« 開田高原から飛騨高山へ(5月16日)partⅢ | トップページ | 開田高原から飛騨高山へ(5月16日)partⅤ »

2017年5月28日 (日)

開田高原から飛騨高山へ(5月16日)partⅣ

高山伝承地区から車を走らせること10分? もっと近かったかしら?

P5172471観光地から離れた住宅地の中に目的の旅館はありました。

とても信頼してるブログで知った旅館です。

箱根の姉妹旅館に泊まったときもいい感じだったので、

迷いはありませんでした。

「駐車場は?」と、入り口近くに停まると、宿の方が…

すぐそばの屋根付駐車場に案内してくださいました。

思ったより大きい旅館で、4階建て。

でも58室と聞いてます。

通りから一歩入ると、空気が一変します。

P5172461 P5172462

入り口横には、飛騨ならではの大きな木の椅子…  圧巻です。  その先に池があるようですが、今は中へ。 

振り返ると、さるぼぼが座ってました heart04   目の前にはフロント、そして右手に広がる空間が凄い❢

P5162429 P5162430

ロビーには親王飾り、旧暦にしてもちょっと時期はずれてますよね。  何か謂れでもあるのかな?

P5172469 P5162427

P5162428_2ロビーの奥に広がるラウンジへ案内されました。

もう何組の方がソファーに身を沈め、チェックイン。

その声が聞こえないほど広々ゆったりしてます。

贅沢な空間にきょろきょろ eye  他の方が写らないよう…

正面がコーヒーカウンターで、その背後に、

先程の池につながる通路があるそうです。

そして足湯もあるとのこと。

ウエルカムドリンクに、主人はグリーンティー、

私は迷わずビールです coldsweats01

一服後、お部屋に行きます。  露天風呂付のお部屋は全て予約済みでしたが、大浴場好きには困りません。

でもありがたいことにベッドのお部屋が取れました。  いつでもごろっとできるので主人には最適です。

まず入り口入ると冷蔵庫(有料)にお茶セット。 コーヒーはありません。  左手が居間で、右は洗面所etc

P5162433 P5162432

再び居間で、こちらのお菓子と共にお茶を頂戴します。  ご挨拶・説明が終わったら、記念撮影(笑)

まずは居間です☟    そして入り口から右に行くとダブルボールの洗面台にお風呂、おトイレ。

P5162434 P5162436

居間の奥の部屋にはマッサージチェアが置かれてました。 窓の外は庭の木々が見えるだけでさほどのことあらず。

P5162435 P5162437

このお部屋の右手、洗面所の奥に寝室があります。  

お部屋全体にふんだんに木が用いられており、ほっとする空間になってます。 やはり木って良いですねぇ~heart04

早速お風呂へ。  鍵が一つですが、湯上り処で待ち合わせることに。  こんな時、スマホが役に立ちます。

お風呂は、フロントからラウンジとは反対側の奥に行くとあります。

廊下にも素敵な棚や椅子が置かれてます。  湯上り処には、健康茶と麦茶が置いてありました。

Dsc_2575 Dsc_2584

お風呂は男女入れ替え制で、明朝は同じお風呂には入れません。   運よくどなたもいらっしゃいません。

Dsc_2568 Dsc_2570

ぬるっとした気持ちのよいお湯です。  広々とした空間独り占め notes notes

Dsc_2573 Dsc_2572 

Dsc_2583露天風呂は二種類。

左上の写真のお風呂は、寝湯になってました。

寝転がると木々に覆われ、住宅地にいる気がしません。

他の方がいらっしゃいました。

この時は、もう一つの岩風呂を撮れませんでしたが、

夕食後に行ったらどなたもいらっしゃらず…

気持ちよく占領してしまいました。

タオルもバスタオルも置いてあるので、手ぶらで来れます。

そしてサウナもあり、久々に挑戦❢

湯上り処で健康茶を頂きながら、本をぺらぺらと…  くつろぎます、のんびりできます。

いよいよ楽しみなお食事です。

« 開田高原から飛騨高山へ(5月16日)partⅢ | トップページ | 開田高原から飛騨高山へ(5月16日)partⅤ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 開田高原から飛騨高山へ(5月16日)partⅢ | トップページ | 開田高原から飛騨高山へ(5月16日)partⅤ »