2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月15日partⅢ) | トップページ | クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月16日partⅡ) »

2017年4月 9日 (日)

クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月16日partⅠ)

いよいよ韓国、私にとっては初 KOREAsign01

国際クルーズターミナルは、影島にあり、まだタクシーの運転手さんも知らないほど新しいそう。

P3161837 P3161839_2

早目に朝食を済ませ、まずは入国審査の列に並びます。

並ぶこと約二時間、何でこんなに時間がかかるのか分かりません… でも旅行会社の方の想定内sign02

実際の入国審査は、パスポート見せて、チラッと顔見られただけ… あっけないほど簡単。

なのに、なのに…なのです。

船の外は、コンテナが所狭しとビルほど山積みされており、全くもってクルーズターミナルとは思えません。

既に1時間遅れです、急いでバスに乗り、人数確認後出発 bus dash dash

コンテナの間を縫うようにして、釜山市街地へ向かいます。

P3161840 P3161842

驚くほどの高層ビルの建築ラッシュとモダンなビル群に、私の釜山のイメージが一瞬にして消え去りました。

P3161845それでも慶州に向かって北上するにつれ、

日本の田舎町のような雰囲気に…。

あのビル群が嘘のような平屋ばかり。

そして崩れかけたような瓦屋根が多い気がしました。

ガイドさんによると、あの高層ビルの殆どがマンション。

「そんなに住む人いるの?」というのが正直な話。

建築することで、経済効果を挙げてるそうですが、

必要ない物作ってるのでは、いつかは破綻しますよね。

しつこいようですが、全てが1時間遅れゆえ、もうお昼の時刻が過ぎてしまってます。

なので急遽昼食を先にすることになりました。  

色んな遺跡、墳墓のある地域を走ります、『国立慶州博物館』の傍を通り、川沿いに。

P3161846橋を復元させてるようです、『月精橋』

約1250年前、新羅全盛期に建造された橋で、

王宮だった月城と南山を結んでいたそうです。

礎石だけしか残ってなく、記録もなく、

瓦などの発掘物から、姿を推定するのみ。

それなのに復元…に、賛否両論。

この辺り一帯、慶州歴史遺跡月城地区、

やはり観光のために必要なのでしょうか?

P3161860橋を渡って、「○○村」みたいなところに入り、

その一角にある『瑶石宮(ヨソックン)』へ。

29代王の娘瑶石宮王女が住んでいたところを

改造してレストランに使ってるそうです。

朝鮮王朝時代から続く崔(チェ)家の、

伝統家庭料理を、その子孫が披露。

単品以外の韓国料理を食べたことない私には、

興味津々です。

塀の中に入ると、大きな松がお出迎え。  小さな門をくぐると、奥にも大きな松が見えました。

P3161859 P3161858

この母屋?の前の庭を抜けてさらに奥へ。  「うっひょ~」と思いつつも奥へ…

P3161857 P3161856

左手に気になる入り口を見つけ、覗くと…  王女様は、この奥の間にいらしたのでしょうか?

P3161855 P3161854

このすぐ左手に竈を見つけました。  やはり日本のとはちょっと違う、でも同じアジアを感じる景色です。

私たちのお食事どころは、団体さん対応 ok の新しいお部屋でした、残念。

P3161852

いろんなお料理が既に並べられておりました。  このほかにも、蛸のピリ辛煮やお野菜の炒め物等々…

4人分づつ出されます、とても写真なんか撮ってる場合ではありません。

あまりキムチが好きではない私、焼肉もポン酢や塩で頂く派としては、韓国料理に苦手意識がありました。

でも美味しかったわぁ~heart04   とりわけ蛸のピリ辛料理、はまってしまいました。

小皿のお料理は、薬味かと思いきや、鱈の干したもの、韓国風ピクルス、韓国のへしこといったもので、

ご飯と一緒に頂くと、ほかのお料理がいらないほど進んでしまいます coldsweats02

朝からず~っと、「1時間遅れ」を耳にしてるせいか、なんとなくお食事も早くすすみ、添乗員さんもビックリ。

最後に「シッケ」という、甘い飲み物を頂きました。 韓国風お汁粉といったところでしょうか?

今日のはかぼちゃで作ったシッケだそうです(写真はありません)。

改めて、この韓国家をあちこち覗いて回り、バスに戻ります。

今度はすぐ近くにある『大陵園』、いわゆる古墳を見に行きます。

P3161862 P3161863

鬱蒼とした木々に埋もれた日本の古墳と違って、芝生で覆われた小さな丘のようです。

P3161875案内図下のほうにある△から入りました。

②③④⑤が墳墓。 右上の写真左が古墳②

右手のほうに行くと、目的の③『天馬塚』

P3161871名前の由来は、この天馬の絵 up

P3161872この古墳が誰のかまだ分かってませんが、

出土品からかなり高貴な方と推察されてます。

なので、今は「塚」と記されますが、

もし王様のものとなったら、「廟」に格上げです。

でもなぜ盗掘されなかったか…

不思議です。

ガイドさんが、「無理なのよ」と笑って応えます。  

中を拝見して納得いたしました。

P3161869← このとおり。

ぎっしり石で埋め尽くされていたのです。

穴掘って中の部屋に…なんてことできません。

勿論出入り口もありません。

納得です!!

P3161866

ここ(↑)に天馬の絵が…  とってもうっすら…

P3161870こんな金の冠も出土してます。

ほかにもたくさんありましたが、どれもこれもレプリカです。

本物は、先ほど通った『国立慶州博物館』に収められてます。

もとよりそちらに立ち寄る予定はなく、残念です…

日本は「木の文化」、韓国は「石の文化」と聞いたことありますが、

この古墳内を見て、痛感しました。

順調に観光が進み、今のところスト発生の情報もないそうです。

予定通り、次の世界遺産『仏国寺』『石窟庵』に向かいました。

« クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月15日partⅢ) | トップページ | クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月16日partⅡ) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

そうですか、韓国の釜山入港は始めてでいらっしゃったのですね。
1時間遅れでも 順調にツアーができてよかったですね。

私は 飛行機で2回ソウルへ、、クルーズ船で3回釜山に入港しているのですが
観光バス利用は1度だけなので 興味を持ってブログを拝見しました。

shinmama様、このクルーズターミナルは出来立てほやほやではないのですね。
現地ガイドさんがこの港にいらっしゃるのに、タクシーを利用なさったそうですが、
運転手さんもよく分からなくって、コンテナ群をグルグルしたと聞きました。
それで、まだ湯気が出るほど新しいのかと勘違いしてしまいました。
shinmama様は、韓国には何度もいらしてるんですね。
私は釜山はおろか、韓国そのものが初めてです。
図書館で旅の本を探しましたが、ソウル特集は多々あれど、後は韓国全域。
チョロッと載ってる記事を目にし、万が一の為に釜山の地図をコピーしておくだけに。
国民の半分がソウルに住んでるという、日本以上の一都市集中に驚きました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月15日partⅢ) | トップページ | クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月16日partⅡ) »