2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

いいもの見っけ

2019年5月13日 (月)

新しいカフェ見っけ‼

大和郡山の友達から、美味しいコーヒーのお店があると教えてもらってました。

でもこのお店『K coffee』に喫茶はなく、こだわりの豆をこだわって焙煎して販売するお店。

豆を買いに行くにも、通りから店内が見えにくく、営業中なのか不明、そして車はどこに停めたら…?

家に近いわけでもないので、話だけ聞いて行くことありませんでした。

Dsc_2261 ところが友より、「K coffee がここを明け渡し、

 自社?は駅に近い元ガソリンスタンドという場所に

 移動することになり、ここにカフェができる」と

 ききました。 そしてオープン ❗

 K coffee も気になりますが、非常に車で行きにくい。

 私にはこのカフェ『角砂糖』が超便利。

ここで扱うコーヒー豆は、勿論 K coffee 産のものです。  

ならば友推薦の味がここでも楽しめるというわけです。  で、早速友を誘って… 🚙💨

以前のお店を知らないので比較できませんが、すっかり喫茶店の雰囲気です。

Dsc_2259_1    Dsc_2260_1

店内には本が置かれており、中にはユニーク?マニアック?なものも。

『とほん』という本屋さんが、お店の雰囲気・オーナーの好みにあう本を選出なさったらしい。     

この本屋さんも車で行きにくいのですが、一回だけ覗きに行ったことがあります。

小さいけれど、おもちゃ箱みたいな興味深い楽しい本屋さんでした。

Dsc_2262_1  Dsc_2263 

私好みの雰囲気の中、今日の珈琲「エクアドル産」を頂戴しました。

酸味よりも苦みのあるマイルドで美味しいコーヒーに満足 💕

食器や家具は、「昔懐かしい喫茶店」という感じです。

大好きなスイーツの扱いがないのがちょっと残念です。

まだオーナーのお友達やお仕事仲間の方が、入れ代わり立ち代わり顔を出され、

カウンター越しにお話しする姿が多いのですが、それもやがて落ち着いてくることでしょう。

楽しみなお店が一つ増えて、ちょっと嬉しくなりました。

2019年5月 7日 (火)

いつものバーで(5月2日)

主人と娘の用事で、久々に3人で大阪に出かけました。

夕食を終え、これまた久々にいつものバーに繰り出しました(笑)

そして面白いものを発見 💕

Dsc_2247 「石ノ森章太郎 生誕80周年 プロジェクト」記念ボトル。

 サイボーグ009の『時空間漂流民編』のラベル ❗

 このボトルは第二弾で、230本限定品。

 昨年末に発売されたそうです。

 石ノ森章太郎さんのファンというわけでもないのですが、

 この漫画と「さるとびエッちゃん」に覚えあり。

 記念に、ロックで頂きました。

 中は、「グレン グラント 1995/23年」

第一弾は、「カリラ 2011/6年」で、ラベルには全メンバーがしっかり描かれてるそう。

探してくださったのですが、本日はオーナーがお休みで見つからず、写真撮ることできませんでした 💦

次回お邪魔した時見せて頂こうと、一人画策中です 😀

 

2019年4月 3日 (水)

プリントス(3月27日)

もう一年以上、もっと前になるでしょうか?   娘が「チェキ」を買ってきました。 

なんとも懐かしい… 今でも売ってるんですね。                 Dsc_2152

整理した物が分かるよう、チェキの写真は便利だと思ったのですが、

如何せんフィルム代が高く、撮影失敗は大きな痛手です。

ところが、スマホの写真をチェキのフィルムに焼きつける器械を発見。

専用のお高い道具ではなく、トミカが造ってるお安いおもちゃ?です。

その名も「プリントス」

騙されたと思って… 思ったほどではなくても惜しくはないお値段…

それでもなかなか決断できなかったのですが、とうとう買いに行ってまいりました。

理由は、「使えないようなら、チェキを欲しがってる孫にあげてもいいかな」と。

娘たち夫婦は、孫に誕生日か何かにチェキを買ってあげてもいいとは思っているのですが、

やはりフィルム代がネックだったのです。

子供故、撮影に失敗したり、撮るつもりでなっかたのに撮ってしまったり…と、無駄が多そう。

あっという間にフィルムはなくなってしまいます。

スマホの写真を転写するなら、写真を選ぶことができます。 単に写真が欲しいだけならこれで👌

なぁ~んて言い訳を用意して、このプリントスとチェキ用フィルムをお買い上げ❕

孫用ならミニオン柄のほうがいいかもと、ちょっと悩みましたが、これは少々お高くなるので却下。

可愛い色のもありましたが、やはり一応「バァ~バの」ということを主張するために結局黒に決定(笑)

