2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:ギザ観光①(3月10日) | トップページ | 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:ギザにて(3月10日) »

2018年5月 7日 (月)

悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:ギザ観光②(3月10日)

いよいよスフィンクスに逢いに行きます。

ありがたいことに、特別許可を頂いてるツアーなので、スフィンクスの傍までいけます、触れちゃうんです。

P3103981☜ バスからも見えてきました。

砂の上に座っているのかと思っておりましたが、

一段低いところに鎮座しております。

ピラミッドのように石を組み合わせて作られたのではなく、

大きな岩山を彫って作られたそうです。

恥ずかしながら初めて知りました coldsweats01

スフィンクスを囲むくぼ地の石はスフィンクス神殿に使われたそう。

写真の石柵の簡単な戸口に横におじさんが一人立ってました。

なんとそこから私達は中へ入ります。  普通は、下の写真のスフィンクスの左側に見える柵越しに見学します。

写真右手の方にいらっしゃるような研究者の方や作業するする方以外は入れないと聞きました。

よほどJTBはエジプト観光に尽力したのでしょうね、スペシャル続きです。

P3103986                          

P3103987_3このスフィンクスは、長さ57m、高さ20mもあります。

当然世界最大sign01

かつては着色されていたようで、アイラインの跡が少し残ってます。

スフィンクスの建造目的や建設年代は諸説あり確定してません。

前足の間には、『夢の碑文』と呼ばれる石碑が立ってました。

トトメス4世が王子だった頃、夢にスフィンクが現れ、

「砂から掘り出してくれたら王位につける」と告げられたそう。

それで砂に埋もれたスフィンクスを掘り起こし修復したとか。

この事を記念して建てられた石碑ですが、

本来王位につく権利の無いトトメス4世が、

「自分は正当なファラオである」と主張するための

作り話だったとも言われてます。

判読できる(私には無理❢)綺麗な碑文に感動です sign03

スフィンクスが段々になってるのは、硬い石灰岩層と柔らかい石灰岩層の風化の進度が違う為にできたのだそう。

そのため鼻も低くなってしまいました。

体の一部が度々剥がれ落ちたので、1980年代後半、体表・足元をモルタルや新しい石灰岩で修復したそう。

P3103992
☝スフィンクス前に建つスフィンクス神殿から、左背後にあるカフラー王のピラミッドまで参道がありました。

今まで見てきたスフィンクスは、参道に向かって座ってましたが、このスフィンクスは参道に平行です。

なので、スフィンクス自体が信仰の対象だったのではないかと…   やはりちょっと特別なスフィンクスなんですね。

折角なので、尻尾からお尻も拝見し…  触ってきちゃいました heart04  でもこのあたりは修復されたところですね。

P3103995 P3103993 

☝後ろ足つけね近くに穴が開いてました。   「部屋か何かがあるの sign02 」 残念ながら違いました weep 

以前研究者達がスフィンクスの中に空洞を発見したとき、その調査を行った跡です。   

そして空洞は、岩盤の下に地下水脈があって、その地下水が岩盤を削った跡なんだそう。   

スフィンク神殿の正面写真が見当たりません coldsweats02      ☟スフィンクスを背にした神殿の跡です。

P3104005
そしてその向こうに見えるのが、昨日のオペラの仮設舞台跡。 只今解体中です。

バスはその向こうに停まってるので、会場跡を取りぬけたのですが、昨夜のことが嘘のようです。

P3104007 P3104010

☝少し角度は違いますが、アイーダの背景の景色   昨夜記念撮影した会場の特別な入り口だったところ☝

P3104011おっと、忘れるところでした。

「スフィンクスは何を見てのるか?」という疑問に答えるテレビ番組を

見た記憶があります。

答えは「ケンタッキーフライドチキン」

それ以来、エジプトに行ったら、スフィンクスのところからカーネル・

サンダースおじさんを見よう❢ おじさんに逢いにいこう❢と、

決めておりました。

残念ながら、今では他の建造物が視界をさえぎってしまい、、

私達の目の高さでスフィンクスの傍からKFCを見るのは無理。

それでもスフィンクスの目の先のおじさんを見たい sign01

残念ながらそれも叶わず…でした。 

お店はあったのですが、おじさんがいなかった… weep  

日本にはない大きなものを見た満足感で一杯になってホテルに向かいました。

« 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:ギザ観光①(3月10日) | トップページ | 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:ギザにて(3月10日) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587827/66686178

この記事へのトラックバック一覧です: 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:ギザ観光②(3月10日):

« 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:ギザ観光①(3月10日) | トップページ | 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:ギザにて(3月10日) »