2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:エドフ観光(3月7日) | トップページ | 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:アブ・シンベル観光(3月8日) »

2018年4月14日 (土)

悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:コム・オンボ観光(3月7日)

コム・オンボに着いたのは5時過ぎ。 、爽やかな風でとても気持ちがいい notes notes

『コム・オンボ神殿』は、ナイル川すぐ傍の高台にありました。

この建物は、グレコ・ローマン時代のもので、中心から左右に二つに分かれてます。

右はコム・オンボの神ソベク神(ワニの姿)、左は上エジプトのハロエリス(隼)を祀ってます。

P3073697

神殿左前、2本の柱が綺麗に切り出されてます。 18世紀、さる有力者が自宅建造に使われたそうです coldsweats02

有翼日輪にもカルトゥーシュにも、色が残ってました。   雨が少ないからでしょうか、日本との差を感じます。

P3073699_2 P3073700_2

王位継承のレリーフなど、ここのレリーフもなかなか綺麗でした。

P3073702_2 P3073705

P3073706 P3073708

P3073710ここには面白いレリーフがあります。

授乳(上右写真中央やや右側)やお産(下写真中央二段とも)の姿。

お産のレリーフ右には、当時の医療器具も描かれてます☟

P3073714
☜ 神官が香油を捧げてる姿。 頭は鬘ですって❢

☟本来は柱の上にあった石です。  目の前にすると、なんとも大きく重たそうな…

P3073720 P3073726

日が沈みすっかり暗くなってきました。 振り返ると、停泊中の我が船が白く輝いてるのが見えました☝

ライトアップされたコム・オンボ神殿を、ソベク神を祀ってる方(右)から撮りました☟

P3073725
今度は、すぐ裏にある『ワニのミイラ博物館』へ。

ヤモリの黒焼きみたいです、勿論大きさは全く異次元ですが… 王様を神の元に導き、魔物から守るお役目です。

P3073727 P3073737 P3073736

小さな赤ちゃんワニや卵もありました。

壁や石棺にも、ワニの姿が描かれてます。     今日のお気に入りは、このソベク神☟

P3073734 P3073740 P3073730

6時半過ぎました、船に戻ります。 7時ごろ、船はアスワンに向かって出発します。

夕食のテーブルで船が待ってました。   可も無く不可も無しの夕食、でも愉しく過ごせるのが嬉しい。

Dsc_0441 Dsc_0442 Dsc_0443

P3073744レストランのスタッフさんがとても愉快なんです。

そしてゲームやクイズや手品で遊んでくださいます.

そんなディナーを終えて部屋に戻ると、

なんとワニ君がベッドを占拠してました(笑)

今夜も、ラウンジで軽音楽の演奏があるそうですが、

明日の出発が早いのでパス❢

明日は、いよいよアスワンに上陸です。

世界遺産第一号『アブ・シンベル神殿』に行きます。

主人は、ここに行きたくってここに行きたくって…

もう今からわくわく興奮状態です。

« 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:エドフ観光(3月7日) | トップページ | 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:アブ・シンベル観光(3月8日) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587827/66599571

この記事へのトラックバック一覧です: 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:コム・オンボ観光(3月7日):

« 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:エドフ観光(3月7日) | トップページ | 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:アブ・シンベル観光(3月8日) »