2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 再びサンフランシスコへ(SF:6月1日partⅠ) | トップページ | 再びサンフランシスコへ(SF:6月2日partⅠ) »

2017年7月15日 (土)

再びサンフランシスコへ(SF:6月1日partⅡ)

ヨセミテロッジ前で、ドライバーさんと合流。   時刻きたら出発です、待ちません。

彼ならではの近道・裏道を抜けていきます。   それも楽し❢

P6012760_2

水の中に入ってみましたが、思ったほど冷たいことはありませんでした。

P6012764_2ヨセミテ滝が、静かな川面にうっすらと映ってます。

P6012766

P6012779_2恐竜の骨格標本のような

倒木や、根っこの塊に、

自然の厳しさと同時に、

造形美を感じます。

ドライバーさんお気に入りの所に付いて行きました coldsweats01

P6012767

薦められて中へ❢    ここの水はとっても冷たくって、しびれそうなほど…

P6012769「5分ほどがまんして❢」と言われ、指示に従います。

じぃ~っと、遠くに目をやりながら…  

感覚がなくなりそうなほど…

水から出ると、足の軽いことsign03

キュ~ッと締まった血管に一気に血が巡るから?

でももう一度入るには結構勇気が要ります。

この後、温かい草の上を枝に気をつけながら、

ごろごろ石に耐えながら、裸足で戻ります(笑)

泥はすぐ乾き、靴履くには何の支障もありません。

再びバスで出発。  ヨセミテの景色にサヨナラを言いに、最後の展望を楽しみます(多分『Vally View』)

P6012774
左にエル・キャピタン、右にブライダルベールが見えます。

P6012786_2☜ 『Merced River(マセッド川)』

往きは川とは反対側に座っていたので撮れませんでした。

ハイスピードの車窓からなので解りにくいとは思いますが、

白い泡を立てて勢いよく流れてる様子を撮りたくって、

がんばってみたのですが… coldsweats02

凄い水量です、激しい流れです。

岩も石も木もひとたまりもありません。

水の力に圧倒されながら、公園を離れました。

P6012803_2うつらうつらしてる間に、車窓は枯れた草木に。

往きにも見た風力発電機の林を通り、

サンフランシスコからやって来る大量の車を眺め…

やがて、ベイブリッジにやってきました。

反対側だったので、写真は撮りませんでしたが、

GGBもアルカトラズ島も、見ることができました。

今朝の真っ白どんより世界が嘘のような青い空です。

ベイブリッジも、走ってる車からでは撮影かなわず…

意味不明ながらも、記念に掲載(笑) 

P6012809 P6012810

予定通り、七時半ごろに宿に戻りました。

本日は少々お疲れです、高いのはわかってますが、ホテルのコンビニ?お惣菜屋さんにて夕食を調達。

温かいラザニアやロールキャベツ、ビールとワインにチーズ等を買ったら、あというまに $100超えました。

たいていの方が近くのスタバやカフェで朝食を買ってくる意味がとてもよく解るお値段です。

でも流石に美味しかったです。  一日ぐらいなら ok ね❢

明日のアルカトラズ島往き船は、二時過ぎです。

それまでゆっくりできます、そして夕方には孫達と合流です notes notes

« 再びサンフランシスコへ(SF:6月1日partⅠ) | トップページ | 再びサンフランシスコへ(SF:6月2日partⅠ) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

私は 過去2度とも SFからラスベガスに行き、
ヨセミテに行っていないので 食い入るようにブログを拝見しました。

ふむ、日帰りだと ちょっときつそうですね。
丁寧に書いてくださっているので とても参考になります。
ありがとうございました。

shinmama様はヨセミテに行ってらっしゃらないのですか❢
shinmama様のように、山歩き大好きなお方には魅力的な場所だと思います。
是非とも宿泊を、しかも一泊なんてけちなこと言わないで…
主人のお知り合いは、「先に抜けたところが素敵なんだよ」とか…
土地勘ない主人が地図も見ずに聞いた話ゆえ、どこのことやら全く解らないのですが…
少なくとも私の知ってるでも行けなかったGracier Point や Mirror Lakeなんてまだ近場。
もっともっといいところがたくさんあるようです。

 出先でスマホで拝見してましたが、
 やっぱり大きな画面でないとね!
 PCで改めて拝見。
 素晴らしい~!
 自然の造形力は人智の及ぶところでないことを実感。
 堪能させていただきました。
 でも、これでもまだ一部なんですね。
 なにからなにまでスケールの大きさの違いにため息が出るのみです。
 いよいよアルカトラズ島が近づいてきましたね。
 これまた楽しみです。

うつきよう様、ご紹介した景色は、ヨセミテの一部にすらなりません。
地図を見ると、雫一滴分ほどです。
できることなら公園内のホテルに泊まってウロウロしたかったです。
いろんな顔を見てみたかったです。
はい、アルカトラズのアップ、漸く済ませました(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 再びサンフランシスコへ(SF:6月1日partⅠ) | トップページ | 再びサンフランシスコへ(SF:6月2日partⅠ) »