2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 開田高原から飛騨高山へ(5月16日)partⅣ | トップページ | 開田高原から飛騨高山へ(5月17日) »

2017年5月28日 (日)

開田高原から飛騨高山へ(5月16日)partⅤ

旅の楽しみは、食の楽しみでもあります。P5162438_4

箱根の姉妹館で頂いたお料理も美味しかったので、期待は大です。

二階のお食事どころ、個室で頂戴します。

お名前を拝見すると、結構外国の方がいらしてます、半数近く…

P5172452

メニューは以下の如し。

P5162440

P5162439 P5162441

前菜は色美しく、目にも美味しいです。  おつくりは、ヒラマサ、ヒラメ、マグロでした。

折敷もお肉を入れた器も、きっと地元の飛騨春慶塗なんでしょうね。      

P5162442 P5162443

川魚はアマゴです。 貝柱と筍の入った飯蒸しは、柏の葉で包まれてました。 生姜餡で頂きます。

P5162444 P5162445

P5162449_2 P5162450

デザートは、日向夏のゼリーと黒ゴマ入りの蕨もち。  蕨もちは黒蜜で頂きます。

期待を裏切らない素敵なお食事。  とっても美味しかったです、そしてお腹一杯になりました。

主人はバタンキュ~、私は一服後、もう一度お風呂に入りに行きました。

湯上り処では、スペイン語?ポルトガル語?行き交ってます。

観光地に近くもなく、駅からも離れたお宿ですが、外国の方にも知られてるんですね。

ビールでも…と思ってフロント横のラウンジに行ったら、もう明かりも消え閉店のよう(笑)

かといってバーに行くほどの事もないので、おとなしく部屋に戻りました coldsweats01

« 開田高原から飛騨高山へ(5月16日)partⅣ | トップページ | 開田高原から飛騨高山へ(5月17日) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 器もそれぞれに素敵ですし、
 それに乗ってるお料理も、見た目はもちろん、ひと品ひと品手がかけられているのが分かります。
 和食の美、外国の方も喜ばれるでしょうね。

 私はこちらの近くの別の姉妹館に泊まって、
 お風呂だけ入りに行かせてもらいました。
 大きなホテルの印象がありましたが、お部屋数は思ったほど多くないんですね。
 我が家も、基本、大浴場必須(^_^)v
 食事のあとはできるだけ速やかに布団を敷いてほしいツレアイに、最近はベッドも大きな要素になってきました。
 確かに楽ですものね。
 
 
 
 

期待通りの食事内容、お味。
これは嬉しいですね。
中心部から少し離れた住宅街にこのような宿があることに驚きますよね。
そして駐車場も驚きのひとつ。
ほぉ~外人のお客さまが多かったのですね。
最近はネットで調べてこられるのか?思わぬところで外国人の方をお見掛けします。
日本人より日本通かも^^
そろそろご帰国の頃かと、頃合いを見測りコメントさせていただきました。
後になりましたが、お帰りなさいませ。
そうそう、先日、開田高原の帰り新しいトンネルを通りました。
時間短縮、快適な道になりましたね。^^

うつきよう様、お返事遅くなり、申し訳ありません。
そして中途半端なままのブログになり、お恥ずかしい限りです(笑)
何の迷いもなくこちらを予約したのすが、あとで『別邸 いいやま』に気付きました。
名前に覚え有り!
慌ててブロ友さんたちのブログを再読しようとしたのですが、『いいやま』さんが見つからず…
お宿にの方に違いをお尋ねするしまつ。
大浴場がないとお聞きし、我が夫婦にはこちらの方が気楽かと、納得しました。
でも皆様のおかげを持ち、嫌な思いすることなく、旅ができました。
ありがとうございました、今後とも宜しく……です。

ニャン様、「ただいま」です。
完結編無いままで出かけてしまい、申し訳ありませんでした。
おかげをもちまして、いい旅ができました。
そして新しいトンネルでスイスイ~っとね(笑)
高山が外国の方に人気なのは知ってましたが、このお宿でこんなに出会うとは驚きでした。
大浴場で戸惑ってらした方に、御指南し、違った意味でものぼせました(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 開田高原から飛騨高山へ(5月16日)partⅣ | トップページ | 開田高原から飛騨高山へ(5月17日) »