THE VICTORIA FALLS HOTEL』に向かいます。

Pa130430 Pa130521

Pa130427チェックイン時刻二時までウエルカムドリンク頂きながら待機。

じっとしてられない私は、玄関に戻ります。

右上の写真は入り口から奥を撮ったものです。

中庭の向こうの建物で皆さんくつろいでます。

ホテル前の赤い花は、「鳳凰木」

暑いのですが爽やか、それより日差しの強さに警戒です。

今度は先程のフロントから中庭は通り抜け、皆の座ってるソファ横目に

更に向こうに広がる庭へ出てみました。

凄く広々ゆったりしたホテルです。

Pa130423小さな動物発見 sign03

すばやい、りす sign02

違う ❢

あっ、あっちにもこっちにも sign03

なんと芝生にはもっと大勢が…

ストライプマングースだって sign03

勿論野生です。

人慣れしてるようですが、

一定の距離を保ってます。

近づくとさぁ~っと逃げるけど、

警戒しながらも寝転んでたり…

真っ正面にビクトリアの滝とビクトリア大橋がみえました。

Pa130422

御部屋の用意ができたようです。   部屋で一服する時間もあるようです。

部屋に入ってビックリsign01   因みに、夕食終えて部屋に戻ると、右写真のようになってました。 

Pa130434 Pa130524

蚊帳ですよね。 でも全然虫いないんですよ、ロビーやフロントなんて開けっぱなしですけど。

一応日本から、対策として「蚊のいなくなるスプレー」なるもの持参してはおりますが、ここでは無用でした。

ここでもコーヒーメーカーがあったので、ちょいとお試し❢   そして出発です。

Pa130435_2部屋は二階なので、私は階段で…

本物の頭蓋骨 sign03

あちこちにいろんな動物の頭が飾られてます。

明るい開放感のあるホテルのせいか、

全然嫌みがなく、素直に芸術品のように楽しめます。

剥製も目があっても怖くないんですよ(笑)

角の曲がり具合とか、付いてる位置とか、

結構興味津々で観察しました。

でも動物の名前が分からないのが残念でした。

ビクトリアの滝国立公園に向かう途中、1000年を超えるという大きなバオバブの木を見に行きました。

Pa130440_2丁度観光に訪れていたジンバブエの若者と camera

ジンバブエは長期独裁政権の国です。

国の発展に尽力した偉大な大統領でしたが、

若い奥さんもらってからは少々難有りとか…(笑)

穏やかな国民性でしょうか、国民は文句言わないで、

じっと彼が御隠れあそばすのを待ってるそうです。

Pa130439

話はバオバブに戻ります。 こんな悪戯されてるです ☝ でもさすが大物、知らん顔して立ってます。

いよいよビクトリアの滝 sign03

昨年ナイアガラの滝を見て驚きに包まれた私達の横で、「しょぼっ」と言った御夫婦を思い出します。

彼らは、このビクトリアの滝もイグアスの滝も見た事ある方。

「しょぼっ」と言わせしめたビクトリアの滝との御対面は、私達夫婦にとっては一年越しの楽しみです。

ただこの時期は水量の少ない時期。

期待に反して私達「ショボッ」という事にならない事を祈りつつ…

« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【プレトリア➡ヨハネスブルグ】(10月12日 午後) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ビクトリアフォールズ】(10月13日 partⅡ) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【プレトリア➡ヨハネスブルグ】(10月12日 午後) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ビクトリアフォールズ】(10月13日 partⅡ) »