2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:ギザにて(3月10日) | トップページ | 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:エジプト考古学博物館①(3月11日) »

2018年5月13日 (日)

悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:ギザ(3月11日)

P3114025本日は早朝出発なんです。  

ピラミッドエリアでの「朝日特別鑑賞」に出かけるためです。

目覚めると、窓の外にはまだお月様がいました。

うっすらと見えるピラミッドもライトアップのホテルも、いい感じです。

本来、ピラミッドエリアには7時以降しか入れないのですが、

これもまた「特別」に入れていただけるそうです。

本日の日の出は、6時9分。   出発は5時45分。

まだ少し間があります。

コーヒーでしゃっきりと目を覚まします。

一応化粧などをしてから出かけます、誰も見てないけどね…(笑)

到着したのは、5時56分。  うっすら明るくなり始めました。  でも気になる地平線の雲 sweat01

P3114026

日の出時、雲の端は茜色に染まったのですが…    6時21分ですが…☟

P3114033
ピラミッドの間から太陽が顔を出すはずだったんですが、残念でした。 靄が立つので難しいのだそう。

でも人もラクダもいないピラミッドを見ることが出来ました。

ホテルに戻り、直接朝食レストランへ。  ホテルの池に「逆さピラミッド」を発見。 青空が広がってきました。

P3114037

今日もパーティーがあるのでしょうか?  大きなテレビモニターや楽器が運ばれてきました。

朝食後、荷物をまとめ帰り支度です。  いよいよ最終日、これからカイロに向かいます。

街も動き始めてます、バス停に並ぶ長い列や、パンを売るバイク❢

P3114038 P3114041

程なく巨大な建設中ビルを発見。  21018年5月完成予定の『大エジプト博物館』です☝

私達がこれから行く、カイロにある『エジプト考古学博物館』が、ここギザ地区に移転するのです。

でもとても5月に完成しそうには見えません coldsweats01

(この4月の正式発表によると、「今年12月に完成、来年1月にオープン」   間に合うのかな sign02

道路わきの家々の屋根にはパラボラアンテナが満載。 

☟そしてごみの山が多いんですよ。  これは「又修理して使うから…」と取って置く習慣が蔓延してるため。

☟古そうな錆びた洗濯機やら壊れかけた箪笥や机、いろんなものがビルの屋上に積みあげられてます。

P3114044 P3114046

そして車が行き交う道の中央であろうが、お構い無しに馬も通ります☝

新旧入り混じった面白い光景が、ここかしこで見られました。

10時前に、『エジプト考古学博物館』に到着。  

P3114048_2 P3114206

そして遠くに、博物館の創立者エリオットさんの像が立ってました。

彼はフランス人で、「もしこの博物館完成前に死んだら、ここに埋めて欲しい」と言っていたそう。

残念ながら、彼は完成を見ることなく亡くなってしまったので、あの像の下?傍に?眠ってらっしゃるそうです。

この博物館には、有名なツタンカーメンの黄金のマスクを始め12万点以上の文化財が収蔵されてます。

やはりここでは、金に輝くツタンカーメンの秘宝が魅力。

もう50年以上前になるでしょうか、京都まで見に行ったツタンカーメンのマスクをもう一度見られます。

以前はまだ子供で、マスクの凄さよりも人の多さに圧倒されていたことを思い出します。

« 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:ギザにて(3月10日) | トップページ | 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:エジプト考古学博物館①(3月11日) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

朝靄の中のピラミッド!すっごい素敵です。💛
逆さピラミッドも素敵ですね。撮られたパンジー様に拍手です。^^
おっしゃるように新旧入り混じった光景が面白くもあり、新鮮でもあります。
長いと思っていた旅も、もう終わるのです、、、。
一寸寂しい気がします。

 お月様とピラミッド、いいじゃあないですか! 素敵な光景ですね!
 日の出は残念でしたけど、朝もやの中のピラミッドもまた幻想的。
 屋上のパラボラアンテナにゴミの山、街の中の馬車、面白いですね。
 お写真拡大して拝見していると、飽きません。
 パンジー様も京都でツタンカーメンの黄金のマスク、ご覧になっていたんですね。 
 私も家族で東京まで見に行きました。 はい、10歳でした。
 また実際にご覧になられるなんて、すごーい!
 撮影禁止でありませんように!
 
  

ニャン様から拍手いただけるとは、光栄です。
10日間の旅ですが、「ブログに何ぼほどかかってんねん」とお叱り受けそう…
めったやたらに取り捲った写真の整理に始まり雑事に風邪?に…言い訳は山ほど(笑)
寂しいと言って頂けると、ホット救われます。

うつきよう様、長ったらしいまとまりの無いブログですが、もうすぐ終わります(笑)
思いつきだけでシャッター押してますのに、拡大までして頂いてるとはお恥ずかしい…
ご期待を裏切るようで申し訳ありませんが、ツタンカーメンのマスクは撮影禁止。
でも前からも横からも、そして後ろに回って裏面も、かぶりつきで拝見できました。
この撮影禁止の部屋には、ご紹介したい小さなものがたぁ~くさん展示されておりました。
いずれも精巧で美しく…   とっても残念です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587827/66698062

この記事へのトラックバック一覧です: 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:ギザ(3月11日):

« 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:ギザにて(3月10日) | トップページ | 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:エジプト考古学博物館①(3月11日) »