2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ひとりごと

2018年6月11日 (月)

オクトーバーフェスト(5月27日)

この春、ブログで二回ほど紹介いたしました鰻屋さん『うな菊』

主人に「連れて行ってくれ」と言われ、本日、近くに行く用事のついでに立ち寄りました。

うな菊さんの鰻、やはり裏切りませんでした。

主人も満足したようで、今度奈良に来る友を連れてこようと喜んでおりました。

ならまちでの用事を済ませ、奈良公園を通って帰ります。

実は、奈良公園では『オクトーバーフェスト』あのドイツビールの祭典が開催されてます。

今年は、5月25日から6月3日。  

ここ数年、毎年のように来てます。 なので今回も素通りできません(笑)

お腹一杯ですが、この暑い日差しの下での beer は魅力です coldsweats01

でもホールは勿論、テントの下は既に大勢の人で一杯です。 

Dsc_0595 Dsc_0596

お約束の顔出しパネルに、今回も主人に納まってもらいます☝

Dsc_0594漸く席を確保できました。

近くのブース『Zoller Hof(ゾラホフ)』で、ゾラホフ ヴァイツェンを購入。

300ml 1200円 500ml 1500円

何処のブースのビールも同じようなお値段で、決して安くはありません。

デポジット制が導入されており、最初はグラス代1000円も支払わねばなりません。

でもグラスを返せば、1000円は戻ってきます。

二人で乾杯 sign03  あて無しです。

ドイツの民族衣装に包まれた楽団一行の入場を見、ホールからもれてくる

音楽をBGMに、お祭り気分を堪能 notes notes

いい一日になりました。

2018年5月27日 (日)

結婚式に集合❢  (4月27日~)

連休前、大阪で末娘の結婚式を執り行いました。

昨年籍をいれ、社宅で二人の生活を始め、秋には着物での写真を撮って、正直なんだか「今更…」という気持ち coldsweats01

なので全くもって緊張感もなく、みんなが集まるいい機会ぐらいにしか思ってないいい加減な両親です。

Dsc_0519とにかく皆に、とりわけ孫に逢えるのが楽しくって…

宿泊先のホテルでは『いちご狩』と称してイチゴフェア開催中。

若い女性が列を作っていました。

いくら好きでもバイキング頂くほどでもないので、違うカフェへ。

恨めしそうにイチゴを見てる孫は、写真撮影でごまかします(笑)

大好きなチョコレートをちらつかせ、納得させました wink

最終確認に式場に行っていた明日の新郎・新婦も合流。

婿殿は昨日ドイツ出張から戻ってきたばかり。

で、ドイツ土産を頂戴しました。

結婚式のブログですが、日本では手に入らないカップヌードルなので、やはりブログ発表は必須(笑)

Dsc_0565 Dsc_0564

(なかなか美味しかったですよ)

婿殿はご実家へ、孫は疲れたのか微熱を出し、用心のため今夜はルームサービスで対応。

夕食は淋しく娘二人と我ら両親チームの4人でした。

Dsc_0529Dsc_0523あくる日元気を取り戻した孫は、

ドレスを着て参加。  

「今更…」なんて思っておりましたが、

白いドレスに身を包んだ娘に涙が… weep

式も、親族だけの披露宴も和やかに…

明くる朝、我ら奈良一家・長女一家に

新郎新婦?も加わり賑やかな朝食。

老夫婦にとっては至福のひと時でした。

この後、新郎新婦は婿殿の実家へ。

でもこのまま奈良に帰るのは勿体ない。

ホテルは大阪城の傍で、部屋の窓から船着場が見えてます。  で、この船に乗りに行くことなりました。

Dsc_0541Dsc_0542乗船待ちの間に、記念撮影。

お土産コーナーで、蛸に乗った

ミッキーマウスを見つけ、

「欲しい❢」と駄々をこねる孫。

買ってやるのは簡単ですが、

どうもこちらへ来る道中で、

「もう買わないよ❢」と約束して、

何かを買ってもらっていたようです。

親の方針に水を差しては…と、

じっと我慢のジィ~ジとバァ~バです。

爽やかな風を受けながら、ぐるっと中ノ島巡り。  桜の時期はとっても綺麗ですが、本日は緑が素敵でした。

中ノ島のバラ公園が見えました。  いつもより早いようです、既に満開のように見えました。

「ここが大阪城が一番綺麗に見えるスポット」という言葉に、慌ててスマホを構え camera

川辺にその写真を撮りに来てるマニアが何人もいらっしゃいました。

ゆっくりお茶してから奈良まで戻ります。

長女一家は、暫く我が家に滞在。  賑やかな日はもう少し続きます lovely

2018年2月19日 (月)

