2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【チョべ国立公園】(10月15日 partⅠ) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【チョべ国立公園】(10月16日) »

2016年11月29日 (火)

ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【チョべ国立公園】(10月15日 partⅡ)

朝食に、何とか間に合いました。

Pa150801でも早朝のマフィン&カフェオレ

そして今朝の一連の出来事に、もう満腹です。

それでもお野菜と果物をしっかりと…

ここのチーズが美味しい事を発見。

クラッカーと一緒にいろんな種類を楽しみました。

ミルクたっぷりのコーヒーがお供ですが、

ワインがあったらなぁ~lovely

ここではワインはグラスの口まで入れてくれます

皆と興奮を分かち合った後、部屋に戻りました。

それ程埃ぽかったわけではありませんが、シャワー浴びてコーヒー片手に、今朝の写真をチェック。

そうこうしてる間にもうお昼の時刻、昨日同様プールサイドにあるレストランで頂きます。

Dsc_1968☜ 今日は、ナミビア産のビールです。

私の原則は、行った国のビールのラベルのみ収集。

でも「ナミブ砂漠に行った時に…」と思いつつも、

果たしてこれるやらどうやら解りかねます、

自信もありません。

この際固いこと言わないで、このラベルも回収❢

我がコレクションの一員です。

お野菜いっぱい摂りました、シチューが美味しかった。

Dsc_1966レストランに、鳥たちが餌をもらいにやってきます。

とっても綺麗なブルーの鳥。

ちょこちょこしてなかなか捉えられません coldsweats02

かなりの時間を費やしましたが…

後ろ姿で申し訳ありませんが、日の光でshineshine

昼食後、チョベ川に面してる庭を散策。

ところどころに川に下りる道ができてます。

これは危険かも… danger

多分カバさんか鰐さんの通る痕では… いわゆる“けもの道”と判断。  一人なので用心せねば…

そぉ~っと川に近づき覗くと、カバの背中みたいなものが見えました、勘違いかもしれませんが退散、退散。

さして広くない庭です、泳ぐのがそれほど好きでない私は、プールサイドで一服。

その後、ロビー脇の小さなお土産物屋さんを覗いてみました。

そしていい絵本を発見、『Guide to the Wild 』  KIDS 3-103 とあります。  103歳までなら私も範疇❢ 

ぬり絵やパズルにアニメ、でも巻末に精巧な動物や鳥の絵が名前と共に掲載されてるのです。

私には丁度いい辞典です(このブログ書く時にも重宝してます)

海外で美術館や博物館など訪問した時、いつも子供用の解説書を探すのですが、なかなかありません。

分厚くなくって、要領を簡潔にまとめてある逸材です。 教育的にも凄くいいと思うのですが、なかなか…

三時過ぎ、今度はボートから動物たちを見に行きます。  ホテルの船着き場から出発。

Pa150810その船付場すぐ傍にこのクロコダイル sweat01

体温下げるために口開けてるそうです。

それにしても、こんな傍に…

夜の水辺歩きは危険なわけです。

ケニアに住んでた事のある友が言ってましたっけ、

「鰐は飛びかかるのよ」と。

どう見てもジャンプできそうには見えないのですが、

きっと見た時には襲われてるんですよね。

おぉ怖っ wobbly     近寄るべからず…です。

小さな小屋に立ち寄って、入園料を払います、ここも国立公園ですから…

そしてたくさん象達が過ごしてる中洲の方に向かいました。

Pa150834カバが泳いでます、こちらに向かって…

カバは夜行性で、夜上陸して草を食べるそう。

今朝遠くに草を食べてるカバを見たのですが、

遠すぎて、双眼鏡で確認、写真は断念。

アニメ的には可愛いキャラですし、動物園でも

ほんの少し顔を覗かせてじっと大人しいですが、

年間で一番人を殺してる動物(人間以外で)。

ぶつかってはほしくない存在です。

昨日は川からねぐらに戻る象達を、今朝は水飲み場に出勤する象を、そして今は活動中?の象を❢

Pa150838

おやおや…  ボートが先を急ぎます…

水辺に向かう一頭の象に近づいて、ジィ~ッと…  何が起こるの???

Pa150815 Pa150816

Pa150818普通に川に入り、水浴びして、水呑んで…

今までに結構見てる光景ですが…

「川を泳ぐよ、きっと」とのこと。

さすがベテランガイド(兼ドライバーさん)sign03

ズ~ッと同じドライバーさん、ボートも操縦です。

ジィ~ッと見てる我らを意識してるやらどうやら…

待てども待てども、のんびりと水を飲んでます coldsweats01

そしてやがて、のっそりのっそりと前進開始…

Pa150820 Pa150822

☟まだ歩いてます、足が届いてる…

Pa150824 Pa150825

まだ泳いではいません…

Pa150826 Pa150827

☟おっ、足が届かなくなったようです、鼻の先を水から出して…     まだ泳いでます☟ 

Pa150829 Pa150831

泳いでるときの足を見てみたい、でも潜ろうにも鰐さんやカバさんがいるしぃ~sweat01

そうしてる間に、象さんは再び歩きはじめ、陸地に向かっていきました。   

慌ててこちらにやってきたボートにちょっと勝利感味わいつつ、私達はここから離れました scissors

グルット中州を回ると、まだ生まれて三日ほどの子象が、群れの中で見え隠れしてます。

Pa150840

中央、白い鳥(鷺の一種)の後ろ。 お母さんと一緒に、でも大勢の仲間の中で安心なのか…

ここに肉食獣はいません、隠れられないものね。  でもライオンが泳いでくる事もあるんだそう。

本日最大のクロコダイル、5mちょっと☟   ジィ~ッと目をつぶってたのですが、ジロ~リと… sweat01

Pa150844

☟カバが群れて団子状態に❢   浅瀬故、ここまでしか近づけません、それにあまり傍は怖い…  

Pa150847

口開けてくれないかなぁ~と待っていたのですが、タイミングを逸し… weep   鷺がチョンと頭の上に❢

拡大機能の乏しいカメラ故、写真はあまり撮れませんでしたが、しっかり目に焼き付けてきました。

流石水辺、いろんな鳥がいるのですが、素早い動きについていけず、写真はお見せできません coldsweats02

ガイドさんが操縦桿から手を離し、陸地を指さします。  ?????