まずは、プリントスにフィルム(写真左)をセットします。 1パック10枚分です。

Dsc_2153_1 Dsc_2154_1

Dsc_2155_2上の写真下部の灰色ダイアルをグルグルッと回して、

フィルムの保護シートを外します。

見にくいですが、左写真の右上のカウンターに

「10」と、フィルム残量が表示されました。
 
これで、フィルムの装填は完了。

プリントスをひっくり返し、フレームを広げます。
 
Dsc_2156_1 Dsc_2157_1本体のレンズとミラーが見えます。

現像する写真を表示させたスマホを

口型の白いフレームに付け、

本体に載せます。

(スマホ無しですが右の様にセット)

この時ミラーでスマホ画面をチェックし

横面のレバーを下す。

スマホ画面を写してフィルムに焼き付ける…   単純な理論と道具ですが便利そう…

でも写真が暗く出来上がるので、表示画面を最大に明るく設定したほうがよさそう。

整理分類に使うだけなら中味が何か分かりさえすればいいですが、色が綺麗にでませんでした 💧

かなり明るく撮った写真でないとダメなのかもしれません。

整理するためだけだから…とはいえ、実際、物の色が中味同様の方がありがたいです。

そういった意味ではちょっぴり残念、もう少し遊んでコツがつかめたらいいのですが…

ちょうどいいバァ~バのおもちゃができたと思って、暫し使ってみようかと思います(笑)

2019年3月18日 (月)

横浜で(3月9日)

昨日8日、いいお天気に恵まれ、無事卒園式が終わりました。

今日は皆で、横浜ランドマークプラザにあるレゴストアに行きます。

👇実は内緒で、日本ではここにしかない『レゴモザイクメーカー』を予約しておきました。

Dsc_2083右の黄色いカーテン向こうで写真を撮ります。

証明写真を撮る要領です。

橙色の椅子に座って、カメラの高さを調節。

親子三人だと、両サイドの顔が半分に

婿殿が譲って、娘と孫で挑戦。

写真は3枚ですが、お姉さんの好意で+α

お気に入りの一枚を選んで暫く待ちます。 

すると、ブロックの入った大きな箱と、先ほどの写真のモザイク画がでてきました。  

もう一つ、私用に作るため孫とカーテン向こうに入りました。

同じように写真を選んで… 

👇この大きな箱が器械の穴(上の写真オレンジの椅子の左に見えます)から出てきます。

Dsc_2123 Dsc_2101

お姉さんのお薦めに従い、設計図(?)になる写真のモザイク画と箱を持って記念撮影

Dsc_2125👈上の灰色のプレートに、モザイク画を参考にしながら、

下の5種類の色のブロックをはめていきます。

白と濃灰、薄灰、黒で顔を、黄色は背景です。

光が当たったため? 孫の顔に一部黄色があるのですが、

補正のための白いブロックが余分に入っているそうです。

人間の顔って、モノクロなら4種類で表現できるんですね。

思った以上の大きさは、嬉しい誤算です。

Dsc_2103_2

お昼を済ませ、ドラえもんショップ?に寄って…

途中見つけた『東京トリックアートクルーズ』 に

興味津々    当然、入場

入り口で簡単な説明を聞いてから…

孫にも意味が分かったのかな

おずおずと絵の舵を持ってるふりする孫。

まだまだ演技が固い

でもママと一緒なら…👇 もちろん椅子は絵です、絵の壁を背に娘は必死です(笑)

Dsc_2104 Dsc_2105

写真右の左のグルグルを10秒ほど見た後、右の絵を見るとサンゴが動いて見えます。

Dsc_2106👈「落ちるぅ~」と迫真の演技 Dsc_2107

でも実は… 👇

Dsc_2106_2

そして今度は鮫の口の中へ…👉

アプリをダウンロードしてサメを見ると、口が閉じるんです、そして孫が消えちゃうんです。

「食べられるぅ~ 」の動画に。 笑ってる場合ではないのですが、ニコニコ顔の孫です

👇なんとこの前会ってきたばかりのコモドドラゴン(笑)  

Dsc_2109 Dsc_2110 Dsc_2115

孫も慣れてきたようですが、まだまだアカデミー賞には無理があります

トーテンポールを支えるポーズするにはちょっと背が足りませんが、さらし首にはピッタリ

最後は海賊の財宝に埋もれた秘密を暴かねばなりません。

今まで出会った「コモドドラゴン」「イルカ」「ペンギン」「サメ」「タコ」「ハクトウワシ」「アシカ」

この7種類の生き物が、この絵の中に描かれています👇

Dsc_2117
何とか見つけ出し、クリアー。  出口の傍の小さなショップで何やら物色する孫(笑)

Dsc_2121「アッ、お金落ちてる!」の孫の声に…

ちょうどレジの前です、どなたかが落としたのかな?