本屋さんで

昨夏、行きつけのスーパー近くにあった本屋さん、と言うよりも貸しビデを屋さんが、すぐ傍にですが移転することに。

工事してるのも知ってましたが、今まであまり欲しい本を手に入れられなかったので、さして興味を持ってませんでした。

昨年末オープン、以前よりも広くなったよう、そして通りから見えるところにカフェが見えました。

新聞の折込で、「購入前の本でもカフェで読める」ことを知りました。

本を買う身には、「汚されたくない…」と思いますが、チラッと覗き見したい雑誌があるのも本音。

わが町の図書館は、飲食禁止・お勉強も禁止、自動販売機はあるもののスペースは無く、近くにカフェも無し。

ただ本を探すだけ・読むだけの空間で、よほど借りたい本でもない限り足を運ぶ気になりませんでした。

flair これはいいかも」「使えるsign03」  私にとっては行きつけのスーパーの近くですから、ブラッと立ち寄るにも超便利。

お店前には、しょぼいけどおちびちゃん用遊具があって、毎日多くの人が出入りしてるのを遠目に見ておりました。

年が明け、少し訪問客も落ち着き始めたので入ってみました。

子供に読み聞かせするスペースが出来、遊具も置いてあります。

スタバ形式のカフェで、コーヒーグッズも素敵にディスプレイされ、ちょっと洒落て見えます。

お値段はやや高めで、スタバ並み。

でも気になる雑誌を手にコーヒーが飲めるのはありがたいです。

☟バレンタイン前には、チョコファウンテンまで出現しました。

Dsc_0372

Dsc_0374
Dsc_0376
主人と二人コーヒーを頼むと、くじ引きが…

私は印無しなのでマシュマロの串、主人は赤い印付きで、イチゴ・バナナ・ミニスコーンのおでんみたいな串をゲット。

チョコファウンテンでチョコがけをしていただきます。   これ、ちょっと愉しいです。

小さな子がジィ~ッと指くわえてこちらを見てるのが、少々気になりました coldsweats01


2018年2月13日 (火)

中逮夜(2月10日)

先日、父の中逮夜(中陰)を終えました。

娘三人&その連れ合いだけで、アットホームな雰囲気で執り行われました。

ご仏壇のお膳には、ご飯の替わりに父が大好きだった「おはぎ」、お茶がわりに缶ビールを。

お供えも、父の大好きだったチョコレート菓子を準備。  ガトーフェスタ ハラダのラスクに決めました。

この時期、チョコ菓子はバレンタイン対応で、♥マークに赤い包み coldsweats01

ありがたいことに、お寺さんも「好きなものをお供えしてあげてください」主義ですし、小うるさい親戚もおりません wink

Dsc_0371Dsc_0369関西では抹茶チョコが発売されてますが、

多分父はこの赤い方が好きなはず。

Dsc_0368

ホワイトチョコとバレンタイン仕様を選択。

天国からどんな顔してみてるやら…

せっかくオンライン注文するのだから…と、我が家用に「グーテ・デ・ロワ ソムリエ(中央)」も頼んじゃいました。

「ワインに合うラスク」がうたい文句で、私も娘も結構好きなんです(写真三枚とも中央)

右写真と中央写真の上下が入れ替わってしまってました <m(__)m>

右写真上(中の写真下)がホワイトチョコ、右写真下が「グーテ・デ・ロワ バレンタイン プレミアム エディッション」

ドライフランボワーズが乗った甘いミルクチョココーティングのラスクでした。

私には甘すぎますが、父は大喜びだったのではと思っております。

仏壇の真っ赤な♥は、なかなか明るくって素敵でした(笑)

この後、皆で近くの鰻屋さんへ。

なかなかそろう事の少ないメンバーです、父がプレゼントしてくれたいい機会を大事にしたい…

しかも今年、妹の旦那衆そろってお勤めを卒業することになり、我が家との共通の話題が増えました(笑)

Dsc_0363 Dsc_0364

Dsc_0365 Dsc_0367

お昼から、ビールやお酒で愉しいひと時を過ごしました。

最後のうな重にいたっては、写真がぶれてますものね coldsweats01    あぁ~、いい気持ち heart04

おとうさん、いい機会をありがとうsign03

2018年2月 4日 (日)

