2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ワイナリー】(10月19日partⅡ) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ドイカ―島】(10月20日partⅠ) »

2017年1月 5日 (木)

ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ケープタウン】(10月19日partⅢ)

暖かな日差しとほろ酔い気分で、うつらうつらしてる間にホテルに到着。

Pa201422酔ってますが、慌ててカメラを出して…

取り損ねてるホテル正面の写真です。

ホテル入口から、このガードマンのいる門まで、

結構距離あります。

全景撮ろうと外にでて更に離れるのは危険?

なので、ガラス窓越しで申し訳ありません。

大きな立派なホテルです。

ホテル右裏側にショッピングモールが伸びてます。

4時頃、一旦部屋に戻り、荷物を置いて…

Dsc_2004この後、希望者を、ガイドさんや添乗員さんが、

隣接のウォーターフロントショッピングモールに

案内して下さいます。   勿論参加。

ロビーに集合。

人の少ないうちにcamera

ここで朝食召しあがってる方いらっしゃるのですが、

私達の朝食レストランは左奥です。

そして右奥は、明日ディナーに行くレストラン。

結局、モール散策に、殆どの人が参加。   皆さん、そろそろお土産の準備の様です。

途中小さいけれど素敵なチョコレートショップを見つけました。

動物の写真がパッケージの一口板チョコは御土産によさそうsign01と、立ち止まると、皆も一斉に dash

2,3パックで事足る私は、早々に退散。   皆さま10とか15とか… 大変‼

落ち着いて拝見してると、ガラスケースの中のトリュフが美味しそう。  「ひとつでもいい」とのこと。

南アフリカに来てまだ口にしてない名物リキュール“AMARULA(アマルーラ)”入りを見つけました。

早速一つ頂いて、口にしました、美味しいheart04   これ持って帰りたい❢

でも残念なことに、持ち帰るまでの保存状態に問題があり、「日本までは無理」と拒絶されました。

で、ホテルでゆっくり味わいたいので、もう一つお買い上げ…  当然、私用です(笑)

お店の写真を撮りたかったのですが、狭い小さなお店にツアー仲間がお買い物に余念なし故、断念。

ルイボスティーを御土産に考えてらっしゃる方が多いようなので、スーパーに向かいました。

Dsc_2012 Dsc_2011

Dsc_2008

主人は興味ゼロですが、主婦にはスーパーは宝箱。

でも都会のせいか、安心安全なスーパーだからか、

とりたてて面白いものは見つけられませんでした。

た~くさん並ぶルイボスティーには驚きです sign03

品数が多く、選ぶのが大変。

ガイドさんお薦め商品に皆が群がっておりました(笑)

日本のネスカフェは絶大な人気の様で、特大サイズも。

お野菜も多少姿形が違うくらいで、あまり変わりません。

アフリカとなると、日本からは地の果ての様に思いますが、ケープタウンに関しては西欧です。

突然、「御土産を買う」と主人が言いだしたので、一緒にウロウロ。  南アフリカ産の蜂蜜を選びました。

Dsc_2013その後、解散し、各自自由行動。

総じて、アフリカ土産のお店が多い。

木彫りの動物や、アフリカカラーのスカーフ etc

面白いアクセサリーもあり、娘に一つゲット。

モダンなインテリアを扱うお店も。

食指が動きましたが、冷静に我家を思い起こし、

更に帰りの荷物を考えて、断念。

年中毎日クリスマスのお店を覗いて…

再び部屋に戻り、今度は夕食のためにロビー集合。

先程のモール内にあるレストラン『BAIA(バイア)』に向かいました。

Img_20170103_174948港の見えるロケーションバッチリのレストラン。

お客様が多いので、店内の写真は撮れません。

海をイメージしてるのか、青い照明のお店。

で、シーフードスープですが、色が悪く写って…

一生懸命加工してみましたが、ここまで。

美味しそうに見えないのが残念です。

メインはロブスター。

馬鹿でかいだけで、あまり美味しくありません。

Img_20170103_175149 Dsc_2016

デザートはチーズケーキ、これは美味しかった。  

そそくさとレストランを後に部屋に戻り、個人的に、夕方買っておいたトリュフでディナーの締め lovely

Pa191195そして今日まで色々ちびちび買った御土産を camera

奥の白いラベルの瓶が、ワイン、その隣が蜂蜜。

ペンギンさんは、主人用のキャンディー缶です。

喉が乾燥すると言って、私持参の喉飴完食 coldsweats02

動物の写真で包まれた御土産用チョコ(これも美味)

チョベで買った子供用サファリ案内の本。

再び左から、象さんは、自分で色を塗って仕上げ、

世界に一枚のT-シャツに。 孫用をGET

どんな風にするか、今から楽しみです heart04

そしてワインに合うというチョコレート4種、娘へのプレゼントに見つけたネックレス、そして私用トリュフ。

あっ、主人がヘリコプター乗り場で帽子を買いましたっけsign02

でもこの程度なら、帰りの荷物は大丈夫、安心して荷造りもできます。

となると、もうちょっとワインを買ってくればよかった、めちゃくちゃ安かったのに、美味しかったのに…

そんな後悔もありますが、美味しいチョコとコーヒーで、今日も気持ちよく寝られそうです。

« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ワイナリー】(10月19日partⅡ) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ドイカ―島】(10月20日partⅠ) »

旅行」カテゴリの記事

コメント


アフリカだから、こじゃれたものなどないだろう 思っていたら
店員さんは流ちょうな英語を話しますし、
世界中の食材があり、レストランでは 親子どんぶりまであったことを思い出します。

ガイドさんの話では アフリカでも この辺りは 世界からビジネスマンが集まり、
商談をするので 駐在員も多いのだとか、
地元の人が買うわけではない(当然でしょうが)、外貨を稼ぐための手段 ということでした。

観光客には 便利なショッピングモールですが あまりに規模が大きくて、値段もそれほど安くはなく、
これで経営がやっていけるのかと心配しました。(いらん お世話)

外貨を落として帰る、、、ということを意識する観光地は少ないですが、
南アフリカの貧困層の住宅を見たあとだと その気になりますね。
パンジー様も しっかりお土産をお買いになったので 貢献されたのでは?

shinmama様、私の友の息子さんが南アフリカにいらしてた事があったので、
余程のところに出て行きさえしなければ、ヨーロッパだという事は聞いてました。
とりわけここケープタウンはその色濃いですね。
ショッピングモールもその界隈に住む方に合わせた品揃えでお値段も…だそうです。
ですから貧しい方が住んでる地域のスーパーに行けば、同じ物でももっと安いそう。
安全を考えると、とてもフラッとはいけませんよね。
私達観光客が安心して行ける所は、少しおハイソな白人系がお買い物に来る所。
となれば、安くはないし、ある物もヨーロッパ系になってしまいます。
お陰で、お洒落でなかなかの品質の物を目にする事は出来ます。
外貨を落として帰るというほどの買い物はしてませんが、ワインを買い占めても良かった…
スーパーのワインもとても安かった…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ワイナリー】(10月19日partⅡ) | トップページ | ブルートレインとビクトリアの滝・喜望峰13 【ドイカ―島】(10月20日partⅠ) »