2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ひとりごと

2017年3月13日 (月)

アオジ (3月8日)

先日、大和郡山市にある矢田寺の傍の友の家に行ってきました。

おしゃべりしてると、友の目が壺庭にくぎ付けになってるのに気付きました。

最近バードウオッチングを始めた友は、鳥を呼ぶために庭にミカンを置いてます。

どうもそれを啄ばみに来た鳥がいるようです。

私の事をすっかり忘れたかのごとく、スマホ取り出し、庭の鳥を撮ろうと何やらもさもさし始めました。

凄く慌てているのが分かりますが、知識のない私にはないが起こってるのやら???

なんだかパニック状態で、スマホのカメラ機能がわかんなくなってるよう。

事情は分かりかねますが、鳥を撮ればいいこと位は私にも理解できます。

で、私もスマホ出して…

とてもお見せできるような写真ではないのですが、友は撮れずしまいで、とっても悔しがっております。

そして鳥の名は「アオジ」、なかなかこの辺りでは珍しいそうで、しかもつがいで来たので友は大興奮heart04

あまりにひどいピンボケですが、折角撮ったので…

Dsc_2427

写真左端にボケボケに映ってるのが友が興奮した彼氏です(笑)

首下から背中にかけては雀の様な柄ですが、頭や尾の辺りはメジロの様な色の緑。

一枚くっきり写ってるのは、見事葉っぱの陰で、肉眼で見た者にしか把握できないほどの完璧な保護色sign03

恥ずかしながら、友の興奮と落胆に免じて、ここに掲載させて頂きました。

御目汚しとは存じますが、笑いの種にはなるかと… sweat01

2017年3月 7日 (火)

雛の膳(2月12日)

京都は、未だ旧暦の事が多いです。

ひな祭りも、3月3日にお雛様を出し、4月3日にしまいます。

でも昨今、世の流れには逆らい難く、立春と共に一斉にひな人形が飾られるようになってきました。

スーパーでも、節分の豆が消えると同時に、雛菓子が並び始めます。

それでも、雛人形を愛でながらの会席は、たいてい三月から始まります。

ところがこの度、京都で開催されたちょっとした催し物で出された御昼は、もうお雛様風景でした。

季節の先取りは嬉しくってお得感がありますが、東京に影響されていく各地の風物詩に、

「あぁ、京都も…」の感が強く、生粋の関西人でもなければ京都在住わずか4年の私ですが、淋しくなります。

でも美味しく頂戴しました(笑)

Dsc_2407 Dsc_2409

立派なお雛様、人気絶頂で人が絶えず、漸く写真撮れました。  我家は、今年どうしましょう?  

子供がいなくなると、段飾りを出すのが極端に面倒になります。

小さな雛だけだして…の年が続いてます。

Dsc_2410_2
思案は、暫く続きます。

2017年2月21日 (火)

ニューイヤー祝祭コンサート(1月3日)

昨年より、バレエをしてる娘は、“ニューイヤーコンサート”に、出演させて頂いております。

Dsc_2292ウイーンのコンサートを倣っての催し物で、

オーケストラによる演奏とバレエ、オペラのコラボです。

狭い狭い限られた場所でのバレエはとても大変。

観ていて、第一バイオリンを蹴飛ばさないかと心配しました(笑)

演奏なさる方も、ギュ~ッと後ろに下げられ、窮屈です。

今年は、ピアノによる「4台のチェンバロのための協奏曲」の

演奏もあり、余計に後方に押しやられたよう…。

私も、4台のピアノが舞台上に並ぶのを拝見するのは初めて。

演奏もとても楽しみなものでした。

バレエは、J.シュトラウスの「美しく青きドナウ」とラヴェルの「ボレロ」

同じ旋律が延々と続くボレロですが、踊りには変化があり、

なかなかいい振付だったと、感動しました。 

クラシックには全く知識のない私ですが、ここのコンサートホールは素敵です。

Dsc_2234

音に詳しい方には、とても評価の高いホールだそう。  

細かい事は分かりませんが、音がス~ッと入ってくるのは、きっとホールのお陰なのでしょうね。

2016年10月 9日 (日)

『うりぼうオーブン』閉店❢(9月30日)