節分

姑の月命日にいらっしゃるお寺さん用に、お菓子を買いに行きました。

コーヒー・お茶etc用意してあるいつもの便利使いの和菓子屋さんまで、ウォーキングかねて  shoe shoe shoe

和菓子屋さんは、バレンタインと節分で、大賑わい、いつもは見ないお菓子がここかしこに。

☟パイナップル餡が入ってるというお菓子が気になって頂いてみましたが、私にはパイナップルが感じられません coldsweats02

Dsc_0355 Dsc_0358

やはりB級グルメには敷居が高い…?  厄除けの焼印が嬉しくって、お豆と一緒にお買い上げ。

今日の二回目のおやつに主人と頂くことにしましょう❢

お寺さんには、小さな♥のチョコがのったお菓子を買ったのですが、撮り忘れてしまいました。

今日はメニューを考えなくてもいい日、踊らされてると知りながら、その風潮にのっかって巻き寿司と鰯です。

Dsc_0360日本全国津々浦々、何処でも同じでしょうか?

私達は、この鰯の頭を厄除けに使います。

庭の柊を採ってきて、鰯の頭に射します。  

そして門口に飾るんです。

たいていすぐに猫の餌食になってしまうのですが、

取り付け位置を変えて以来、捕りにくくなったのか、

前年の鰯がまだ残ってるようになりました。

今年も、新しいのとお取替え。

夜中に、バッタンガッタンと音がしたのは気のせい???

今朝見ると、勝手口横のポリバケツがひっくり返っていましたが、鰯は無事でした。

2017年12月26日 (火)

クリスマス

老夫婦と、若干薹の立った娘との三人暮らし、そんな我が家には取り立ててクリスマス行事はありません。

世の流れにXmasを感じ、玄関にサンタさんとクリスマスリースを飾りますが、当日になると忘れているような状態。

今年もサンタ人形は出しました。  でもそれだけ…  クリスマスケーキ、もう何年食べてないかなぁ~sign01

Dsc_0257そんな時立ち寄ったカフェで、素敵なクリスマスを発見heart04

時々?たまに?来るお店です。

この時期は初めてだったのでしょうかsign02

店内あちこちのクリスマスに、感動 sign03

他のお客様がいらしてるので、ここしか撮れませんでした。

でもメニューはいつもと同じです(笑)

Dsc_0256_2

Dsc_0281_3

帰路、ふっと思い立ち、甘い物好きの父にお菓子を買いに和菓子屋さんへ。

ミルクティー味のお饅頭を見つけました。

見た目微妙ですが、トナカイさんです coldsweats01

♪あか~いおはなのぅ~ note トナカイさんがぁ~ notes

と、心で口ずさみながら、お味見を❢

このお店、セルフのお茶・コーヒー・季節の飲み物etcが揃えられています。

ちょっと一服、ちょっとお味見、そんな具合に使わさせていただいております。

高級和菓子屋さんには負けますが、そこそこ納得のいくお味です。

父には、ミルク餡と柚子餡のお饅頭、そして日持ちするお汁粉を買い求めて帰宅しました。

2017年11月11日 (土)

サフランライス(11月8日)

期せずしてサフランを咲かせました(笑)

可愛くって、一日楽しみましたが、やはり気になるのがサフランの赤い雌しべです。

高いのでついぞ買うことのないサフラン、それが今ここに目の前にあるのですから…

たった二本の雌しべでどれだけ色が出るのか解りませんが、挑戦してみることにしました。

自家製サフランなので、乱暴にも?無謀にも?雌しべを指でつまんでピッと引っ張って抜き取ります。

三又に分かれてる雌しべがちぎれて、三本ずつになって取れました(笑)

今度は、乾燥の仕方をいろいろ調べます。 「楽に出来る…」が必須条件 coldsweats01

まずはキッチンペーパーにはさんで… 「テレビの上においておく…」???  

残念なことに昼間テレビをつけないので暖かくありません。  なので即却下sign01

では次の方法で…    「ファンヒーターの前におく…」???  

我が家は床暖なのでファンヒーターはお蔵入り、今更出すのは面倒だし無駄です。   で、これもまた却下sign03

「電子レンジ200Wで…」???  でも何分か時間は書いてません。  

ごそごそと我が家の電子レンジの指南書出してドライフルーツの作り方を参照すると、2時間…??

