2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 落語会(7月6日) | トップページ | 東京二日目(7月16日) »

2018年8月 5日 (日)

東京一日目(7月15日)

いつもの東京フレンドから、「お能を観に行かない?」と、お誘いがありました。   関東の喜多流の能です。

知識も見識も持ち合わせておりませんが、好奇心と「日本人として知っておかねば…」という気持ちで、「 ok

ついでに、「話題のパン屋さんでブランチsign01」とのこと。

11時に現地集合、例の銀座一丁目『セントル ザ ベーカリー』です。

パン購入の方だけでなくレストラン側にも列が出来てます。

スタッフさんに「○○の名前で11時に予約してるのですが…」と伝えると、中に入れていただけました。

入り口近くの椅子に座って友の到着を待つことに。  スマホで「着いてるよ❢」と連絡…   アレッ?????

奥に友の姿が見え隠れしてます。   スタッフさんに言って、奥へ…  

以前ブロ友さんが「スタッフの対応の悪さに云々」と仰っていた事を思い出し、「なるほど、こういうことかな?」

気を取り直し、友との久しぶりのおしゃべりに全力投球 coldsweats01

Dsc_0769☜ 友お勧めの「リンゴジュース」

リンゴいくつ絞ってるのかしら?  絞りたて100%です、美味なりぃ~heart04

メニューは、何度もこちらに来てる友にお任せです。

Dsc_0768_2まずはサラダ(レギュラー)。

豚のパテがとっても美味しいheart04

ドレッシングも爽やかでした。

そしてポテトサンドとフィレカツサンド。

三人で分けます。

ポテトサラダも美味しかったわぁ~❢

フィレカツは言うまでもなく…lovely

Dsc_0770 Dsc_0771

切り落としたパンの耳も美味しく頂戴しました。  入り口での不手際は、もう忘却の彼方へ…

ビフカツサンド¥6000は厳しいですが、フィレカツは豚さんゆえ¥2500、その価値ありました sign03

他の方のテーブルを覗き見ると、フレンチトーストやフルーツサンドも… いずれ劣らず美味しそうです delicious

レストランを後にするときパン工房?を覗くと、パンを買うお客さんの列はないけどパンがまだある…

何とまぁ運のいいこと❢   今日一緒にブランチし損なった友とこれから逢う末娘用にパンを購入 scissors

いい香りのするパンの袋抱えて、目黒に向かいました。

Dsc_0773☜ 行き先はこちら『十四世喜多六平太記念能楽堂』

ひょんなノリで、全くの未知の世界に足を踏み入れることになりました。

しかも急に来れなくなった友に代わって我が末娘も参戦(笑)

狂言は【千鳥】、人間国宝の山本東次郎さんがシテを務められます。

仕舞【鵜之段】で、これまた人間国宝の友枝昭世さんです。

そして能【烏頭】は、友枝真也さん、今回の洩花之能を立ち上げられた方です。  

今回は、「獲る」をテーマにした演目。

狂言の山本さんの声のはりに圧倒されました。

でも笑わす場面でも顔は生真面目で、関西風に慣れてる私は違和感を覚えました。

お仕舞の足の動きに感動。  思わず真似してみましたが、足の裏の筋肉が萎えてる私には無理でした(笑)

能は、事前にあらすじを読んではきましたが、なかなか難しい…    時々こっくりコックリ… coldsweats02

そんな舞台を身を乗り出して瞬きもせずに見つめている友に、ある意味感動すら覚えましたsign01

涼しい会場で睡魔と闘った後外に出ると、まだまだ日差しは強く暑さ厳しく… wobbly

今度は、夕食に六本木ヒルズにあるレストラン『THE MOON』に向かいました。

Dsc_0774

窓の外には東京タワー。

スカイツリーはかすんでいて微かにかすかに…

まずはビールで乾杯です。 私のビールは音符のマークのTOKYO BLUES

Dsc_0776_2 Dsc_0775_2

お洒落なお料理はいずれも美味しいですが、ちょっと懲りすぎ?

Dsc_0778_2 Dsc_0779 Dsc_0780

ここで日本酒「かまわぬ」を見つけ、歌舞伎ファンとしては見過ごすこと出来ません coldsweats01

Dsc_0782 Dsc_0783 Dsc_0784

そしていつものように、新宿ゴールデン街のフラメンコバーに顔出して、主婦の一日は終わりました(笑)

« 落語会(7月6日) | トップページ | 東京二日目(7月16日) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

オペラ、落語、お能と続き幅の広さに驚いています。^^
オペラも落語も見に行ったことがありません、、、。
吉本新喜劇を子供の頃、よく見に行った事ぐらいしか覚えがなく、、、^^;
お能は高校の時、社会見学のひとつとして、お能を見にいき、
お能を見た後、同じく授業のひとつとして都ホテルでフレンチノフルコースを頂きながらマナーを学んだことを思い出しました。
それ以来、お能を見る機会もなく、一度 薪能を見にいきたいと思うのですが、、、。
フィレカツサンドお値段を見てびっくり!!銀座価格??な~んて思いましたが
その価値あり!なんですね。^^
夜は暮れなずむ大都会を満喫しつつ、お洒落なお食事。
なんとも羨ましいです^^

フィレカツ、美味しそうですね。
暑さが和らいだ頃行ってみたいと思いますがどうなりますやら・・・。

『十四世喜多六平太記念能楽堂』に娘を送っていったことがありますが
私はまだ一度も行ったことがありません。
見たい気持ちもありますがなかなか一歩が踏み出せません(笑)

ニャン様、最初友に誘われたとき、お値段にひいてしまいました。
「たかがサンドイッチに…」と。
でもこれは価値あります、「又行きたい」「誰かといってもいいなぁ~」なんて思ってます。
出来ることなら家族ではなく友と…
娘と行ったりしたらお支払いが大変そうですから(笑)
以前薪能を拝見したことあるのですが、内容もわかりやすく雰囲気もよく楽しめました。
能楽堂で難解?なテーマだと、ついつい睡魔に負けてしまいます。
でも何度か体験したら、そのうちなんとなくでも理解し、見る目もできてくるのでは…
そう期待してるのですが、そんな時が何時来ることやら…

みやび様、お値段は嘘つきません。
と言ってもビフカツに挑戦する勇気はまだ持ち合わせてません(笑)
レストランは予約すると、奥のほうに案内されるようです。
落ち着いていていいですよ❢
お忙しいのか、都会だからなのか、接客は悪くはないのですが冷たい感じがしました。
関西人ゆえでしょうか?
お能は、何だか敷居高い感じがしてます、難しいからでしょうか?
でも経験・体験がその敷居を低くしてくれるものと信じて、少し意識してみるつもりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587827/67005106

この記事へのトラックバック一覧です: 東京一日目(7月15日):

« 落語会(7月6日) | トップページ | 東京二日目(7月16日) »