« 今年のバレンタイン | トップページ | 2016年下半期ケーキ懺悔 »

2017年3月 9日 (木)

贅沢三昧?

こんな物を見つけてしまいました。

たかがポッキーですが…      

Dsc_2269_3シャンパン風味heart04

贅沢感あふれる金色パッケージsign03

感動して買いました。

いつか何かの折にブログアップしようと、

写真も撮りました。

そしてもたもたしてる間に、

近くのスーパーの棚で見つけました。

なんだかすっごく Shockでしたcoldsweats02

Dsc_2412そしてホワイトベリーのタルト heart04

一つ1500円に、一瞬躊躇sweat01

友と目を見合わせ、頷いて…

「家族分は買えないけど、一つなら」と決意。

白いイチゴも、お味は普通のイチゴと大差なく、

酸味のない甘さで、中も白かったです。

実は、先日テレビでこの白いイチゴの特集をしていたので、余計に気になっていたのです。

「ここで出会ったのは、御縁sign03」と、誰かに背中押された気分でした。

「色が白いので熟してる時期が分かり辛い…どうやって判断するか」そんな事をレポーターが言ってました。

種の色で見分けるそうです、写真のイチゴの種は赤い…これは熟してる証拠(若いイチゴの種は緑色)。

そんなまだ湯気が出てる蘊蓄を、友に披露して、ちょっと嬉しかった私です(笑)

最近、都会の果物屋さんには、赤・ピンク・白のイチゴ三点セットもあるそうです。

でも美味しい隠れイチゴ産地奈良県民としましては、近所のおばちゃんちの畑のイチゴが絶品です lovely

そのおばちゃんも年には勝てず、数年前には畑が宅地に変わってしまいました。

バケツ持って取りに行っていた頃が懐かしく思いだされます。

« 今年のバレンタイン | トップページ | 2016年下半期ケーキ懺悔 »

美味礼讃?」カテゴリの記事

コメント

 私もテレビでしか見ていませんが、
 白いイチゴ、イチゴの味しかしなくても食べてみたい、その前に見てみたい。
 まず、田舎じゃお目にかかれないだろうなあ・・・
 都会の3点セット、高いだろうなあ・・・
 奈良もイチゴ産地なんですね。
 知りませんでした  

うつきよう様、奈良って商売下手なんだと思うんです。
最近は頑張って「やまとやさい」とか「奈良晒」とかで、頑張ってますが…
まぁ、そのお陰で、古い物が古いまま残ってるのですから、
この県民性も捨てたものではありません。
奈良も苺の名産地だったのですが、遠くに商売しないものですから埋もれてしまいました。
そんな話を、舅・姑、近所のおばちゃんたちから聞いてます。
「それではいけない」と若者たちが頑張り始めたらしく、【あすかルビー】に続き、
今は【古都華(ことか)】を売り出し中です。
勿論白いイチゴ【パールホワイト】も奈良の秘密兵器。
そしてブドウも美味しいんですよ、小さなブドウ農園がちょこちょこあります。
無花果も、東京の有名レストランが買い付けに来るそうです。
どこも家族だけでやってるような小さな所なので、内輪で消化してしまうのかな?
県民にはありがたいのですが…(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年のバレンタイン | トップページ | 2016年下半期ケーキ懺悔 »