そんなに量ないですし、もし焦げてしまったら取り返しつきません、だってたった6本、否、雌しべ二本ですから…。

かといってチマチマと何度もレンジにかけるのも面倒。

flair  そうだ、浴乾を使おう❢  洗濯物を乾かすついでです。  

雌しべをキッチンペーパーにはさみ、ザルに入れて、飛んでいかないよう別のザルをかぶせました。

☟    そして温風の当たるところにぶら下げて放っておきます。  約二時間で☟

Dsc_0161 Dsc_0163

う~ん、たったこれだけで色でるのかな?   とにかく使ってみたい❢  で、後日挑戦❢

Dsc_0170_2今夜はカレー、娘と二人なので2合のお米を用意。

適量の水にサフランを全部放り込んで加熱。

数分で色が出てきました。

ジャーの中のお米2合にこの液を入れます。

面倒なので、雌しべごと入れちゃいました。

もう少し色が出るかもしれませんしね…

更に水を追加していつもの水加減に調整。

スープの素を放り込んで、スイッチON。

後はあなた任せ、お釜任せ。

Img_20171110_190805☜ 出来上がりheart04

薄い黄色です。

急遽思いついたにしてはなかなかの出来栄え❢

と、自画自賛(笑)

いつものカレーが、ちょっと上等になった気がします。

こんな型も使いませんしね、いつもは。

雌しべを取ったからか、元々そういう運命だったのか、

サフランの花はしおれてしまいました。

でもまだ小さい芽が一つ残ってます。

果たして伸びていくでしょうか?  咲くかしら sign02        期待半分諦めも半分です。

『フェルト玉』のその後

八月の末に購入し放っておいたフェルト玉、発芽してるの気が付いたのが九月二十五日。

Dsc_0067気づいてからは、一応表に出しました。

とはいえ、またまたず~っと放っておりました coldsweats01

白い芽がニョキッと顔出していますが、恥ずかしいのか、

そう目立って大きくなってきません。

日に当てたほうがいいのか?

外に出してみました。

干からびるかも?

家に入れます。   その程度の気遣いです bleah

緑の葉っぱが出てこないのが気になって気になって…

10月23日                       11月1日                       11月6日

Dsc_0114 Dsc_0138 Dsc_0158

ヒヤシンスと聞いてましたが、どうもサフランぽい… coldsweats02     赤い雌しべがちょこっと顔出しかけてます。

そして11月7日の朝はまだ閉じていたのですが、昼ごろにめでたく開花 heart04

Dscpdc_0001_burst20171107114125394

無事、放っておくだけで咲きました、私向きのフェルト玉でした。

まだ小さい芽が一つ残ってるので、解体せずに置いております。

次の花が咲くやら、もう力尽きたのか…  暫し観察です、否、放っておきます。

2017年11月 4日 (土)

練麹(11月3日)

こう寒くなってくると、鍋がありがたい。

鶏肉も嫌いではないのですが、時に臭いが鼻につくことがあります。

それが、練麹を使うようになって以来、全く気にならなくなり、海老や鶏の臭み抜きには練麹が大活躍sign03

練麹は塩麹の親戚みたいなものですが、お酒を使います。

塩麹が一大ブームを迎えた頃、何かの雑誌で、近茶流「八尾善」のレシピとして紹介されていたのを目にしました。

当時頂き物の塩麹を使っていたのですが、麹独特の匂いがあまり好きでない・在庫がなくなりそうだった、

更に塩麹同様自分で簡単に作れそうと、挑戦したのが始まり。

臭み抜きだけでなくいろいろ重宝で、とうとう作り置きの練麹が品切れになったので一大決心・一念発起❢

生麹を買いに行きました、そして準備万端整えて、いざいざ…

Dsc_0142_2材料は、酒・生麹・塩のみ。

日本酒300mlを煮切ります。

完全にアルコールをとばしておかないといけません。

そして、麹と塩をしっかりもみ合わせておきます。

この麹を炊飯器に入れます。

そして、先ほどの酒が充分冷めたら、ここに加えます。

最後に、炊飯器の保温スイッチをONsign01

三時間ほど待ちます、放っておきます。

すると、汁気のないお粥さんのようになります。

Dsc_0146 Dsc_0147

大体200mlになりました。   瓶に入れて冷蔵庫へ。   結構持ちます。  

以前生麹 1パック(300g)全部使ったら、使い切る寸前に分離し始め、アルコールに変身しそうになりました coldsweats01

なのでそれ以来、100gづつ作ることにしてます。

残りの麹は冷凍庫で、次回まで暫し冬眠です。

さぁ~て、今夜もお鍋にしようかな sign03

黄昏(11月2日)

気持ちのいい日が続いてます。

でもどんどん日が短くなってきます。

うっかりしていたら、外はもう…

Dsc_0140_2

家路を急ぎます❢




より以前の記事一覧