大和郡山の友の家近くにある喫茶店、『うりぼうオーブン』は若い女の子が一人でやってるお店です。

ひょんな事で知り合い、自家製ケーキやキッシュ、ジェラートを楽しみに時々お邪魔しておりました。

お店の雰囲気も好きで、家の近くにあったら毎日でも行ってしまいそう heart04

営業日が週三日ほどなので、なかなか日が合わない事が多く、ちょっと御無沙汰しておりました。

そんな時、「うりぼう、閉まっちゃうんだよ」と聞き、驚きあわてました。

何でも結婚して九州に行っちゃうそう。       で、友と一緒に押し掛けました。

Dsc_1862それが、九月初めの事。

彼女の無花果のチーズケーキを頂きながらおしゃべり。

なんと、私の知ってる方の息子さんとご結婚sign03

耶馬渓の芸術家グループの方なんです。

彼氏のパパと友の家で開催された展示会で出会い、

作品を購入し、それ以来時々便りを頂いてます。

そういえば、彼女と知り合ったのも同友の家。

彼女と彼が出会うのも不思議なことではないかも…

一度由布院に行った時、仕事場というかアトリエと言うべきか、そちらを訪ねたこともあります。

そんな耶馬渓にお嫁に行くのですから、遠いような近いような不思議な感覚に陥りました。

また由布院に行く理由ができたわけです。

当然お祝いしたい気分が上昇❢

☟ パッとひらめき、決めたのはこの絵です。

1473729793815「うりぼうオーブンに絵をかけさせてもらったら?」と、

絵描きの友に口利きしました。

話はとんとん拍子に進み、彼女の絵が飾られるように。

そんなこともあり、その友にお祝いの絵を依頼。

でも彼女もお祝に絵を考えていたとか…

なので、私はその額縁を負担する事にしました。

最終日30日、友の絵を引き取るついでにもあり、プレゼント持参で一緒に行きました。

Dsc_1918でも名残を惜しむ人たちで、大入り満員。

記念にお店の写真を撮るつもりでしたのに、

それもかないません coldsweats02

彼女の人柄ですね、人が集まります。

皆が居心地がいいと感じる、そして美味しいお店。

愛されて惜しまれて…

耶馬渓でもこんなお店を開けるといいのですが…

いいえ、開いてほしいものです。

Dsc_1924 Dsc_1919

Dsc_1922☝ 人のいないところを撮ろうとすると…

いつまでもある、いつでも行けると思っていたので、

お店の写真をとるという発想がありませんでした。

とっても残念ですが、私の記憶に記録するために…

☜ 最後の彼女のケーキですsign03

ロールケーキ&コーヒー

とっても残念ですが、心からお祝い申し上げます。

今度は耶馬渓で notes notes

そう祈りながら、お別れしました。

2016年9月27日 (火)

