2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月19日partⅠ) | トップページ | クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月19日partⅢ) »

2017年4月23日 (日)

クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月19日partⅡ)

バスは、高知城の横手の道路に駐車。

私達は、お城を突き抜け、追手門をくぐって再び城外へ…

お城の向かいにある、3月4日にオープンしたばかりの『高知城歴史博物館』に向かいました。

歴史博物館では、龍馬さん直筆のお手紙、龍馬ファンにはたまらない逸品sign03が、展示されてました。

ここの三階には、高知城展望ロビーがあるそうです。

P3192098

確かに、先程見上げた高知城とくぐった追手門がばっちり見えます。

でもガラス越しなので、写真的にはちょっと残念。

この後は自由時間、お城上りに行ってもいいのですが、運よく開催されてる『日曜市』の方が気になります。

P3192093『高知城歴史博物館』(写真右)前から、P3192100_2

お城を背にした通りに

約420店、長さ1,3km。

果物や花、新鮮な野菜。

鋏等の道具類や、

昔懐かしい品々。

ここに屋台も出てますが、

やはり『ひろめ市場』へ。

P3192107

中に入ってびっくり、とにかく人が多い、日曜ですものね、観光客ばかりでなく地元の方も多い。

P3192106色んなお店の美味しそうな

メニューに惹かれますが、

カウンターは既に一杯。

皆さんアルコールと食事で、

動かれる気配なし。

諦めかけたのですが、

フードコートの一角に

なんとか席を確保 scissors

気になるものを買いに…

大きな柱向こうのお店では、

炙り立ての鰹が頂けますが、

凄い列に断念。

P3192102 P3192103

P3192105パック入りは味気ない気もしましたが、

この際文句言ってる場合ではありません。

「鰹のたたき」と、今しか頂けない「のれそれ

(アナゴの稚魚)」「どろめ(カタクチイワシの

稚魚)」を買い求めました。

見た目は殺風景ですが、美味しかったです heart04

事情も勝手も分かったことですし、

炙り立ての鰹を塩で頂くのは、次回にして…

じっとゆっくりする場ではないので、外へ出ます、そして皆さんと同じように「がっかり」しに『はりまや橋』へ。

P3192109☜ 「日本三大がっかり」の

№1の地位を守ってるそう。

「がっかり」と思って行くと、

「まぁこんな物」と思い、

それほどがっくりせず…(笑)

私は鈍いのかなsign02

第二位の札幌時計台でも、

ショック受けませんでしたよ。

ベルギーのマネケン・ピスも

「可愛い、がっかりしない」と

思いましたし…

P3192108 P3192111

☝高知出身の漫画家横山隆一氏デザインのモダンな『純真お馬像』   

二大商家の播磨屋と棺屋(ヒツヤ)がお互いの往来のため堀にかけた橋ですが、店もなく堀の名残もなく…

現在は『はりまや橋公園』として整備され復元されてますが、やはり今一な感は拭い去れません coldsweats02

『地下広場』の表示にひかれ、降りてみました。

P3192113_2誰もいない地下道、

夜だと不気味かも。

いい地図を発見。

自分たちの位置を

再確認しました。

高知城

日曜市

はりまや橋

桂浜

桂浜の右上の船は、

只今QEが停泊中の

『高知新港』。

P3192117
正面に赤い欄干が見えました。

先代のはりまや橋です。

この欄干の足元、アーチを描いてません。

実は電車通りの歩道に申し訳程度に置かれた欄干。

勿論、今以上に不評でした。

明治の緑の橋、昭和の大きな石橋、平成の赤い橋、

そして先代の橋、4つが、公園に残されてます。

そんなに「がっかり」でもないと思うのですが…(笑)

日曜市を覗きながらバスに向かいましたが、もう市も後始末で忙しそうでした。

P3192122_2バスに戻るにはまだ少し時間があるので、お城横の

土佐藩初代藩主『山内一豊』の銅像に会いに。

本体の高さ4,32m、台座は5,08m、騎馬像としては、

皇居前の楠木正成像を上回る国内最大級だそう。

お城に上りに行ったら、一豊の妻とお馬さんの

ツーショットの銅像に逢えたのですが…

P3192123

一豊さんの脇の公園では、野外将棋大会?教室?クラブ? ☝

皆さん静かに将棋を指してらっしゃいました。  よく分からないなりに、覗き見て…(笑)

ちょうどいい時刻になりました。 名残惜しいですが、バスで船に戻ります。

 

« クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月19日partⅠ) | トップページ | クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月19日partⅢ) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月19日partⅠ) | トップページ | クイーン・エリザベス神戸発着クルーズ8日間(3月19日partⅢ) »