« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ビクトリアフォールズ】(10月14日 partⅡ) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【チョべ国立公園】(10月15日 partⅠ) »

2016年11月22日 (火)

ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【チョべ国立公園】(10月14日)

暑いはずなのに、カラッと爽やかなのが不思議です。

昼食はバイキング、とりたてて変わったメニューはありません。

アフリカは良くも悪くもヨーロッピアナイズされて、ローカルフードなるものにお目にかかりません。

好き嫌いの多い主人ですが、今回の旅では何の不自由もなく、食事を堪能していたようです。

焼き物もシチューもチキンかビーフですし、味付けも少し甘めでいたってあっさりしてます。

Pa140631 Pa140632

Pa140634意識して野菜を摂ってます。

御覧のように、普通に日本でも見かけるお野菜です。

久々にお魚を頂きました、 たしか鰊だったような…

美味しく調理されたお魚でした。

早速ボツワナ産のビールで、一服。

デザートも忘れません。 若干素人っぽい感じのケーキでした coldsweats01

御部屋の準備が整ったようです、ロビー棟のお隣の二階建のロッジです。

Pa140640ここも蚊帳付です。

今までのホテルと違ってロッジ風ですし、

野生味を感じるホテルなので、

日本から持ってきたスプレーを dash

電気蚊取り器もセットされていたのですが、

効果に不安感を感じます coldsweats02

そして出かける前には虫よけスプレーを使用。

さぁ~、いよいよゲーム・ドライブに出発です。

Pa140649先程の窓のないスケスケの車に乗りました。

大きな道路に家やスーパーと思しき建物。

あっ、大きな猿❢

バブーンです、普通に勝手に家の庭先走ってます。

「窓開けておいたら危険」の意味が理解できます。

ホテルから国立公園の入り口まで10分程?

下車できないので、入口の写真撮影不可。

乾季で砂埃が凄いと聞きましたが、そんな事もなく、

「前の車の舞いあげる砂埃が凄いので、マスクの用意を」というアドバイスもありましたが、無用。

チョベでは懸念するようなサファリカーのラッシュはなく、二台に分かれた私達でもなかなか会いません。

時間帯がいいのかしら? 

そして虫もいません、まだ暑いから?

チョべ国立公園は四国の半分ほどの広さで、10万頭ほどの象が生息してる事で有名です、だそう…

入ってすぐに出会ったのが、インパラ☟  続いて白い縞が可愛い雌のクーズ―☟

Pa140656 Pa140657

遠くにキリンも見えたのですが、しっかり保護色で、写真撮っても判別困難.自然てすごい❢

Pa140660やがて正面に象が… 凄い、多い、多すぎるsign03

圧倒されました、驚愕です。

手前にはイボイノシシ、どこにでも現れますsign02

南アフリカのサファリに行った友はいろんな動物を

見たのですが、象だけには逢えなかったと…

ちょっと友に勝った気分 coldsweats01scissors

そろそろ水飲み場から自宅(?)に戻る頃のよう。 

群れごとに、子象を囲むようにゆっくり歩いてきます。

Pa140667

川向こうに横たわっているのは、アフリカンバッファローです。

急に車がスピードアップ???  「ライオンが歩いてる」の情報を得たようです   rvcar dash dash

Pa140668 Pa140669 Pa140670

雌ライオン。 こんな時刻に歩いてるのは珍しいそうです、走るでもなくゆっくり歩き去る後ろ姿が…

と、木陰に座り込み…  でも向こう向いたまま。  その横顔はスフィンクスの様でした。

ここでは何やら小さい物がウロウロ… ホロホロ鳥。 首の青がキラキラしてとっても綺麗でした。

Pa140674 Pa140677

ぽっち象もいます。  まだ群れを作れない雄の象。 器用に鼻で枝を折り、枝だけを食べます。

Pa140684 Pa140688

バリバリッと言う音に、ライブ感満喫。 葉っぱを上手にしごき落とすんですよ。

☟遠くにシマウマが見えました。  ここチョベでの生息数はきわめて少なく、レアなんだそう。

Pa140694 Pa140704

そして近くにキリンを発見❢ 一瞬見過ごしそうになりました、ほんとに木と区別しにくいです☝

さっきライオンに出会った辺りに戻ると…  同じ雌でしょうか?   ウロウロしてます。

Pa140711 Pa140712

そして再び座って、こちらをじっと見、敵ではないと判断したのか、「よっこらせ」と…

でももし敵・縄張り侵入者と思われたら… 15,6mほど先でジィ~ッとこちらを見据える目は紛れもなく野生。

ドライバーに、「もし襲ってきたらどうするの?」「襲ってこないよ」「でも万が一…」「逃げる❢」

南アフリカでゲームドライブした友の車には、ライフルが備え付けられていたそうです、でも袋の中 coldsweats02

しかしながら我が車にはそのライフルも見当たりません。 

逃げると言っても道は凸凹で猛スピードで走るのは無理、絶対負けるよね sweat01

日が沈み始めました。  夜は観光禁止、夜行性動物の世界ですものね、退散です。

途中一頭の象が寝転がってるのを見かけました。

「何で一人で、こんな所で…?」 ドライバーさんに尋ねたのですが、「…・・・sleeping…・・・」

彼も早口でもごもごと言ったので、私の能力では把握しかね、「眠ってるのか…」とわかったふりして…

再びキリンに遭遇。   夕日をバックに撮影したくって、「もうちょっとバック、もうちょい」と…(笑)

