2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 再びサンフランシスコへ(SF:5月29日partⅢ) | トップページ | 再びサンフランシスコへ(SF:5月31日partⅠ) »

2017年7月 2日 (日)

再びサンフランシスコへ(SF:5月30日)

もう慣れてきました、このどんよりした朝の景色に❢

電車でスタンフォード大学の最寄の駅まで行くつもりだったのですが、昨夜婿殿の提案に従い、途中の駅までに。

大学傍にカルトレインの駅があるのですが、本数が少なく、またホテルからその駅までバスかタクシーが必要。

なのですぐ近くを走ってるBART(バート)を使って、Millbrae(ミルブレー)まで行き、そこで拾ってもらうことになりました。

ポイントはただ一つ、飛行場行きに乗らない事、ミルブレーは終点なので、降りる駅を間違えることはありません。

駅近くのサブウエイで朝食を済ませ、いよいよ出発。   この電車も、クリッパーカードで乗車できます。

乗車駅パウエルは地下ですが、途中で地上に出ました。

行き先も確認済みですが、やはりそれでも不安、一生懸命駅名を確認し、飛行場行きと別れていく駅ではドキドキ…

朝乗り遅れてはいけない…とちょっと早めにホテルを出、朝食は立ったままのSF風だったので思った以上に早く…

そんなことで、1本早い電車に乗れました、そして何事もなくミルブレーに到着、予定より15分ほど早い。

終点だし、カルトレインとの連絡駅でもあるし…と大きな駅を想像してましたが、駅には何にもありません。

二階に行けば、屋根と壁はありますが、それだけ。 コーヒーショップもない、勿論自動販売機なんて夢のまた夢。

風が通り抜ける寒い駅です。 バス停にも駅のホームにも人は殆どおらず、連絡が悪いのが見て取れます。

車社会ゆえ通勤通学時間帯以外は必要ないんですね、大きな立体駐車場には一杯車が停まってました。  

何とか風をしのぐ場所を見つけ、じぃ~っと… お迎えの車に吸い込まれていく方たちを眺めるのみです。

正直、婿殿の車が見えたとき、とってもホッとしました(笑)

前回同様、スタンフォードはどこから大学なのかさっぱりわかりません、街と大学が一体化してるよう。

大きな道路わきに突然現れる門は、前回は撮りそこないましたが、今回は構えておりました、でも大慌てで…camera

P5302610 P5302611

大学の顔?『The Oval(ザ・オーバル・パーク)』の花壇の文字が、前回の125周年の「125」から「S」に変わってました。

P5302614_3前回同様、『Main Quad』奥の『Memorial Church』へ。

P5302613_4
途中の「カレーの市民」に紛れて、孫がポーズを sign02

教会の前で、ジャカランダ発見☟  昨年南アフリカで満喫した紫の花です、思わず懐かしくなって…

P5302616_3 P5302618_2

この教会、とっても落ち着きます、大好きですheart04  木だから? きらびやかさがないから???

P5302620_2次もメイン観光場所のひとつ、『Hoover Tower(フーバ-・タワー)』へ。

☜ こんな構内を歩いて向かいます。

前回と景色に何の変化があるわけでもないので、詳細は省略。

今回は、婿殿が大学関係者なので、全員無料で入場できました scissors

P5302619_2でも新発見sign03

エレベーターの階数案内です。

観光客向けには、最上階に直通。

でも、「B 1 …… 10 11 12・14」

なかなか反応しないのがまた嬉しい。

古い小さなエレベーターですから…。

残念ながら、エレベーター内部は人で一杯になり、写真撮影は困難です。

そしてまたまた前回同様、Book Store へ。  何か買ってもらえると、孫は大喜びです(笑)

☟途中の『Clock Tower』  婿殿いわく、「ちゃんと動いてるけど、変な時刻に鐘が鳴る」とのこと。

P5302623 P5302621

仕掛けを拝見しながら、「次に鳴るのは、何時何分?」   前回も聞き逃してます、今回は聞いてみたいものです。

P6172957Book Storeには、スタンフォードグッズも置かれてます。

前回躊躇したチアリーダー姿の熊さん買っちゃいました。

スタンフォードツリーマークの手袋も普段使いように❢

そして、子供用の本もたくさんあります。

孫はママに本を読んでもらい始めました。

どうも長引きそうなので、数独を見つけお買い上げ。

ついでにスタンフォードツリーマークの鉛筆も買って、

カウンターのおじ様に削っていただきました。

店内のカフェでコーヒー飲みながら、数独開始sign03

ふっと気づけば、皆カフェに集合、そして孫が数独を見て興味津々、目を輝かせて… shine

ルールの説明に、「まだちょっ~と難しいね❢ もうちょっと大きくなったらできる?」 「学校行く頃にはできるかもね❢」

外に出ると、さっきのClock Tower の音が聞こえてきました、鐘の音です。

このあと、皆で娘の家に押しかけ、アメリカ生活を覗き見。  私は何故かモップ片手に掃除してしまいました coldsweats01

夕食は、以前も行ったリブステーキのお店 『Sundance』     美味しかったので文句ありません notes notes

いつものように列ができてますが、予約してるので問題なし、す~っと入れます。

P5302632 P5302633

P5302635古い野球グッズが飾られた落ち着いた雰囲気のお店。

今回も同じ、名物のリブステーキを注文。

前回と違うのは、サイドディッシュを断ったこと。

というか、断ったつもりでした。

マッシュポテトやフライドポテト云々ですが、多すぎる❢

「要らない」と言ったのです、言ったつもり…

人参とブロッコリーが倍になって出てきました(笑)

サイドディッシュの「EXTRA」の意味が理解できました。

でもしつこいようですが、「要らない」と… coldsweats01

ソノマ産のワインをお供に、今夜もたっぷり頂きました。   デザートのアイスクリームとコーヒーで締めです。

婿殿が、ホテルまで送り届けてくれました、いつもながら感謝・感謝です。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★


後で知ったのですが、分かれた後、娘の家で「バァ~バブーム」が吹き荒れたそうです。

孫が「数独」に興味津々で、結局問題を作る羽目になったそうです。

まずは1~4の簡単なバージョンで作成。  さすが理科系の婿殿です、問題を作るなんて…

これ以降、会うたびに、私や同行した娘に、4x4の数独を見せて、いろいろ解説しながら解いてくれました。

それとなくヒントを与えて、「凄いねぇ~」と感心して見せるところなんぞ、皆女優です(笑)

« 再びサンフランシスコへ(SF:5月29日partⅢ) | トップページ | 再びサンフランシスコへ(SF:5月31日partⅠ) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 再びサンフランシスコへ(SF:5月29日partⅢ) | トップページ | 再びサンフランシスコへ(SF:5月31日partⅠ) »