Pa150849

今朝ライオンが象を食べていた所です。  裸の木ですのに黒い塊がぽつぽつと…

右端の木にも何やら…   ハゲタカの群れです、双眼鏡で確認しました、凄い数❢

木に留まってるという事は、まだライオンが傍にいるということだそう。 まだ満足してないらしい…

倒れてる象を見つけた時から今まで、一部始終を知り見届けた感じすらしてきました、ドラマです sign03

そろそろホテルに戻ります。    と、ボートは突然ゆっくりと葦原に近づいて…

Pa150854

そうっと指さす方を見ると、小さな鳥がいました。 ヤマセミ、でも教えたかったのはその左の小さな鳥。

なんと世界一小さなカワセミ(嘴の先まで入れても10cm位だったかな)。  

写るかどうかも分からず、パシャパシャシャッターをきってみました。

何とか写っていたのでトリミングしたのですが、もうボケボケですよね crying

Pa150855最後の御土産を頂いた気分でホテルへ dash

あららら、遠くに煙が見ます。

山ではないのですが、山火事。

厳しい乾燥状態なので、致し方ありません。

自然発生の火事は珍しくないそうですが、

最近は煙草のポイ捨てが原因の事が多いとか。

自然界において、一番困った動物が

人間であることは疑いなしですね。

Pa150856

チョベ川に日が落ち始めました。 

川岸の建物は、ナミビア側にある高級ホテル『チョベ ウォーター ヴィラズ』です。

ナミブ砂漠に行ったらここに立ち寄って… なぁ~んて夢を見ながら…

Pa150857「あっ、満月かな sign02

そうそう片見月になるところでした…

アレッ、十三夜は13日、いつの間にか済んでしまってます weep

でもまっ、一応アフリカから月に手を合わせます。

同じ月ですものね、誤差は時差ボケの所為と言う事にして、

神様の広い御心で許して頂く事にしましょう。

と、ポンポンと手を合わせ…

不思議そうなガイドさんに、「日本の伝統文化」と説明。

合ってるのかな?

国際交流は失敗だったかも… coldsweats01

ゲーム・ドライブ(いわゆるサファリドライブ)を満喫いたしました、勿論まだまだ見たりませんが…

今夜も昨夜と同じレストラン、ビュッフェ形式です。

Dsc_1969 Dsc_1970

Dsc_1971左上の写真、お皿の手前はインパラのお肉。

かたくてあまり美味しくはありませんでした。

そしてお蕎麦?の中に細切りで入っていたのは、

クーズーです。 こちらは美味しかったですよ。

いつものようにお野菜いっぱい摂って…

ボツワナ産のビールで食事が進みます。

このホテル、スイーツはいまいちなのですが、

このブルーチーズが凄く美味しいんです。

大ファンになって、朝昼夕、しっかり頂いてます、勿論グラスからこぼれそうなほどのワインと共に heart04

今日もいい日でした。  明日は再び移動日。  でも朝ゆっくりなのが嬉しい。

さぁ~て、今度は何と巡り合えるでしょうか sign02

« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【チョべ国立公園】(10月15日 partⅠ) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【チョべ国立公園】(10月16日) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

ありのままの自然界の姿ですね。
サファーリーパークではライオンが象を食べる姿は
絶対に見られませんものね。
残酷にも見えるシーンですが、動物たちも懸命に生きている。
食べなければ生きて行けないのですから。^^
真っ青な空に太陽の光、そこにシルエットで見える象の群れ
この写真も大好きです。^^
ワニもヒョウもライオンも怖いですが、でも動物は何でも大好きです^^
ラッキーで素敵な旅の日々。♪
続きも楽しみにしています。


ゲームドライブにカメラを持って行き ジープが巻き上げる砂でカメラがダメになった
と友人に言われたので 古いボロのカメラを持って行った チキンな私。

アフリカでは水滴が口に入っただけで 腹痛になるというのを信じて 
サファリでボートには乗りませんでした。

パンジー様のブログを拝見して いかに自分が「アホな奴」かわかりました。

ニャン様、『ダーウィンが来た❢』の世界を自分の目で見ました。
どちら側に立って見るかで、悲喜こもごも。
食うものも食われるものも、何れも己の生を全うせんがため…
「生きる」厳しさを痛切に感じた日々。
でもお気楽人間故に、「LUCKY❢」とスキップしながらです(笑)

shinmama様、私も本やインターネットの情報により、マスクにカメラの塵除去ブラシを持参。
でも他のジープと遭遇する事も少なく、全く無用でした。
水道水飲んでも大丈夫な国なので、水には危険を全く感じなかった…
というか、無知だったのか…
慎重なshinmama様から見たら、「私がアホな奴」ですよ、きっと。
今まで無事だったのが不思議なのかもしれません。
一人でウロウロしたいのなら、もう少し下調べして情報を整理しておくべきなんでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【チョべ国立公園】(10月15日 partⅠ) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【チョべ国立公園】(10月16日) »