2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 高取町「町家のひなめぐり」(3月30日)前半 | トップページ | 高取町「町家のひなめぐり」(3月30日)付録 »

2017年4月30日 (日)

高取町「町家のひなめぐり」(3月30日)後半

『町屋カフェのこのこ』は、米蔵を改造した建物を利用してます。

P3302176_2 P3302177_2

ここでもお内裏様が、静かに微笑んでらっしゃいました(55番)

お客様が一杯でしたが、隙を見て奥☟の方と、入り口側☟を撮影できました。

P3302179 P3302182

昔の農家の道具がいい感じに展示されてます。

主人は“唐揚げ定食” 私は折角ですから“ひな巡り特製のこのこ弁当”を頂きました。

P3302180_2 P3302181_2

P3302183_2なんてことはない定食です、お味はそれなりで…

「あすかの古代米」や「あすかルビー」を使った

イチゴゼリーに、奈良を感じた程度です。

もう少し地産地消的な特徴をだすか、

お雛様のイメージしてると嬉しいのに…

感じのいいお店だけに、今後に期待します。

奥のカウンターでお支払いし、その横手から外へ。

ここにもお雛様が飾られてました。

メイン会場『雛の里親館』は、このすぐお隣です。  ジャァ~ンheart04 『天段の雛』(52番)

P3302184

吹き抜け二階はある高い天井に届かんばかりに飾られたお雛様たちです。

左右は京風のお雛様、中央が関東式です。  ここでいろんなお話を拝聴し、賢くなりました(笑)

右手にも伊豆稲取発祥のつるし雛などが飾られてます。

P3302187 P3302185

P3302188 P3302189

広い建物、おそらくは米蔵、一杯に飾られたお雛様は圧巻です、話には聞いてましたが想像以上でした。

☟49番のお雛様。 そして下土佐ふれあい広場のミニジャンボ雛&お雛様(37番)☟

P3302190 P3302194

P3302196☜ お雛様の掛け軸です。

床の間に飾るとき、こんな風にすれば素敵ですよね。

残念ながら、お雛様のお軸の持ち合わせありませんが…

P3302198

こんなメイド姿の三人官女さんも(29番)☝

ここは喫茶店なのです。

中にお座りの方が写らないように camera

P3302201超古そうな建物を覗くと、現役の医院。

平日ゆえ、診察の方がお待ちで、

あまりパチパチ撮れず…coldsweats02

P3302202
あまりに大きくって全容も撮れず…

『下屋敷門』()なんだそう。

この石川医院って、奈良では有名な皮膚科なんですよ。

昔からの奈良ではのお薬もお使いで、アトピーでお悩みのお子様連れて通っていた友もいましたっけ。

すぐ近くには『壷坂漢方堂薬局』があるんです、そしてそちらのお雛様が下左の写真で21番。

雛飾りの前には、陀羅尼助丸、しょうが湯、本葛などが並べられてます。

P3302203 P3302206

そしてジャンボ雛(17番)は、駅近くの公園に立ってました。  高さ5mです。

主人はもう限界のようなので、先には行かず駅へ、駐車場に向かいました。

土佐街道には、数少なくなってきたとはいえ、連子格子や虫籠窓の家並みが残ってます。

人が少ない時期に来たならそれもご紹介できそうですが、ある意味何もない町です。

そんな町をゆっくりプラット歩いてみる心の余裕はまだありません。

欲張りなことばかりを考えております(笑)

« 高取町「町家のひなめぐり」(3月30日)前半 | トップページ | 高取町「町家のひなめぐり」(3月30日)付録 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

高取「町家のひなめぐり」いいですねぇ~♪
行ってみたいので、忘れないうちにメモさせていただきました。^^
特に「天段の雛」は凄い!!こんな高い雛段は見たことがありません。
クィーンエリザベスでの船旅も良いですね。
皆さんがクルーズ旅を何度もされるのがわかるような気がします。
限られた船という空間ではあるけれど、楽しみ方も人の数だけあるんでしょうね。
日本三大がっかり!第1位!さすが「はりまや橋」^^;
はじめてこの橋を見たのは高校生の時。はい。とてもがっかりでしたが
友達とがっかり=笑い。箸が転んでもおかしい年頃ですから「笑」でした。
でも、次に見たときは これはこれで味わいがあると思えたから不思議でした。^^

ニャン様、早速のメモ、ありがとうございます(笑)
旅先で見つける「ワォ~❢」や「ガックリdown」に一喜一憂。
どちらも旅のいい思い出に変わるのが、楽しいですね。
クルーズは、主人との丁度いい距離感が保てて、私的には気楽ですcoldsweats01
観光を主目的にするには、時間的束縛は免れませんが…
ただ船上では、車を運転できませんものね、ご主人様には残念かしらsign02

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高取町「町家のひなめぐり」(3月30日)前半 | トップページ | 高取町「町家のひなめぐり」(3月30日)付録 »