2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« アオジ (3月8日) | トップページ | クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月13日partⅡ) »

2017年3月28日 (火)

クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月13日partⅠ)

2015年秋、新聞に「クイーンエリザベスが初の日本発着クルーズを企画」という記事を見つけました。

一度は乗ってみたいと思っていた船です、日本発着ならば楽チン❢

たまたまJTBに行く用があったので、このクルーズのお取り扱いあるや否やと…

まだ発売前でしたが、とりあえず希望の部屋(バスルーム付)を伝え、申し込みました。

蓋を開けると、乗船はできましたが、部屋の希望は叶わず、キャンセル待ちしましたが、時間切れ。

世界一周グループなど海外スタートメンバーやリピーターでいっぱいになってしまうのでしょうね。

ちょっと残念ですが、「たかだか一週間」と割り切り、憧れのクイーンエリザベスに乗る事にしました。

事前に荷物は送ってあるので、当日は身軽な格好で、神戸港に向かいます。

P3131659港は、三宮駅からポートライナーに乗ればすぐ。

でも大きなQEの全身を見たいので、

まずは神戸市役所に向かいました。

お馴染みの花時計の前を通り過ぎ…

一番海側の1号館に入ってエレベーターに。

24階に、展望ロビーがあります。

ここは無料なんですよ❢

高さは約100mと聞いてます。

レストランや喫茶もありました。

窓ガラス越し・曇り空と、条件は良くありませんが、肉眼でははっきりくっきり見る事ができました。

P3131660

赤い橋の左手前、QEに並ぶようにポートライナーが停まってました。  本当に駅の目の前です。

満足して、最寄りの駅からポートライナーに乗車し、ポートターミナル駅へ。

ポートライナーからも巨大な船の姿が良く見え、スマホで撮影する方も。

拍子抜けするほど順調に手続終了、乗船…ですが、その前にQEを眺めに送迎デッキに向かいました。

長~い長いデッキの先っちょまで行ってみましたが、やはり上からの方が良く見えますね。

P3131668 P3131666

大勢の方がカメラを向けてます。  私も負けじと洋上の貴婦人QEの顔を camera   

ホール近くまで戻ると、スーツケースを搬入しているのが見えました。  私達のはもう積まれたかな?

P3131671 P3131672

そして塗装工事にも余念がありません、潮風に晒されっぱなしですものね、錆びちゃうといけません。

少し優越感感じながら、送迎デッキからセキュリティチェックに向かいます。

そして乗船、入り口で赤いスーツのスタッフの方との記念撮影に応じ、デッキ8の部屋に向かいました。

スーツケースはすぐに届けられ、早速荷物整理に❢

部屋は少し狭く感じましたが、クローゼットやベッドサイドの引き出し、机で充分収納できました。

P3131674 P3131675

P3131676一段落し、バルコニーから外を見ると、

送迎の方、写真撮影の方、大勢いらっしゃいました。

ちょっと気恥ずかしいので、カーテン越しに

外を眺めながら、ウエルカムスパークリングで乾杯heart04

今日の船内新聞に目を通します。

夕食は8時半からなので、まずは遅い昼食を頂きに

デッキ9にあるビュッフェ形式の『Lido』へ。

そうそう、『The Verandah』の予約しなきゃ❢

☟デッキ2にあるフレンチのレストランです。  運よく、明日の夜7時に予約できました scissors    

P3131678 P3131677

営業時間外なので、遠慮なく中の写真も撮れました (*^^)v  ☝

5時前の避難訓練まで、まだ時間があります。   船内地図を片手に、船内探検に出発sign03

P3131701_2ザ・ヴェランダの前は、三階吹き抜け『グランドロビー』

初代QEをモデルにした寄木細工の壁画は圧巻です。

作者リンリー子爵は、英国女王エリザベスⅡ世の甥。

勿論高く評価されてる寄木細工の作家さんです。

P3131691

この踊り場に立って壁画をバックに写真を撮るために、プロカメラマンが待機 coldsweats02

P3131702_2デッキ1に降りて見上げました。  

花の上に見えるのが、先程のザ・ヴェランダです。

ハープが演奏されてます。

ソファに座り暫し心安らかに…

このデッキ1には『パーサーズオフィス』があり、困った事があればここへ… 

最初は、室内の金庫が作動しなかったので…

その後、落し物や、ルームキーがおかしくなった時、葉書出したり…

本当に、何度も御世話になりましたcoldsweats01

ザ・ヴェランダのお隣にある『Library』☟   日本語の本も用意されてます。

P3131679 P3131680

中央の螺旋階段で上(デッキ 3)へ。  ここも、とても船内とは思えない意匠です。

P3131681 P3131682

そしてこちらにはパソコンも並んでました。

☟あまり関係なさそうなショッピングモール『ロイヤルアーケード』を通過し、再び階段を下りてデッキ2へ。

P3131694 P3131693  

階段にある時計は、ビッグベンの時計を手掛けたデント社の特注品☝

左手にチラッと見えてるのは『カジノ』ですが、とっても小規模。

ラグジュアリー層の多いこの船ではニーズが少なく、最近縮小したそうです。

P3131692階段右手には、英国風パブ『Golden Lion』

フィッシュ&チップス等が頂けるそうです。

ここにも一回は来たいな❢

午後のひと時をお過ごしの方のお邪魔せぬよう、

覗くだけで退散致します。

中央に戻りかけると、御土産に手頃なQEグッズを

売ってるお店がありましたが、港についてる間はお休み。

再びデッキ3に戻り、図書室のお向かいへ。

P3131695吹き抜けを挟んだこちら側は、『Midships Bar』

ヴ―ヴクリコのシャンパンがたくさん飾られてます。

キュナードのオフィシャルシャンパンです。

クルーズの期間中に、一回ぐらいは呑みたいわぁ~sign01

いえ、飲みますheart04 こんな時でないとsign03

そろそろ避難訓練の時刻です。

集合場所はこの辺りのはずですが、

部屋まで救命胴衣を取りに行かねばなりません。

いつものように、訓練用の合図を聞いて、説明を受け、実際装備してみて…

一連の訓練を終了したら、後は夕食まで自由です。

部屋に戻り、読みかけの本を読む事にします、まだ先は長いですから… happy01

« アオジ (3月8日) | トップページ | クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月13日partⅡ) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

初めて乗船されたとは とても思えない知識量です。
勉強されたのでしょうね。
さすがです。

いやぁ~、照れますなぁ~、shinmama様。
これも全て、shinmama様のクルーズ紀行を拝読したおかげです。
心より御礼申し上げます。
そして今後ともよろしくご指導願います 

うあ~、豪華ですね。思わず溜息が・・・。
私もゆったりクルーズしたくなりました。
10数年前、オーストラリア人とハワイで知り合い数年後、QE2で再会。
その時に船内を案内して貰いましたが、ずいぶん前のことゆえ記憶が薄らいでいて・・・。
拝見していて感激が蘇ってきました。

みやび様、この船は三代目のQEなので、少し昔とは違うかもしれませんね。
それでも懐かしい感動を思い出すお手伝いになれば嬉しいです。
きらびやかさはないのですが、木を感じる設えに落ち着きと重厚感があふれます。
「さすがイギリス」と、よくイギリスを知らない私でも思ってしまう空間でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アオジ (3月8日) | トップページ | クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月13日partⅡ) »