Pa140714

Pa140718野生王国にも月が出てきました。

私達が今日見たのは、穏やかで静かな世界でしたが、

見えないところで、弱肉強食、生きていくための戦いが

繰り広げられてるのでしょうね。

テレビで見ていたような世界を思い起こします。

そしてあの雌ライオンの目を思い出します。

ゾクッとします(笑)

夕食はホテルでバイキングです。

サッとシャワー浴びて、カジュアルな格好でレストランへ。

私達がレストランの席に着くと、「桜」や「上を向いて歩こう」などの日本の歌が聞こえてきました。

とても日本語の発音がきれいで驚きました。

Dsc_1961 Dsc_1965

ビールで乾杯して、今日の観光の話で盛り上がります。

何度も来たことある添乗員さんの、「シマウマ見たsign01ライオンあるいてたぁ~sign03」の興奮ぶりに唖然 sign03

私達がとっても LUCKY である事を痛感しました。

Dsc_1962 Dsc_1963

料理はいたって普通です、「ローカルフード」と教えてくれた何やら白い固まった御粥みたいな物を発見。

これにホウレン草をぐちゃぐちゃに炊いたものをかけて頂くそうです(上左写真お皿の上部)  

トウモロコシの粉を練って蒸した「パリチ」なのかな? ボツワナの主食です。

何とも食感が微妙で、正直「まずっ❢」    ちょっぴりにしておいてよかった…

ホウレン草の炊いたものも、べちょべちょで灰汁が強く感じられ、お豆のトマトソースの方が良かったかも…

なので今夜も普通にヨーロッパ風のお食事になりました。

外に出ても虫はいない様です。

虫よけスプレーも蚊取り線香も、この時期のこの界隈では不要だったようです。

明日は、動物たちが活発に活動する早朝にドライブします。

なので大人しくベッドに入ります sleepy sleepy sleepy

« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ビクトリアフォールズ】(10月14日 partⅡ) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【チョべ国立公園】(10月15日 partⅠ) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 一枚一枚拡大しながら拝見しました。
 ゾウの大群もすごいですけど、
 夕日バックのキリンがいいですね!
 広~い大地に、野生動物の数々、
 TVなどで見てはいても、
 本当にあるんだな、こんなところ!
 と、とっても身近に実感しました。
 シマウマもライオンも滅多にお目にかかれないんですね。
 遭遇できたなんて、パンジー様、すご~い!
 

夕日をバックにシルエットのキリンの姿。とっても素敵です。
写真を拝見しただけで感動!!ですから
実際にご覧になれたパンジー様ご夫婦は感動!感激!!の嵐?
動物大好きな私には永久保存版にしたいブログです。
ビクトリアの滝も迫力がありますね。
ここからでては危険!の場所から撮られた写真も迫力。
あの場所はテレビで見たことがあり、危ないから誰も出へ~んよね。と
思ったのを覚えていますが
出られましたか(笑) 無事でよかったです。^^

うつきよう様、拡大して頂けましたか、ボケボケになってませんでしたか?
動物たちが生活してる場所を、人間が勝手に“保護区”にしたわけですから、
その場所場所に現れやすい動物は違ってきますし、集まってくるのも異なります。
ここには象は一杯いますが、シマウマはどこかよそにたくさんすんでるのでしょうね。
そして肉食動物の占有スペースはかなり広いのでしょう、「ここ全部オレんとこ❢」てね。
私もテレビで見ていた光景を目の当たりにし、興奮しました、想像以上でした。

ニャン様、いいでしょっ❢キリンの写真。  私のお気に入りです。
今まで映像でしか見たことない物を自分の目で見てこられた満足感に浸ってます。
はぁ~い、banを犯したのは、このグループでは私一人です。
でも濡れてない時はそれ程でもないのですよ、多分スリッピーな時用の注意書きです。
もうちょっと先にいけるかなと思ったのですが、あまりバカなことしても…と自重。
胸張って言うことではないですよね(笑)
でもくれぐれも、「良い子は真似しないでください」です。

私もアフリカで2か所のゲームドライブをしたのですが

 http://runslowly.exblog.jp/18681331/
 http://runslowly.exblog.jp/18683679/

まずは身を守る講習会があって、次に「何かあっても 責任は問いません」という複数の書類にサインをさせられ、
緊張して ジープに乗り込んだことを思い出しました。

狩りをすることを忘れないように 草食動物と肉食動物を一緒にしているアフリカの動物に対する考え方と
過不足なくエサを与える日本のサファリパークとは 次元が違いますね。 

shinmama様のブログは、アフリカに行く前に参考に試拝見させて頂いておりました。
訪れる先が違うので動物の顔触れも違うだろうとは予測しておりましたが、
shinmama様の様にキリンに囲まれたり、犀に会う事はありませんでした。
そして身を守る講習会も書類のサインもありませんでした。
ただ「立ちあがらない、むやみに手を出さない、大声出さない」の口頭注意のみ。
そして、私のカメラは拡大能力難ありで、一生懸命アップにしても足りず…
次回は望遠レンズを準備しないといけませんね(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ビクトリアフォールズ】(10月14日 partⅡ) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【チョべ国立公園】(10月15日 partⅠ) »