『泥酔夫婦世界一周』

世界各国お酒と音楽はあるもので、海外行く度に御当地名物のお酒に挑戦してまいりました。

特にビールは、今のところどこででも出会う事ができました。

最近ちょっとワインな気分になって、時々ですがブログにもアップしたりしておりました。

いろんな国でいろんなワインが作られているようで、ワインコーナーもなかなか楽しいです。

今娘夫婦がサンフランシスコ近辺にいるので、訪問の際は是非ともナパ・バレーでワインを…と画策中 coldsweats01

「海外行った時、どこでワイナリーに行ったかな?」

カナダとイタリアではワイナリー訪問、あとはスロベニアで古城特製ワインを楽しんだぐらい…

スペインやオーストラリア、フランス・スイスで飲んだくれた覚えはありますが…

クロアチアやスロベニアのワインは自国内消費で、他国で見かける事はありませんが、美味しかったです。

そして最近目にする南アフリカワインも安くて美味しいです。

クルーズで世界一周なさった方が、「南アフリカのワイン?」でワイナリーに行かなかった事を知りました。

今ちょっと気になる南アフリカです。

そんな時ふっと思い出したのが、ブロ友さんお薦め?の『泥酔夫婦世界一周』という本。

ブログで拝見し即購入したものの、なんとなくそのまま“積ん読”になっておりました。

Dsc_1913ゴソゴソ取り出し目次を見ると、

かの御夫婦は南アフリカには行かずじまい…

で、南アフリカのアルコール事情についての情報ゲットはならず coldsweats02

でも、この本、面白かったわぁ~ happy01

楽しく拝読・拝見いたしました。

執筆者御夫婦の様には呑めませんし、楽しめません、踊れません…

そして見ず知らずの方と、心から打ち解けてグラスを傾けるのも

ちょいと苦手、というか、怖がりなので… coldsweats01

ところで、海外旅行の際、私はビール瓶を集めておりました。

最近では重たい・嵩張るのと、たまってくると邪魔、

といった理由で、ラベルだけを引っ剥がして持ち帰っております。

製造してる国、あるいは村の、独特なラベルが結構楽しい。

最近では観光用に、工夫されてきてる気がします。

それらの戦利品?を眺めてると、いろんな事を思い出します。

「呑めて良かった」と思うひとときでもあります。

  beer heart04 wine heart04 bar heart04beer heart04 wine heart04 bar heart04beer heart04 wine heart04 bar heart04beer heart04 wine heart04 bar heart04beer heart04

2016年9月18日 (日)

中秋の迷月(9月15日)

ほんとに何かしらバタバタしてる日々、なんだか落ち着いてものを考えられない状態が続いております。

フット気が付けば、今日は中秋の名月。

慌てて月見団子を買いに行きましたら、もう売り切れ coldsweats02

他のお菓子屋さんに行けばあるでしょうが、我家は餡なしの月見団子でないとダメ。

御供え後の白いお団子を焼いて醤油でいただくのが好きなのです。

今年はどうも雨らしい、少なくとも雲に隠れそう、との天気予報を信じ、「ごめんなさい」することに決定。

いつも団子屋さんでおすそわけして頂く萩も芒ももうなく、お供え物は小芋と塩とろうそくのみに。

それもなんだか淋しいし、中途半端極まりないので、あっさり全部やめにしてしまいました。

日が沈み暗くなっても雨の音は聞こえてきません。

見えてるはずがないと思いつつもちょっと外を覗くと…

P9150290

雲の合間から顔出してました。    思わず手を合わせ、「ごめんなさい」

でも十五夜を見てしまったら、十三夜も見ないと…

今年の十三夜は10月13日だそうですが、私は日本にいないはず…

個人的に十日夜(11月9日)を代理に仕立てあげて、何とか片見月にならないようにするつもりです(笑)

でも晴れてくれるかなsign02   こればかりはお月さま次第ですね。

2016年9月17日 (土)

ホットケーキも秋(9月13日)

何やかやと車を走らせ用を済ませたら、もうお昼すぎてました。

お腹はそれほどでもなかったのですが、どこでもいいから一服したい、コーヒー飲みたいsign03

土地勘のないところなので、ふと見つけたショッピングモールに入り…

食べるところは『びっくりドンキー』と『珈琲館』だけのよう。

ピ~ンとは来ませんが、ここは珈琲館へ。

バタバタ後の疲労感もあったのでしょうかsign02 メニューの写真に魅かれて季節のホットケーキを注文。

Dsc_1868

完全に秋バージョンsign03  見た感じいいでしょっheart04  すっごく甘そうだけど… coldsweats01

先入観か、どうしても紅葉が生麩に見えてしょうがない。

勿論違いますよ、でもマジパンでもないんです、柔らかいお餅みたいな…求肥に近い感じでした。

とっても甘くって甘ったるくって、ちょっと閉口しながら、でも完食。

コーヒーが美味しかったので助かりました(笑)

もうじき十五夜、お彼岸。

こそこそっと秋が忍び足で近づいてるのを感じるここ数日です。

2016年9月15日 (木)

御茶席の手伝いに…(9月4日)