それともレジのお姉さんが…?

拾おうとして気が付きました…

ここはトリックアートの場

孫の声とお札に絵に、すっかり騙されてしまいました(笑)

最後の最後まで驚かされ笑わされ…

すっかり楽しませてもらえました。

主人と私はここから自宅に戻ります、少しの間淋しくなってしまいます

なのに、にこやかな笑顔で「バイバァ~イ」と手を振る孫が恨めしい

入学式も、着物着付け手伝いの名のもとに、鎌倉に押しかける予定です(笑)

2019年1月 4日 (金)

昨年のヒット

2018年に見つけ、年末に手に入れた本4冊、思わず「ニヤリ 😀 」の類の本。

しないといけない事が山積みでしたが、我慢できずに読破

Dsc_1919👈 一冊目はこちら。

「主婦たちが名画に乗せてツイートする」に興味津々。

でも頭の片隅に追いやられておりました。

そんな時、この本を取り上げてる番組コーナーを見、

面白そうなので、すぐに本屋に飛んでいきました。

次に買ったのは、その名も「一人称童話」。

クリスマス頃の朝日新聞「天声人語」で知りました。

シリーズで、一冊目は桃太郎、続いてシンデレラ、

浦島太郎の三冊が出てます。

👇孫にも読ませたくって、急いで注文。

Dsc_1918運良く、孫が来る前日に届きました。

「読んで…」と、パパにせがんでましたが、

結局は「長い」と、途中で退場

大人には、思わずニヤリとする所が

あるのですが、幼児にはまだ無理かも。

よく知ってる話でも、違った立場や視点で

見ると面白い事を知って欲しいと…

バァ~バは、少し先走りしてしまったようです(笑)

そうそう、もう一冊面白がって買った本があったことを思い出しました。

Dsc_1941_2孫が本棚で見つけて喜んでいた絵本です。

また「長い」と言われると嫌なので、省略して…

絵が楽しいので、最後まで聞いてくれました。

この本は、たまたま東野圭吾さんの昔懐かしい小説

「片想い」を読み直して気づいた作中に出てくる本。

最初に片想いを読んだ時、「サンタのおばさん」が

実際にあるとは知らず、すっ飛ばしていたのですが、

何かの折に、現実に絵本として存在してることを知り、

興味を持ったもののやはり頭の片隅に。

読み直して思い出した次第です。

それにしてもだいぶ昔の小説・絵本ですのに、今の時代になんとマッチしたテーマかと…

年末の忙しい時でもさらっと読める本ばかり。

というか、年末の仕事をさぼる理由を一生懸命作りだしていた気もします。

さぁ~て、今年はどんな本に出会うのでしょうか

美智子様の発言で一気に人気沸騰中の小説も気になります。

難点はシリーズものということ。

どうしても出版順に全部読むという意味のない性癖が邪魔します。

とりあえず今は静観して、市場が落ち着いた頃に考え直すことにしましょう。

といった具合にまた頭の片隅に…

果たして思い出すことがあるや否や、もとより自信のない記憶力ですのに…

2018年6月 2日 (土)

ランドセル(5月1日)

