2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 子鹿に逢いに(6月24日) | トップページ | 米子へ(6月28日) »

2017年8月10日 (木)

和菜 温(6月25日)

行こうかどうしようか迷っていた琵琶湖方面行きの予定、やはり『温』さんに惹かれて決行を決意。

三時過ぎからの用事なので、お昼オーダーストップぎりぎりの1時半に予約しました。

昨秋、大将は念願の自分のお店を、元のお店の目の前に完成させした。

Dsc_2621_2初めて訪れる新店舗です。

記念撮影 camera

他のお客様のお邪魔にならぬよう…

カウンター半分だけです。

今までは煮炊きは裏のキッチン。

大将も出たり入ったりと大変。

新店舗では、カウンターで全て ok

そして若い女性の見習いさんも。

カウンター越しに話も弾みます。

年に1~2回しか来られないお店ですが、

なんだかお馴染みさんみたいです。

そんな新しい空気の中で、今日はランチを頂きます。

Dsc_2614 Dsc_2616

Dsc_2617運転手の私は、アルコールフリーのビールです。

せめて雰囲気だけでも… weep

主人は当然「とりあえずビール❢」

向付は、ジュンサイとモズクに?????

忘れてしまいました <m(__)m>

おつくりは、縞鯵・鮪・蛸・赤貝

焼物は、鱸に万願寺唐辛子

鱧はクルミ入りの道明寺と共に銀餡で。

小茄子・枝豆・トマトの上の細長いのは鱧の骨煎餅。

Dsc_2618 Dsc_2619

鮎の紫蘇てんぷらは、たまねぎ塩で頂きました。

Dsc_2620 Dsc_2622

Dsc_2623白いご飯に、豆乳仕立てのお味噌汁。

いつもながら美味しかったですheart04

デザートは、山葵とバニラのアイス。

この山葵アイス、大好きなんです lovely

主人は、日本酒まで頂いていい気持ちになってます。

羨ましいこと、悔しいです。

この秋にもこちらにくる用があります。

その時は一泊して夕食を頂くつもりです。

ビールでも日本酒でも、頂き放題です notes notes

ブロ友さんに教えていただいたお店、車飛ばしてくる価値あります。

« 子鹿に逢いに(6月24日) | トップページ | 米子へ(6月28日) »

美味礼讃?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 子鹿に逢いに(6月24日) | トップページ | 米子へ(6月28日) »