2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 浜島へ(6月26日) | トップページ | オペラを観に(7月1日) »

2018年7月20日 (金)

浜島から(6月27日)

雨になるかなぁ~と心配してましたが、大丈夫でした。   

そしていつものように、日が昇ってからの目覚めです(笑)

朝食も、昨夜と同じダイニング、同じお部屋でした。

左から、大根と豆乳飛頭・鱧の鍋、いつものおかず?三種盛、右は甘鯛一夜干と八丁味噌、真中にサラダ

サラダの右にある紫蘇の香りのする味のりが美味しかったです。  サラダの左は、夏みかんと甘夏の自家製ジュース。

Dsc_0729 Dsc_0730

右下は、浜島温泉美人の温玉です。  温泉にたっぷり浸かった後口からも頂くと、どれだけ美人になれるかしら sign02

あおさの餡かけ茶碗蒸しも伊勢の香りが漂ってました。  そして伊勢えびの長寿汁、でも海老の香りがしない… coldsweats02

Dsc_0732全体的に可もなく不可もなく…

但し一万円引きのお値段での話です(笑)

昨日、ス~ッと通り過ぎてしまったのですが、

素敵なアジサイ街道がありました。

距離にすれば、100m?

丸い形が可愛くって、帰りには必ず写真を撮ろうと…sign03

雨でなくってよかったです(笑)

近くによると、もう花は終わりの時期を迎えてました。

でもどうやったらこんな風にできるのかしら?

Dsc_0735伊勢方面に行くと、必ず立ち寄るのが『伊勢神宮 内宮』。

まずはお参り❢

最近では見ることが少なくなってきた日の丸が、

青い空をバックにはためいております。

お分かりのように、風がそこそこあり、気持ちいいです。

身を清めるべく、五十鈴川に向かいます。

以前は大きな鯉がたくさん、餌を求めて集まってきましたが、

数年前の大水で、何処かに行ってしまい、

今は一匹もいません。   ちょっと淋しい…sweat02

正宮へ参った後、いつもは素直にまっすぐ戻るのですが、ちょっと横道へ。

すぐ近くなのに木々で見えなかった『御稲御倉(ミシネノミクラ)』、そしてその奥には『荒祭宮(アラマツリノミヤ)』

Dsc_0738 Dsc_0739

ほんの少し、本当に少しだけ遠回りしてみました(笑)

池?黄色い花が咲いてます、おそらくコウホネ heart04      ウ~ン、やはりスマホでは無理がありますね coldsweats01

Dsc_0740 Dsc_0745

やっさもっさしてると、餌がもらえると勘違いした鯉たちが集まってきました(笑)   

御厩は空、残念。     

青空が広がっていくたびに暑さが増していきます。   日陰のない砂利道に、汗が噴出してきました coldsweats02

いつもは、『おはらい横丁』の入り口で戻る主人ですが、今回は『おかげ横丁』まで足を伸ばします。

「赤福氷」を頂きに、『赤福本店』に行くのです。           (赤福本店☟)

Dsc_0751 Dsc_0750

氷は、本店ではなく、その向かいのお店☝で頂くことができました。

Dsc_0746Dsc_0747抹茶蜜のカキ氷の中に赤福。

でも氷になじむように、お餅も餡も特製。

もともとは、二見浦の海水浴客用に

考えられたものだそう。

改良に改良を重ね、今の姿になったとか…

氷が崩れ落ちないよう、頑張って…

見苦しいですが、半分ほど氷を頂くと中が見えてきたので、写真を…

体の芯まで、シャッキーンとしました。

それでも駐車場に戻る頃には、ジト~ッと汗が出てきます bearing

いよいよ自宅へ、気持ちよく高速を走っていましたが、少々眠気が…

SAに立ち寄って、うろうろ…  このままだと夕食を作るのに充分時間がありそうです、でも作りたくない…

なので何か楽珍夕食を探します(笑)

で、見つけたのがこのカレー☟  とっても高い❢ でも外食よりははるかに安い❢  こんなときにしか買えない❢

Dsc_0753 Dsc_0752

というわけで御買い上げ。   主人が握り締めてきた「牛肉巻」もおかずに。   あとサラダでも作ればok

でもどうしてこうなっちゃうのかしら?