今日は奈良公園にでも行こうかと思っておりましたが、娘が「連れて行って欲しいところがある」と言い出しました。

なんでも関東では、来春に向けてのランドセル商戦が既に始まっており、展示会が開催されてるそうです。

幼稚園やマンションのママ友達との情報交換も盛んなようです。

「少しでも楽で丈夫で可愛いランドセルを…」と思うものの、東京の展示会は集まる人も多く、なかなか大変らしい…

そして、子供のためとは言うものの、小さな子を連れて東京行くだけで、親も子も疲れます。

でも幸いにも、娘が気になっていたメーカー一つは大阪駅傍で展示会開催、そしてもうひとつは奈良の会社なのです。

大阪に着いたとき、孫は少々体調を崩していたため、その展示会には行きませんでした。

でも奈良の会社は我が家から車だと1時間もかかりません、上手くいけば30分強でいける所。

そんな有名な会社が奈良にあるとは…   灯台下暗しですね。

早速車を飛ばし、ショールームへ。  先客は2,3組のご家族だけ、のんびりゆっくり拝見できます。

思った以上の種類がありますが、スタッフさんの丁寧な説明が、ランドセル選択を助けてくれます。

孫が選んだランドセルは、パパ・ママ・バァ~バも賛同できる色にデザインでした

Dsc_0560Dsc_0561茶でも紫でもワインでもない、

でもお洒落な色だと思います。

牛皮製もありますが、人工皮革の

ランドセルを孫は選択。

手触りが気に入ったらしい…

それにしてもデカイ

他のランドセルより大きい…

まさかね

後姿が笑えます

なんせオチビちゃんなもんで…

で、これに決定

当初は、「いくつか見て回ってから決めればいい」と思ってました。

孫が、「どうしてもこれがいい❢」と言い張るようなことあれば、その場で予約しますが。

ところが、そんな時間は無いようです。

なんと、このかばん屋さんでランドセルが売られるのは5月13日のみ。

19種類あるデザインのランドセルを7グループに分け、13日朝10時から1時間毎にそれぞれの受付がスタートします。

販売はWebサイトからのみで、お支払いはクレジット。

売り切れたらおしまい、追加注文は受け付けてらっしゃいません。

13日の夜24時に販売を一旦ストップし、注文内容精査後に、まだ販売できるランドセルが残っていれば再度販売する…

でもたいていその日のうちに売切れてしまうそうです       恐ろしい現実を知ってしまいました(笑)

そして面白かったのが、『販売に関する注意事項』のキャンセルについての項目。

「注文の練習していて、うっかり希望商品ではないものを注文してしまっても、また、両親が共に注文してしまっても、

キャンセル料は発生しますよ」とのこと。

手に入りにくいとなれば、両親のみならず、ジジババ総出で注文しようとするのは人の常。

結構いろんな方がいらっしゃるんでしょうね、笑えます、そして会社側もそんな方達に苦慮なさるのでしょう。

でも他人事だと笑えます、面白がっていろんなパタ~ンを創造・想像してしまいました。

ところで、ジィ~ジ・バァ~バは、孫の入学お祝いにランドセルを買うことにしてました。

でもとてもこの戦いに勝てる気がしません、間違ってポチッとしてしまいそうです、あるいは最初からやり直し…とか。

この際注文・購入手続きは婿殿に任せることにし、我ら年よりは紙包みを贈ることにしました(笑)

因みに、この手作りランドセル、市販のものと変わらないお値段でした、ホッとしたバァ~バでもあります

写真の背後にあるように、使い勝手のよさそうなバッグ類も販売してます。

娘は気に入ったリュックを見つけたようですが、我慢したようです(笑)

後日この一件を友に話したら、「私そこのバッグ持ってるよ」とのこと。   日々活躍してるそうです。

Dsc_0563近くにある工房を見学させていただきました。

思ったよりお若い方達が、皆笑顔で迎えてくださいます。

皮の裁断にはコンピューターを使ってました。

でも縫製や糊付けは全て人の手です。

感心しながら、工房を後に。

来る時目にした「ソフトクリーム」の幟が気になります。

隣接の『みるく工房飛鳥』です。

浜のカキ氷屋さんみたいなしょぼい建物ですが、

なかなか美味しいソフトクリームでした。

一大イベントを終了した気分で帰宅すると、テレビで来春に向けてのランドセル展示会の様子が放映されてました。

あまりのタイミングに、みな苦笑い。  孫だけがすました顔してました。

2018年2月 3日 (土)

バーボン(1月27日)

12月初めに、東京の友に会いに行きました。

殆どしゃべって食べての二泊三日     とても愉しかったです。

その友の行きつけのお店で頂いたウイスキーが美味しかったんです、なんとバーボン

バーボンらしい癖のないバーボンで、真のバーボン好きには物足りないのかもしれませんが…

それが☟   「なかなか置いてるところないよ」と、おっしゃってました。

Dsc_0269Dsc_03481月27日大阪でバレエを鑑賞後、

行きつけのバーに行きました。

フッとバーボンの事思い出して、

「オールドグランドダッド❢」

☜ それがこちら。

ボトル見て違うと感じましたが、

114を失念しておりました。

こちらは少し癖が残ってる気が…

ちょっと出来る女の気分で、

頂いてみました(笑)

次回行ったら、「114❢」と、

頼んでみようかしら?

