2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 再びサンフランシスコへ(SF:5月31日partⅠ) | トップページ | 再びサンフランシスコへ(SF:6月1日partⅠ) »

2017年7月 9日 (日)

再びサンフランシスコへ(SF:5月31日partⅡ)

前回フィッシャーマンズ・ワーフを訪れた際、気になっていた塔があります。  それが『Coit Tower』です。

慈善者として有名なコイトさんが、「愛するSFのために…」と寄贈した遺産で建てられた塔です。

高さ63mですが、テレグラフヒルの頂上にそびえてるので、ビルのないこの辺りでは、ニョキッと目立ちます。

サンフランシスコの街が展望できると知ったのは家に帰ってからで、「次回は…」と密かに機会を狙っておりました。

ピア39前からMuni Bus(ミュニバス)に乗ります。

SF特有の凄い急な坂をものともせず?上っていきます、時々息切れしそうな気配も…(笑)

P5312692車窓から、見え隠れする階段があります。

時折、コイトタワーから降りてくる方を見かけます。

とても急で狭い階段道。

興味ありますが、更にフィッシャーマンズワーフまで戻らねば…

そう考えると、今回はパス❢  ならいつ?   

P5312671展望台の入場料は、

大人$3シニア$2

チケットの代わりに、

「I ♥ SF」

P5312675エレベーターで上へ。

古い小さなエレベーター❢

愛想のいいお兄さん達が、

話しかけてくれます。

待つのも楽しい…

SFの街を見下ろします。  360度見渡せます。 

P5312676                                 ☝ 

☟前方左手にはアルカトラズ島                        正面(北)    前方やや右手にはベイブリッジ☟                   

P5312685_2 P5312677_2
                                           
☟アルカトラズより左に目にやると、GGBは霧の中                ▼倍率上げると… 

P5312684      フェリータワーがはっきり見えました。 

P5312678_2

☟左手(西)の丘は、比較的高級住宅地です。           ☟東には、高層ビル。 建設中のビルもあります。

P5312682 P5312680_2

      ▼(中央やや右、細いタワーに右を拡大)解りにくいですが、あのぐねぐねのロンバート通りです

P5312683_3

P5312686日が傾き始めると、霧が発生し始めます。  

GGBだけでなく、このロンバート通りも次第に白いベールに包まれてしまいます。

それでも真上の空は、まだこんなに真っ青です。

きっと気温も下がり始めることでしょう。

仕方ありません、下りることにします❢

P53126721階には、1933年に地元のアーティスト30名ほどが

参加して作成した壁画があります。

大恐慌時代のいろんな様子が描かれていて、

なかなか興味深いものでした。

残念なことに説明がなく、詳細は解りかねますが、

当時の庶民の生活を垣間見た気分です。

ミルクやチーズを採るのかな?

学校に行けないのかな?

パン工場はフル活動のようですが…

P5312674 P5312688

再びバスでピア39に戻り、そこからまた路面電車で戻ります。

ホテルでは主人がベッドに寝そべってました coldsweats02  そんなに寝てばかりいたら、却って腰痛くなりそうなのですが…

今夜は近くの和食屋さん『堂島屋』にいきます、ここも婿殿の紹介です。

意外や意外、日本人らしき方が見当たりません、あっお一人…?

奥のキッチンには日本人スタッフさんもいるようですが、ホール内は全て英語です。  でもメニューには日本語も。

やはりアメリカにいるのですから、ビールはバドワイザーにしました。

突き出しにおかひじきの和え物、ごま油の風味が香ばしかったです。

P5312694 P5312696

箸袋には、割り箸の割り方・持ち方が印刷されてました。  枝豆も懐かしく…

P5312697 P5312698

娘はてんぷらうどん、てんぷらは別盛、山盛。  私は鍋焼きうどん。  久々にたっぷり野菜を摂った気分です。

外国の日本食って、めちゃくちゃ高いか、妖しい料理だったりしますが、ここのはリーズナブルで美味しかったです。

主人は一気に生き返ったように元気に(笑)

明日はヨセミテ公園日帰りツアーです、いつもと違い、朝早いです。

朝食用に、サンドイッチ買って帰りました。

« 再びサンフランシスコへ(SF:5月31日partⅠ) | トップページ | 再びサンフランシスコへ(SF:6月1日partⅠ) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 へえ~! ほお~!
 と一枚、一枚拡大して拝見。
 鮮明なお写真で、SFを手中に収めた気分です。
 東京の街を見下ろすと、なんだかごちゃごちゃしていますが、
 道が広くてまっすぐで、すっきりしている印象です。

 アメリカで、最近は枝豆が、日本食でないレストランでも「EDAMAME」とメニューにのるそうですね。
 栽培もされるようになっているとか。
 ビールに枝豆、の最高の組み合わせにやっと気がついたようですね。

うつきよう様、我が写真が拡大に耐えられましたでしょうか?
写真撮るとききちんと垂直?水平にしてるのに、出来上がりの写真はなんだか傾いて…
液晶を支えてるピンが1本抜け落ちぐらついているのに気づきました。
指で傾かないように押さえながらの撮影です(笑)
SFの街は、概ね碁盤の目のようになっているのでわかりやすかったです。
上から見てもすきっとしてますよね。
枝豆が「EDAMAME」になってるとは知りませんでした、気づきもしませんでした、失態です。
そうですか、漸くビールに合うことを知ったのですね。
ソラマメを知ったらどうするかしら? あれは育てにくいそうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 再びサンフランシスコへ(SF:5月31日partⅠ) | トップページ | 再びサンフランシスコへ(SF:6月1日partⅠ) »