2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:ハン・ハリーリ市場(3月11日) | トップページ | うな菊(3月16日) »

2018年5月19日 (土)

悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:帰路(3月11日・12日)

無事ハン・ハリーリ市場から抜け出し、バスに乗りました。

P3114228_2屋上の古びた家具や電気製品の山を見ながら、空港へ。

道路下では市が開かれてるようで、傘が広がってます。

人も大勢集まってました。

この景色も、もう最後です。

肥沃な土地に砂漠、大昔の美術品や妖しげなみやげ物、

世界のトップクラスの文化を誇っていたであろう時代の名残と、

いろんな問題を抱えてる現在。

本当にたくさんの面を持った国です。

19時過ぎの飛行機、まだ時間はありますが…

案の定、システムダウンとかで搭乗手続きに思った以上に時間がかかってしまいました。

もうお土産に興味ないし、燃え尽き症候群でしょうか、脱力感を感じ、ラウンジに向かいました。

ところが、座席数が少なく、座る所確保に腐心しました。  そして「ヤレヤレ…」と飲み物探しに。

なんとビールが無いsign01 イスラム教の国ですから…でも国際空港ですよ、「やめてよぅ~」と叫ばずにいられません annoy

主人も「ぶつぶつ…」    美味しそうなものもなく、一辺に疲れが出てきました。

更に追い討ちが…

ラウンジを出るときにセキュリティーチェックがあるのです。  靴も脱いで…

「こんなことなら、搭乗口近くのカフェでビール買って飲んでればよかった」と、居合わせた皆とブツブツ…

幸か不幸か、セキュリティーチェックがめったやたらとあるのです、しかも靴も脱がねばなりません。

機内で頂いたシャンパンにビール、なんと美味しかったことか…

帰りもドバイ経由です。  暫くブロイラー状態になりながら、日本に着いたのは12日の17時半ごろ。

P3114233 P3124236

この日は成田で泊まり、明日自宅に戻ります。

P3053316_2今回のお土産は、ラクダの骨のネックレス、パピルス紙、

エジプトの本、そして「ごめんなさい」で頂いたエジプト綿のタオル。

そしてもう一つありました。

☜ ガイドさんが、毎日着ていたポロシャツ&Tシャツ。

ヒエログリフの刺繍をオーダーできるのです。

何種類かある図柄とアレンジする事もで来ます、色もたくさんあります。

因みに彼の背中には三大ピラミッドの絵柄+自分の名前「EMAD」

私と孫用に、白のポロシャツの左胸に名前の刺繍をお願いしました。

主人は名前以外に大きな図柄を選んでましたが、「それ、日本で着れる?」

ドライデーツ(なつめやし)も、お友達用に買いましたっけ。

長い長いダラダラブログもこれでおしまいです、気が付けば、もう二ヶ月以上前のことだったんですね(笑)   

                           <m(__)m>

« 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:ハン・ハリーリ市場(3月11日) | トップページ | うな菊(3月16日) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

8泊9日のエジプトの旅、、じっくりと楽しませていただきました。

クルーズ船のエクスカーションで あわただしく立ち寄った私の旅行と異なり、
ゆったりとエジプトを 満喫されたパンジー様のお陰で
自分の曖昧だった記憶が 深まった気がします。
ありがとうございました。

政情不安の国ゆえ、私の帰国後、大きな紛争があり、
多くの埋蔵品などが 盗まれたり壊されたりしたようですが、
世界の遺産であるはずなのに モッタイナイですね。

shinmama様、いつものとりとめのない私の記憶の記録にお付き合いいただき恐縮です。
ツアーで行く所では政情の不安や危険を感じる事無く、むしろ意外でした。
観光地なら一人でもうろうろ出来るほどです。
でもあちこちでのセキュリティーチェックとワンダラー攻撃を受けねばなりませんが…(笑)
自然の風や砂・陽射しで痛むのは仕方ないにしても人為的な破壊は避けたいものです。
そのための『世界遺産』でしょうが、日々の生活が不確かな街では守りきれませんよね。
何とか落ち着いてもらいたいものです。

 楽しかったです!
 博物館編、一気の拝見でしたが、
 お写真拡大しつつ、すみずみ拝見しました。
 彫刻の写実の確かさなど見ますと、
 どれほど文化水準が高かったかよくわかりますが、
 これが数千年前のことですものね。
 驚くばかりです。
 残っているものでさえこれだけの出来栄えですから、
 長い年月の間に盗掘などでなくなってしまったものの中には、
 もっとすごいものもあったのでしょうね!

 市場の品々や、水パイプのおじさんも面白かったです。
 ときに政情不安が伝えられますが、
 そんな気配は感じられず、市場はにぎやかですね。

 スフィンクス参道から始まって、
 興味深いものをたくさん拝見できました。
 ありがとうございました。

 

うつきよう様、小さな画面で大きな物の迫力は今一、精巧な作品は写真が今一…
それにもかかわらず御覧頂けたのは嬉しい限りです。
しつこく日にち通りのメモを続けますので、暫くは季節感が照合しないと思います(笑)
長いお付き合い、有難うございました、これからも宜しくお願いいたします。  
         

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587827/66736543

この記事へのトラックバック一覧です: 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:帰路(3月11日・12日):

« 悠久のナイル ゆったり古代エジプトの旅:ハン・ハリーリ市場(3月11日) | トップページ | うな菊(3月16日) »