毎年9月に入ると途端に、あちこちでいろんな芸術祭の様な催しが目に付くようになります。

我が町でもちょっとした芸能祭が開催され、市長さんや市会議員の方々が御来賓としていらっしゃいます。

何故か、いつの頃からか、そんな方達にお茶を出す接待係の末席に名を連ねております。

名ばかりでず~っと何もしてこなかったのですが、4,5年前から「若いから…」 coldsweats01 と使いっ走り役に昇格。

普通のお煎茶とお菓子をお持ちするだけでしたのに、昨年より御抹茶に。

しかもお茶の先生が素敵なお茶碗御持参で、そして着物でいらっしゃったのです。

ドキドキしながらお運び役を務め、「今度からは心得のある方に…」とご辞退申し上げるつもりでおりました。

ところが何をどう勘違いなされたのか、「今年もよろしく…」と先制パンチを頂戴してしまいました coldsweats02

「えらいこっちゃ」と、何とかごまかせないものかと策略めぐらせましたが、あちらの方がうわ手で… weep

結局今年も招集され、約束の時刻に指定された会館の小会議室?の戸を開けると…  目が点 sign03

Dsc_1866_2

こんな事になってました。

屏風も立礼用の漆塗りの御園棚も御自宅から。  

織部のお茶碗が用意されてましたが、他にも棚に赤膚焼や楽のお茶碗が用意されてました。

会議室故の無粋な椅子とテーブル、味気ないカーテンはさておき、完全にお茶ムード。

Dsc_1867_2多分一般庶民には、こちらのお茶碗?

ここにも秋の花が活けられてます。

お菓子の準備をするのが私の役目。

もう後に引けません。

居心地悪く、何処にいたらいいかも分からず、ぼ~っ❢

それでも素敵なお道具を拝見させて頂きました。

裏千家さんの様です。

炉には炭はなく、電気コンロが仕込んでありました。

Dsc_1865☜ そして何よりも驚いたのが、こちら.

赤い絞りのお振袖は、16歳のお嬢様。

渋いお振袖をお召しはそのお母様で、お茶の先生。

振袖なのにちっともおかしくないんです。

こんな大人の振袖もあるんだと、目から鱗。

今日、催しの初めに表彰式があるそうです。

その賞状を壇上に持っていくお役目のためのお衣裳だそう。

それにしても、ちゃんとお持ちなんですね、そんな時用のお着物。

わたしも、「誰かノーベル賞頂くような事あったら振袖着るsign01

と宣言してる身、いい勉強になりました(笑)

セレモニー前に、たくさんの御来賓の方達がお見えになりました。

ドキドキ緊張のしっぱなしで何していたのか訳分からぬままでしたが、粗相はなかったと信じて…

後で頂いたお薄がとっても美味しくって… ホッ heart04

「来年も…」に、「○♯%*$▼@」   

これ以上のバージョンアップはないよね、でも来年はお嬢様がいないかも…   

そんな事思ったら、またまたドキドキが復活、どうしたものじゃろうねぇ~sweat01

2016年9月 9日 (金)

月一回の鎌倉行き(8月26日)

またまた鎌倉の家を掃除しに出かけました。

26日関西は雲の多い空で、富士山は無理。

びわ湖北部に辺りまで来ると、もう稲穂が黄色くなって頭を垂れてます。

奈良では漸く穂が見えてきた程度で、まだシャキッと起立状態。

関ヶ原辺りでしょうか、一足先の田んぼを何とかカメラに収める事ができましたが…(笑)

Dsc_1836

稲刈りが終わってる所も見かけました。  早いんですねぇ~、雪の積もるところは。

名古屋辺りから青い空が広がり始め、なんと諦めていた富士山と久々の御対面 scissors

Dsc_1837

何度見ても綺麗。  でも冠雪してる姿が一番それらしいsign01

富士山が見えないと淋しくって、見えるとカメラを向けて…  何度も通ってる見てる景色ですのに…

今日は鎌倉の家を掃除し、あす東京の娘と落ち合って、東京の着物友と夕食を頂きます。

2016年7月24日 (日)

只今休憩中?

先日、買い物から戻り、玄関のカギを開け、水を撒こうと…

あらっsign02 

Dsc_1726

私を待っていた? 水撒きで涼しくなるのを待っていた? 単に暑気あたりでばててる?

細い頼りない蔓は風に揺れてるのに、じぃ~っと動きません。

そぉ~っとスマホ取り出し camera

確認すると、翅の写りが悪い…  では向きを変えて…

あらぁ~、飛んでっちゃいました coldsweats02

お疲れで休憩中だったのかも?  どうもお邪魔して済みませんでした <m(__)m>

この場を借りてお詫び申し上げます。

より以前の記事一覧