品揃え豊富で何でも出てくるバーです。  でもちょっと試してみたくって…  意地悪かしら

次回が楽しみな意地悪バァ~サンです

2017年12月31日 (日)

忘年会(12月30日)

今夜は我が家全員(長女一家、次女、末娘夫婦)がそろいます。

例年お邪魔してるレストランが今年はお休みなので、日頃よく行く近くの居酒屋さんに集合して忘年会です

各自好きなものを楽しめるし、いろんなものをチョビチョビ食いできるのが、ありがたいお店。

前々回でしたか、店長さんに「美味しい日本酒用意しておいて」と、頼んでおりました。

数入らない日本酒だと、「昨日なくなった」とか「もう少ししかないんです」てなことが、ちょいちょい起こるんです。

さぁ~て何が待っていてくれるかしら

で乾杯後、「美味しい日本酒を❢」と伝えると、店長が飛んできて、「すごいのが手に入ったんですが…」

なんと一度呑みたいと思いながら、全くもってご縁がなかったお酒『石田屋』

Dsc_0305 Dsc_0306 Dsc_0311

Dsc_0312紙の箱を開けると、黒い木の箱が出てきました。

そしてその中から、夢にまで見た独特の形の瓶が…

思わず「空き瓶持って帰ります」に、「どうぞ、是非とも」

(抱えて持ち帰りました

とっても香りのいいお酒で、ワイングラスで堪能できました。

お味は、お値段だけの値打ちがあるかどうかわかりかねました。

同じ酒蔵の『黒龍』でも充分かもしれません。

これだけでは足りません、『獺祭 磨き二割三分』があったので…

実はこの日、横に並んだ2テーブル、男組みと女子会といった設定になりました。

女子会がこの石田屋と獺祭で酒盛りを始める頃、横でビールを飲んでた男組み。

勿論、分けて差し上げましたが、終始瓶を抱えていたのはわれらです(笑)

珍しい日本酒は話題にもなり、好奇心を倍増させ、愉しさも一気にアップしたように思います。

賑やかで楽しい忘年会でした。

明日は長女一家が、婿殿のお家に行ってしまいます、一日には末娘夫婦が…

そしていつもの老夫婦+1になってしまいます。  賑やかだった分、反動はつらいものがあります。

今年ももうすぐ終わりを告げます。

やがて除夜の鐘が聞こえてくることでしょう。

皆様本当に一年ありがとうございました、そして来年も宜しくお願いいたします   <m(__)m> 

2017年12月29日 (金)

My 椅子(12月27日)

本日夕方、My 椅子が届きました。

Dsc_0302_2☜ 早速My ルームへ。Dsc_0304

残念ながら、カーテンは年内に

間に合いませんでした。

ファンヒーターもスタンバイ。

でもこの時期、ゆっくり座ってる

時間はありません。

明くる朝、淋しそうなので、

二匹の熊さんを座らせました☞

次は、これに合うオットマンを

探そうかな?

夢は広がります


2017年11月14日 (火)

お土産に(11月11日)

この夏に出会ったシュガーアートの先生宅にお邪魔する機会がありました。

その時知ったいろんな可愛らしいアイシングクッキーに、思わず
11月12日、横浜の中華街で、アメリカから戻った来た長女一家と末娘夫婦の顔合わせの予定があります。
その時に持って行こうかと注文しておりました。   そしてそのクッキーが出来上がったので、取りに行くことに。
Dsc_0168いつものように“おもてなし”して頂いちゃいました。
いつものようにマリメッコのカップで。
紅茶とお手製のクッキーです。
さっくりサクサク、美味しいクッキーでした。
そして紅茶もいい香りがして…
バタバタ駆けずり回ってる私には、とっても癒された時間。
今度はシュガーアーツ(食べれません)の写真立てを
お願いしようと、作品集を拝見。
驚かせようと、一人画策中なんですよ(笑)
まだデザインも決まってないのに、今からわくわくしてます。
ところで、今日取りに伺ったお持ち帰りの作品はこの二種類。
Dsc_0165
         Dsc_0165_2      Dsc_0166
おままごとセットのような作品は孫に、愛や幸せのモチーフ一杯のセットは末娘夫婦に
割れないように気をつけて持って帰ります、そして明日持って行きます
今から喜んだ顔が目に浮かび、ニヤリにやりです(笑)