2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ブルートレイン】(10月18日) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ケープタウン】(10月18日) »

2016年12月30日 (金)

ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【テーブルマウンテン】(10月18日)

本日午前中は風が強くって、テーブルマウンテンのロープウエイはストップしていたそうです。

お昼から動き始めると、一斉に観光客が押し寄せ、それは凄い人だったとの情報が入ってきました。

でももう夕刻でそのピークはとっくに過ぎ、なおかつまだ稼働中とのこと。

明日は御天気は回復してくるらしいのですが、風次第で停まってしまうロープウエイ。

「行ける時に行っとかなきゃダメ」とのことで、バスは急いでロープウエイ乗り場に向かいました。

強い風に、雲がテーブルから滑り落ちるように下りてくるその左手を、ロープウエイが行き来します。  

Pa180969 Pa180965

標高1087mで、3億5千万年前の海底が隆起し、更に浸食されて残った岩山だそう。

ロープウエイが、乗り場(標高302m)から1066mの地点まで764mを10分足らずで運んでくれます。

丸い鳥籠の様な椅子のないロープウエイは、床が360度回転するので、何処にポジションとってもok

大きなガラス窓の前にじっとしていても下の街並みも海も、山の雲もマウンテンの岩肌も見る事が出来ます。

ロープウエイ乗り場には人の列はなく、待つ人の列を整理するロープが虚しく遠くまで伸びてます scissors

Pa180979Pa180971あっけなく乗れてしまい、

乗り場は撮れずじまい。

眼下には街並、遠くには海。

そして岩肌には階段sign02

歩いて下りる方が、

小さく小さく見えます。

登れる?下りれる❢

「歩いてみたいsign03

迷う事はなさそうですが、

結構厳しそう、急です。

Pa181014Pa181013遠くに見える岩山の上の

突起物が、到着駅。

やがて吸い込まれて

いくかの如く…

じっとしていても、グルッと

周囲見渡せますが、

隙隙なので移動も可能。

上に到着間際に撮った

下の世界(ケープタウン

市街地)の景色です☟

Pa180987

ポコンととがった頭の山は、『ライオンズヘッド』、その向こうに見えるのが世界遺産の『ロベンアイランド』。

島の周りは潮の流れが速く、流刑地や隔離施設としてつかわれ、マンデラさんも18年間収監されてました。

右上海辺の白いドーナツ型の建物は、ケープタウンスタジアム(旧グリーンポイント)で、

[サッカーワールドカップ2010] の会場の一つでした。

テーブルマウンテンは、ケープタウン市街の背後、南側に壁の様にそびえています。

そして、この山全体が国立公園になっていて、いろんな種類の植物が生えているそうです。

ロープウエイ下り口にはお土産物屋さんやレストランがあり、冷たい風を避けるにはもってこいかも。

到着時はそう感じなかったのですが、凄く冷たい風、しかも強い。

迷わず、首にストール巻きつけ、山用のレインコート着用。  ダウン着用の方も大勢いました。

Pa180993☜ 上が南、先端が『喜望峰』です。

右下の小山が、先程の『ライオンズヘッド』。

ピカピカに光ってる辺りに、今私達はいます。

その左に伸びるのが『デビルズピーク』。

ピカピカから右上に伸びてるのが『12使徒ピーク』

これらに囲まれてる所が、ケープタウン市街地で、

『テーブルベイ』に向かって広がってます。

ホテルもこの湾に面してるそう。

Pa180999ロープウエイ下り口の標高は1066m。

そして最高点のビーコン(1087m)とたった20mの差。

それだけまっ平ら、でも3kmもあるんですよ。

☜ その平らな部分のハイキングコース紹介。

一番下の下の■(ロープウエイ乗降場)から、

一番短いDASSIE WALK(15分コース)、AGUAMA

WALK(30分)、KLIPSPRINGER WALK(45分)の3種。

個人的には45分コース希望ですが、とてつもなく寒いsign03

南極から吹き付ける冷たい風に萎える気持ちと見たいという好奇心の葛藤の末、30分コースを選択 coldsweats01

Pa180991☜まずは上から見た、雲に煙る『デビルスピーク』

ここには面白い言い伝えがあります。

元海賊ハンクスはヘビースモーカーで、このピークに

登ってパイプで煙をくゆらせるのを日課としてたそうな。

ある日、悪魔と出会い、煙草吸い競争をする事に。

激しいバトルの末、ハンクスが勝ったそう。

その時の煙が、この白い雲だというのです。

ということは、皆、受動喫煙 sign02

展望のいい場所に近づくと、強い冷たい南風に煽られます、手袋も取り出して…

いろんな植物の説明をして下さいましたが、メモをとる事が出来ず、映像的にもとても地味で… coldsweats02

グルッと反対側に行きます。

見えるのは12使徒ピーク(実際は18あるそうです)ですが、雲の中…  晴れてきたsign02

Pa180997 Pa180998

☟ 下に見える街は、高級住宅地、良い浜辺が広がり、有名人もここにセカンドハウスを持ってるらしい。 

Pa181004

『クリフトンビーチ』と言って、岩で1~4にわかれてるそうです。

何処でもそうですが高級住宅は山の方、それで個人のケーブルカーを設置し、浜辺に行かれるそうです。

Pa181003_2なるほどね…

こんな高い所からでも、綺麗な水の色が窺えます。

Pa181005

ほんと、素敵です。

ここでは冷たい風が吹きまくってますが、

下はこの山に阻まれ、穏やかで爽やか…

今日は曇ってるのでそんな実感が薄いのですが…

でもこんな日にしか見られない現象があります。    それが、『テーブルクロス』sign03

テーブルマウンテンから滑り落ちる白い雲が作る幻想的な光景ですが、下からでないと見られません。

Pa181020

☝ かろうじて撮れたロープウエイからの景色です。 もっともっと下の方まで白い雲が伸びるのですが…

す~っと、クロスを引っ張ってみたいものです(笑)

下まで降りてしまうと、今度は建物や電線で…

しっかり目に焼き付けて帰るしかなさそうです coldsweats02  

« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ブルートレイン】(10月18日) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ケープタウン】(10月18日) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

テーブルマウンテンも 訪れる時期や天気によってずいぶん印象が異なるものですね。
本当に びっくりしました。
幻想的で素敵!!

しかも 私は英語でのガイドでしたので、いい加減に聞いていたことを 
パンジー様のブログで そういうことだったのかと納得しました。
ありがたいことです。

shinmama様にそう言って頂けると、凄くうれしいです。
私の場合、日本語のガイドでも、右から左の事が多いののですが…(笑)
明くる日は天気予報通り良い御天気で、青い空のテーブルマウンテンを見ました。
きっと上からだとくっきり下界が見渡せた事でしょう。
でもテーブルクロスは、この日だけでしたscissors
年を越しそうなブログにお付き合い頂きありがとうございます。
もし興味が尽きませんでしたら、今後ともよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ブルートレイン】(10月18日) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ケープタウン】(10月18日) »