2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ナパ・バレーへ(12月17日午前の部) | トップページ | サン・ノゼへ(12月18日) »

2017年2月15日 (水)

ナパ・バレーへ(12月17日午後の部)

お弁当を広げるのにいい河原の公園が、ナパ・バレーの街にあるそうで、車で戻ります。

ここにも大きなクリスマスツリー。  

Pc181596_2

Pc181580_2Napa River に面した公園『Veterans Park』

観光客が訪れる様な公園ではありません。

少し風が冷たく、お尻の下のコンクリートが冷たい…

でも日差しが気持ちよく、のんびりできます。

写真左手(写ってません)のオープンカフェ?で、

若者たちが何かのイベントで盛り上がってます。

そんな声を耳にしながら、お弁当を頂きます。

どこにでもある平和な光景でした。

と、仲良く現れた老夫婦(?)  何やらごそごそ…・・・・・???   う~んup  ドロ~ン???

Pc181588

Pc181582_2Pc181585

初生ドロ~ンです。 まだ慣れてないようで、説明書見ながら、ごそごそ…

そしてパソコン出してきて、こちょこちょ…  で漸く、飛行開始、上昇、ホバリング…  

慌ててカメラ出して…   「凄~い❢」  ちょっと感動した田舎者です(笑)

ところでここには、[ナパ・バレーの葡萄畑の中を走るワイントレインに乗る]という楽しみ方もあります。

葡萄畑の中を走るレトロな車両で、ワインを頂きながらランチやディナーができるのです。

今回は葉っぱのない時期なので見送りましたが、「次回は…」と秘かに狙いを定めております。

Pc181595_2で、この近くのインフォメーションセンターで情報収集することに。

途中にも大きなクリスマスツリー、そしてサンタさん❢

「撮って撮って」の孫ですが、サンタさんは怖い…???

パパに抱っこされて、サンタさんに背を向けて…

(持ってきていたアシカのぬいぐるみを忘れて帰ってしまいました crying

ところで、インフォメーションセンターのおば様の英語は速すぎて…

「ランチがお薦めよ、景色が楽しめるから。 で、何日?」

即予約をとりそうな勢いに圧倒されました(笑)

「5月かな?」「ここに電話してね」「はぁ~い(ココロノコエ*英語では無理❢)」

ここにはいろんな面白いお洒落な物があり、今回買う物はなかったですが、見るだけでも楽しかったです。

ではでは、ワインテイスティング第二弾に戻ります。

先程の『Opus One』の前を通り過ぎてすぐの所にある『Robert Mondavi Winery』に行きます。

Pc181598ここは、ナパ・バレーのリーダー的存在だそうで、

午前のオーパス・ワンも、このロバート・モンダヴィと

フランスのシャトー・ムートン・ロートシルトが

ジョイントして作った赤ワインです。

今度はたくさんのお客さんがいるようで、

ちょっと気楽に入れます。

入口のカウンターで今日のリストを拝見。

白3種、ロゼ、赤3種、デザートワインの8種類。

この中から好みのワインを4杯頂いて、$20 です。  

Pc181600私が選んだのは左の写真の4種。

左は、マスカット100%の甘いデザートワインで、

2014Mascato D'oro

これなら娘も呑めるそうです。

2014Carnero Pinot Noir  100%ピノ・ノワール

2015Napa Valley Rose  辛口です。

右端は、2013Chardoney unoaked で、

94%シャルドネ、6%ソーヴィニヨン

婿殿は、許されてるグラス1杯をオーパスワンで使ってしまったので、ここでは呑めません coldsweats02

なので、甘~いワインをちびちびなめてる娘の横で、バァ~バは一人豪快に(?)全部呑みほしました。

どれも美味しかったです、午前中に頂いたワインと比べてもさして見劣りすることないと思いましたが…

もっと温かい日なら私もテラスに出ますが、今日は、日本人の私には少し涼しい気がします。

Pc181603 Pc181606

テイスティングの部屋から、ぶどう畑の横を通り、芝生を横断して、ショップに向かいました。

Pc181608_2 Pc181611

やはりクリスマスxmas  この時期ですものね、パーティー向けのお洒落なグッズも取りそろえられてます。

Pc181607

Dsc_2213_2Dsc_2214_21本娘に、甘いワインを。

☜ 我家用にはこちらを。

50周年記念の「マエストロ

リミティッド・エディッション13」

一目でボトルが気にいって、

勇気を振り絞って質問 coldsweats02

メルロ、カベルネ・フラン、

プティ・ヴェルド、マルべック、

カベルネ・ソーヴィニヨンで

作られた少し重めのワイン。

(なかなか美味しいワインでした、もう少し買って帰ればよかった…   後悔しても遅い…weep

なにはともあれ、これで行きたい処を全て制覇した気分。 (全然何も考えて来てなかったのですけどね…)

家に向かって車を走らせる前に、眠気覚ましのコーヒーを買いにスターバックスに立ち寄りました。

え~up  正面にワインボトルが飾られてます、流石ナパ・バレー、コーヒー店のディスプレイもワイン❢

と、思いきや、ここでワインを頂けるようですsign01      奥を覗くと、壁面に一杯ワインボトルが… sign03

Dsc_2199 Dsc_2200

感動してると、婿殿が「東京にもありますよ」と。  知りませんでした。

でもビールでないところが、ナパですね、しかもワインの品揃えも豊富そうです。

サンフランシスコ市街は混みあうこと間違いないので、行きとは違う道を走って帰る事にしました。

婿殿も初めての道で、興味津々。  でも日が落ちはじめてしまいました。 

Pc181614

今日もたくさん遊びました、お天気に恵まれたいい一日でした lovely

« ナパ・バレーへ(12月17日午前の部) | トップページ | サン・ノゼへ(12月18日) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 カリフォルニアの青い空!
 快晴ですね!
 広~いブドウ畑でのびのび育ったブドウからできたワインは
 なんだかおおらかな味がしそうです(笑)
 何年前だったか忘れましたが、かなり前、
 ツレアイがカリフォルニアに出張に行き、
 向こうに出向していた会社の人にワイナリーに連れて行ってもらい、
 そのひとが詳しくて、勧めてくれたワインを
 赤、白取り混ぜて、木箱のようなケースに詰めて10数本買ってきたことを思い出しました。
 たしか、後日送られてきたような・・・
 そのときはワイナリーもなにも、全く知らない世界だったので、なにひとつ覚えていないのですが・・・
 その後も何度か行っているのですが、
 ワインを買って帰ってきたのは後にも先にもそのときだけ。
 また行かないかなあ・・・
 
 

 

うつきよう様、羨ましい限りです❢
いつでもそうなのですが、「何故もっと買って帰らなかったの?」です。
ナパのワインはそれ相応のお値段ですが、南アフリカのワインが今でも口惜しい(笑)
ワイン通のアドバイスがあれば、値打ちありますよね。
スーパーのカルフォルニアワインでも美味しかったのですから…
いざ買うとなると、お値段とお味のバランスが気になります。
全てがテイスティングの対象ではないですし、アドバイザーの必要性大です。
本当に羨ましいこと❢
御主人様が再びカルフォルニアに行かれます事を、そして美味しいワインを御土産に、
そんな事がありますよう、お祈りいたします。
そしてその時には情報提供、お願いたします

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ナパ・バレーへ(12月17日午前の部) | トップページ | サン・ノゼへ(12月18日) »