2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 再びサンフランシスコへ(SF:6月2日partⅡ) | トップページ | 再びサンフランシスコへ(SF:6月3日partⅡ) »

2017年7月29日 (土)

再びサンフランシスコへ(SF:6月3日partⅠ)

いよいよ今日は、憧れのワイントレインに乗ります。

ワイントレインは、NAPA から ST.HELENA まで往復68㎞を約3時間かけてる観光鉄道です。

改装されたアンティーク車両が使われ、沿線のワイナリーだけでなく、ランチやディナーも楽しめます。

車ならナパまで簡単ですが、この度は婿殿にも楽しんでいただきたく、車は却下です。

なのでJTBに、ワイントレインのランチ乗車&ワイナリー見学の現地ツアーを探していただきました。

4歳の孫娘にも一人前の料金が必要です coldsweats02   ちょっと贅沢ですが、婿殿にお世話になったことを思えば…

9時半にホテルロビー集合。  といっても我が家と娘一家、総勢大人 5人+子供 1人のツアーです。

P6032889サンフランシスコだけでなく、ワインにも詳しいドライバーさん。

いろいろな説明を聞きながら?講義を受けながら?

ナパに向かいました。

☜ 10時半頃に、ナパ・ワイントレイン駅に到着。

駐車場に停まってる車は、2,3台ぽっきり。

家も人も少ない駅に、ちょっとびっくりです。

時々この看板の前で写真撮る人がいるくらいで、静か。

まだ電車は来てないようです。

早速中に入ってチェックイン、ドライバーさんとはお別れ。

チェックインカウンターで名前を言って、チケットや説明書一式を受け取ります。

見渡したところ、日本人はおろか、アジア系の方を見かけません。 皆さんゆったりソファーにこしかけて談笑中。

☟テイスティングのため?皆様早めにチェックインを済ませたのか、カウンターは閑散としてました。

P6032940 P6032894

でもテイスティングコーナーは、御覧のように賑やか、皆様陽気です☝ (因みにこのテイスティングは有料です)

P6032896電車が入ってきました。

50名用ラウンジカー2両(CHRDONEY、MERLOT)、

ダイニングカーは、60名用(LE GOURMET EXPRESS)、

72名(LE PETITE GOURMET)、56名(CHAMPAGNE DOME)。

他に、ZINFANDAL(41名)、CABINET SAUVIGNON(50名)、

そしてキッチンカーにパワーカーの9両。

これを、2両の機関車で牽引してます。

思った以上に長い電車です。

通常は平日2本、週末3本運行されてるそうですよ。

P6032897いよいよ乗車です。

娘一家を記念撮影、でも私達は誰も撮ってくれなかった…coldsweats02

P6172959_3
チェックイン時に頂いたこのピンバッジが、乗客の印です、お洒落でしょheart04

こういうのだったら、言われなくても喜んでつけちゃいます notes notes

先日ブルートレインに乗りましたが、遜色ない雰囲気です。  そして私達の席☟

P6032900 P6032898

きちんとはっきりと要望しなかったせいか、娘一家とは席が離れてしまいました。

でも担当の彼女が尽力してくださり、無事お隣に変更できました❢

P6032902 P6032901

そしてここが私の席☝ ウエルカムのワインは白を選択、これは無料ですが、あとは有料です。

P7282994☜ メニューには、お料理ごとに合うワインが記載されてます。

勿論、他にもたくさんあります、選べます。

最初の一品に、私はスープをお願いしました。

たっぷりお野菜が溶けたトマト風味のスープ。

P6032903

私達の背後の席のお嬢さん方は、お料理前に

すっかり出来上がって盛り上がって楽しそうです(笑)

メインに娘はポークを、私はチキンを、主人はステーキ(笑)

P6032906 P6032907

どれもこれも品のいいお味で、とても美味しいですheart04     そしてワインがすすんでしまいます lovely

P6032908_2車窓からは、緑の葉っぱの茂る葡萄畑。

花が終わった頃で、葡萄の実も小さいようです。

可愛らしい建物のワイナリーがたくさん。

食事とワインを頂きながら、景色もご馳走にして…

たった二品ですが、結構お腹が膨れました。

デザートは後で、ラウンジカーに移って頂きます。

電車が停まりました。  10人ほど降りていかれます…

あっ、ここで下りるんだったぁ~❢ ワイナリー見学です❢

大慌てで皆に続きます(笑)

このまま終点のST.HELENA まで行く方もいらっしゃいます、うっかりしておりました。

訪問先は、『GRGICH HILLS(ガーギッジヒル)』です。

« 再びサンフランシスコへ(SF:6月2日partⅡ) | トップページ | 再びサンフランシスコへ(SF:6月3日partⅡ) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

ご家族全員が アルコールOKだからこそ 行けるツアーですから、羨ましいです。
我が家の場合 1対1ですから 私は行きたくても行けなくて、、、。
ワインが目的なんて 夢のようなツアーです。
ブログで詳しく拝見するのが 楽しみです。

shinmama様、確かに弱くともアルコールを受け付けない或いはアレルギーではないので、
我が家は孫以外は参戦可能です(笑)
でもその分お支払いが増えますが…
飲めない?飲まない?ご主人とお二人では、ちょっと辛いものがありますね。
でもそれでも十分楽しめるトレインです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 再びサンフランシスコへ(SF:6月2日partⅡ) | トップページ | 再びサンフランシスコへ(SF:6月3日partⅡ) »