2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 再びサンフランシスコへ(日本: 5月28日) | トップページ | 再びサンフランシスコへ(SF:5月28日後半) »

2017年6月19日 (月)

再びサンフランシスコへ(SF:5月28日前半)

シートベルト着用のサインが消えることの少ない空の旅でしたが、順調に時刻通り、サンフランシスコ国際空港に到着。

28日夕刻日本を出発し、28日昼前のサンフランシスコに到着というのは、理屈は分かっていてもなんか納得しにくい…

JTBのお方がお迎えに来てくれてます、この便は私達3人だけです。

ヒルトンホテルまで送って頂き、荷物を預けて、まずはお昼に出かけます。  でもあまりお腹減ってません…

近くにスターバックスがあるのですが、椅子がない coldsweats02       立って食べる文化?居座ってもらっては困る?

とにかく座りたい主人には不向き。  「スーパーで何か買って、公園で食べるか❢」と、向かったのが『Walgreens』

P528247824時間営業のドラッグストアですが、大型コンビニといった雰囲気。

パック入りの果物やサンドイッチ・お寿司・P6172955_2

生春巻き等、多国籍のお惣菜がたくさん❢

それに一角に椅子テーブルもあって…heart04

以後、「困った時はウォルグリーン」が、

合言葉になりました(笑)

そしてここで、<CLIPPERカード>も買えます。

SFのイコカ(関西)スイカ(関東)で、便利❢

SF市内均一料金のミュニバスやミュニトレインは、90分以内なら乗換え自由です。

でもいちいちTransfer ticket(乗り換え切符)をもらうのは面倒ですが、このカードなら自動的に判断してくれます。

それにおつりの出ないシステムの公共機関、このカード持っていれば、なれない小銭でもたもたすることもありません。

ということで、最初のお買い物はこのカードとお昼ご飯です。

今日のミッションは、SF名物ケーブルカーに乗って、世界一のグネグネ道『Lombard St.』を上から下から見ることsign01

まずは。すぐ傍のケーブルカー始発駅Powell(パウエル)に行きます、人が並んでることはウォルグリーンで了解済み。

平日の朝からでも1時間覚悟なのに、今は日曜の昼時、どれだけ待つことになるのやら…

P5282479 P5282480

二台も停まってるのに、おじさんはなんだか休憩モード sign02   乗らないで写真を撮りたい人用に停車中みたい。

先頭は、ぐるっとU字型にカーブしたお向かいの方です。

カーブしてる辺りまで行くと、目の前でケーブルカーのUターンシーンが見られます、それまではおとなしく列の中に❢

P5282482

荷物を座席に置いて立って乗るsign03  娘はやる気満々です。

走り行くケーブルカーが恨めしい。

ここで私、おトイレに行きたくなってきました。

GAPにも見当たらず。P5282481_2

うろうろする羽目に…

こんな楽器演奏の

おじさんに遭遇(笑)

結局近くのモールへ。

外国に行くと困るのがトイレ。

大型モールかデパートでは簡単にいけますが、大きなユニクロ店でもスーパーでも見当たりません。

とことん事困ったら、お願いしてなんとか対処してもらえるでしょうが、「ちょっと…」ぐらいだと「モールに行って」

戻ってくると、丁度真ん中辺りまで進んでました、並び始めて一時間❢

この丸い板の上にケーブルカーが乗ります。 板のギアチェンジしておじさんたちがケーブルカーを押すのです。

半回転したら向かって右の線路に誘導。 少し向こうに見える黄色い洋服のおじさんのいる辺りから乗車です。

P5282484 P5282485

先は長いですが、取り立てて用事のない今日乗っておかないとね。  

お向こうから次々とケーブルカーがやってきましたが、何故か方向転換の板まで来ずに停車します、一服します。

この駅はPowell Hyde Line(パウエル線)と Powell Mason Line(メイソン線)の両方の発着がありますが、私達はどっちでもok

ハイド線なら目的のロンバード通りの上に、メイソン線なら坂下の近くにいけますから。

P5282486待つこと 1時間40分sweat01

どうもこのハイド線に乗れそうですsign03

窓無しの席確保 scissors

P5282488_2
娘はステップに立つ場所確保scissors

前回婿殿の車でSF市内走った時、うわさの坂を見て体験したのですが、思った以上の上り下りです。

対抗するケーブルカーとすれ違うとき、ステップにいる人達はハイタッチできそうなくらい近いです。

ミュニバスやミュニトレインで行けば$2.5のところを$7かけていった甲斐がありました(笑)

そしてこちらが、目的のグネグネ道、もっと高い位置から撮影できるといいのですが… coldsweats02

まっすぐまっすぐ山に向かって伸びてる道が、ロンバード通り、そのほんの1ブロック部が超超グネグネsign03

坂の角度28度、とても車がいけないというので、長さ約400mの道路に8個のへピンカーブを作って…  

「別の道を行けばいいのとちゃいますか❢」という全うな考えはさておき、作った方に座布団5枚プレゼントしたいですcoldsweats01

P5282492 P5282496

このグネグネは、車しかいけません、歩行者は両脇の坂道&階段を行きます、そして車より早いです(笑)

この時期はアジサイやつつじが咲いていて、とても綺麗でした heart04

車は上から下への一方通行で、チャレンジなさる方で、坂上は車であふれ、交通整理の方が汗だくでした。

P5282504自転車で挑戦なさる方もいらっしゃいます。

P5282497

もっと高いところから、どなたかの家の二階辺りから写すと、

このグネグネがもっとはっきりするのでしょうが…

車の姿でお分かりいただけないでしょうか?

次々というか、のろのろと申しましょうか、車が下りてきます。

歩行者は皆、坂下で見物です。

P5282501_2
☜ 坂を見上げ   ☟坂の延びていく方を見て

P5282506

青い空に吸い込まれていきそうです。

ミーハーな観光地とはいえ、行く価値有です。

次回は自転車で…といいたいですが、もう機会ないかな?

« 再びサンフランシスコへ(日本: 5月28日) | トップページ | 再びサンフランシスコへ(SF:5月28日後半) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 再びサンフランシスコへ(日本: 5月28日) | トップページ | 再びサンフランシスコへ(SF:5月28日後半) »