2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ビクトリアフォールズ】(10月13日 partⅢ) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ビクトリアフォールズ】(10月14日 partⅡ) »

2016年11月16日 (水)

ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ビクトリアフォールズ】(10月14日 partⅠ)

今日は空からビクトリアの滝を見ます。

初めてのヘリコプターです、ちょっと緊張、でもとっても楽しみ。

お天気も最高 sun  気温はいつもと同じくらい、最高気温は36度、最低は20度です。

朝食は、テラスを突き抜けお庭を通りぬけた先にある『JUNGLE JUNCTION』で頂きます。

ビクトリア大橋を背にして、ホテルを庭から眺めると…  ヨーロッパにリゾート地みたいです。

Pa140541

手前の階段を下りて、写真の向かって左手に進みます。

Pa140527とにかく広い芝生庭。  この道をずぅ~っと…

マングースとは出会いません、朝寝坊?

時々ライフルを持ったスタッフさんを見かけます。

やはり治安が…??     違いました。

この辺りにもいろんな野生動物がやってくるそうです。

自然一杯動物一杯のところに造られた街ですもの、

当然と言えば当然。

で、空砲で驚かし追い払ってるのだそう。

自然保護地区、めったやたらに動物を殺すことはできません。

因みに、私は結構敷地内をウロウロしてましたが、エアガン発射の音は一度も聞きませんでした。

動物たちも分かってきたのかな。

木陰に石像が並べられてました、なんだかいい感じ。   わけのわからない芸術作品もありました。

Pa140528 Pa140538

正面に、目的の朝食レストランが見えてきました。

その前の芝生に、いろんな石の作品が展示されてます。  売ってるらしい…

気にいった動物の作品があったのですが、これはちぃ~っと重たい、持って帰れないので断念 coldsweats01

お土産物屋さんで見かける木彫りの動物さんより、遥かに芸術性が高くいい感じだったのですが…

中庭側の席は満席。 日の当たる席は避けたいのでちょっと奥へ。

Pa140535 Pa140537

人を避けて撮影するのは難しくって…sweat01  でもいい雰囲気なので記録に残したい…

ビクトリアの滝のプレートが敷かれてます。  ちょっと欲しいかも…  でもこれも重たい代物です。

朝食会場には、いろんな果物があって嬉しい。  オムレツ作ってもらいました。

Pa140532 Pa140533

前のホテルもでしたが、パンが豊富。 多国籍なんです、ドイツ系もデニッシュ系もフランスパンも食パンも。

美味しいチーズとお食事パンを、コーヒーと一緒にデザートパンを…  で、食べ過ぎて coldsweats01

ゆっくり過ごした後、ちょっとホテル内を探検。  まずはプールへ。   お昼寝によさそう❢

ホテルの方が、この右手の木陰にも椅子を運んでらっしゃいました。  そっちの方がいいかな?

Pa140539 Pa140525

いつもとは違う所から建物の中に入りました。  こんな素敵な場所を発見。

ソファのアームレストに新聞が置いてありました、勿論英語ですが、頑張って広げてみました sweat02

ひっくり返って寝れそうなほど、静か、誰も来ない… コーヒーメーカーでも置いてあったら最高なのに lovely

今日はまた移動の日です、荷物まとめないとね…  部屋に戻ります。

« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ビクトリアフォールズ】(10月13日 partⅢ) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ビクトリアフォールズ】(10月14日 partⅡ) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 ゆったりと居心地良く過ごせそうなホテルですね。
 気温は日本の真夏と同じくらいですが、
 ブログを拝見していると、空気は乾燥しているのですね。
 日焼け止めがたっぷり要りそうですね。
 ヘリコプター遊覧、どんな眺めを拝見できるのか楽しみです。
 
 
 
  
 

ゆったりとしたスケジュールのようですので
治安さえよければ パンジー様の朝の自由行動を拝見することができますのに、、。

キャーー
ヘリコプターですか いいですねえ。
続きを 楽しみにしています。

うつきよう様、乾燥は並大抵ではありません。
厚めの綿靴下を手洗いしたのですが、二時間もあれば室内でも乾いてました。
外なら…??  おぉ~コワッ❢   想像したくない事が、肌におこってます(泣)  
乾燥防止にはクリームよりオイルですが、日焼け予防のためには…??
たいてい放ったらかしの私も、ここでは皆さまに負けぬようスカーフと帽子で応戦。
そんな姿に周りはビックリ、でも帰国してから泣くよりは…
とにかく、アルカイダやイスラム国の一団に間違われないように要注意❢です(笑)

shinmama様、とってもゆったりスケジュールのツアーです。
おかげで、隙あらば、許される範囲ですが、うろうろしちゃいました(笑)
ホテルは、中だけでなくお庭も広々で、ふらふらカメラ片手に歩くのも楽しいです。
最初は感動していた野生動物たちも、あっという間に見慣れちゃって…
サファリの大型動物との遭遇に期待が大きく膨らんできた頃だったように記憶してます。
ヘリに乗った事のある主人の尋ねると、「揺れるしうるさいし…」というものですから、
車酔いする私は、興味津々で期待しつつも不安がありました。
ナスカの地上絵の遊覧飛行を思い出し、薬を飲んで、消化のいいものだけ口にして参戦。
結果は…? すぐにブログアップしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ビクトリアフォールズ】(10月13日 partⅢ) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ビクトリアフォールズ】(10月14日 partⅡ) »