お洒落して出かけた愉しいランチの帰りでも、スーパーの袋片手…      嫌な性分です sweat01

このレトルトカレーは美味しかったですが、御値段ほどの価値があるのか?と聞かれると、「……」

牛肉巻のほうは、若干期待外れでした。

満足感が乏しいせいか、癒されたような疲れたような、なんだか中途半端な一泊二日でした。

« 浜島へ(6月26日) | トップページ | オペラを観に(7月1日) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

>満足感が乏しいせいか、癒されたような疲れたような、、、
その気持ちよ~~~くわかります。
私も少し期待はずれだとそんな気持ちになります。^^;
それなりに楽しんだはずなのに、なんだかモヤモヤ物足りなさを感じます、、、
暑い中、伊勢神宮内宮へよくぞお参りを^^
そしておかげ横丁、ご主人様、よく歩かれましたね。
結構、距離あります、、、夫なら暑いからとブツブツ言いそうです、、、
でも、「赤福氷」でつれば歩いてくれるかも?(笑)
主婦は、旅行帰りでも夕食の調達! 現実に確実に引き戻される瞬間です^^;

昔、「赤福氷」を急いで食べて 頭痛になり、苦しんだことを思い出しました。(笑)

奈良に旅行をしたいと思って、あれこれ調べているのですが、
夏の暑さ、残暑の厳しさ、紅葉の混雑を考えると 冬になります。
それを避けると 今度は 桜の混雑時になりますし、、、奈良に行く時期選びは非常に難しいです。
宮島と同じでしょうね。

 伊勢志摩はほんとに 「伊勢」 と 「志摩」 しかわからないので、
 浜島がどのあたりか地図で探したところ、位置がわかりました。
 「お得な」プランというのは、ときどき曲者ですね。
 私は以前 「長野県民限定」 のお得なプランで、北信濃の宿に行ったことがありました。
 通常のプランを知っていたので、それがお得に泊まれるものとばかり思ったのですが、
 「お得な」お値段なりでした。
 お風呂とお部屋は変えようがありませんから、 「お得」にするには食事内容をどうにかしなければならないということだと、
 気付いたのは食事のときでした(笑)
 >中途半端な一泊二日・・・
 よくわかります。
 丸い紫陽花、かわいい仕立てですね。
 レトルトカレーでも温めなくてはなりませんし、牛肉巻も切らなくちゃ・・・
 サラダもお作りになったんでしょう?
 偉い!
 私はたとえ早い帰宅でも外食を主張です。(笑)

ニャン様、信仰心の乏しい二人ですが、何故だか伊勢神宮に来てしまいます(笑)
お参りするというよりも、「赤福氷」の魔力に曳かれたというほうが正解かも…。
ニャン様の御指摘通り、「結構、距離あります、、、」
なので、主人が道中のビールの誘惑に負けぬよう、「赤福氷」「赤福氷」と掛け声❢
暑い日だったせいもあり、赤福氷に勝るものは思いつきませんでした。

shinmama様、人気の観光地を訪ねる時期は本当に難しいですよね。
季節のいい頃・お祭り等の行事のあるとき、人が多いに決まってますものね。
意を決して臨んでも、自然は気まぐれで、なかなか都合よくはいきませんし…
紅葉に振られっぱなしだってことを、思い出しました。
今年は何処の紅葉に挑戦しようかしら?
もう意地になってきました(笑)

うつきよう様、やはりお値段相応ですよね。
今の世の中、高くて悪いものにぶつかることがあっても安くていい物には出会えません。
そういう意味では今回のお宿は、一万円引き相応でした。
なので可もなく不可もなし…ということになるのでしょうが、なにやらモヤモヤッとしてます。
贅沢になったものです(笑)
それにしてもレトルトカレーでお褒めに与るとは思いませんでした。
帰宅した途端、いろんな家事が押し寄せてくるように思うのは、主婦の性でしょうか?
お互い、そんな役回りですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587827/66955828

この記事へのトラックバック一覧です: 浜島から(6月27日):

« 浜島へ(6月26日) | トップページ | オペラを観に(7月1日) »