2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ひとりごと

2017年9月 2日 (土)

今日のお昼

8月9日、東京マック vs 大阪マクド、そんな決戦の火蓋が切られました。

Dsc_2709_2CMに乗せられて気になって気になって…・・・・・  

そこで主人と二人のお昼、マクドナルドへ行くことに。

主人は大阪バージョン、私が東京スタイルで…

Dsc_2710
主人いわく、ソースが主張しすぎで…

私のローストビーフはハムみたいで…

お互い片方しか食べてないので、勝負はつかず…(笑)

一方、娘はチキンナゲットを食べてみたそうです、そして、「ナゲットに関しては、東京の勝ち」と申しておりました。

後日新聞の発表に寄れば、51対49で大阪バージョンが勝利を収めたそうです。

「でup」 と思っている私です coldsweats01

2017年8月13日 (日)

新車納入❢ (7月2日)

車で出かけた先で、主人が「ちょっと寄ってくれ…」

というわけで、大きなトラックの後ろに停めて、主人を待ちます。

と、トラックから降りてきた方に「もう少し下がってください」と、丁重にお願いされました。

「なんでかなぁ~」と思いつつも、凄く丁寧だったので、即バック…

すると、トラックの後ろが開いて、大きなスポーツカーが、私のほうに向かって下りてきました。

sign02 」 …・・・・・  「 sign03 」 … 「 heart04 」    「ランボルギーニup

Dsc_2632_2お買い上げなさった方が乗り込みました。

あの羽のように上がるドアが凄い❢

Dsc_2633_2
そして再びバックオーライ・バックオーライ…

と、主人が戻ってきました。

すぐ横を通り抜けたのですが、近すぎて車の横顔は撮れません。

ぐるっと一週回って反対車線から撮影したいという好奇心と戦いながら、帰宅。

う~ん、やっぱり撮るべきだったかなぁ~ coldsweats01

2017年8月12日 (土)

久々にバーへ(6月30日)

30日、大阪に行く用事がありました。

「久々に○○(バーです)に行こうか」と主人が声をかけてくれました。

京都に行ってる娘も参加表明し、「各自夕食済ませて、現地集合❢」ということになりました。  

でも叔母のお葬式のため、大阪に行く用事はキャンセル。

でもこの機を逃したら、いつまたこのバーに連れて行ってもらえるか解りません(因みに一人でも行けますが…coldsweats01)

というわけで、米子から一旦奈良の自宅に戻り、電車で大阪へ。

われながら、「元気やわぁ~❢」

Dsc_2630流石にお疲れなのか、脂っこいものはほしくありません。

無性にお蕎麦が食べたくなり…

「わさび蕎麦」を見つけました。

このお店、7時までなら飲み物が1杯無料だというのです。

“ただ”に弱い私は思わず、「ビール❢」

これからバーに行くのですが、我慢できませんでした(笑)

山葵の葉が清涼感をプレゼントしてもらい、元気回復。

Dsc_2631_2約束の時刻、ばったり入り口で娘と出会い一緒に…

久々に本物のシャンパンを頂きます。

流石です。  綺麗な泡が、いつまでも続きます。

と、デューク更家さんが入っていらっしゃいました。

なんとなく皆を惹きつける話術は流石です。

このバーの16周年?記念にディスコパーティーを計画中だそう。

落ち着いたバーの雰囲気からは想像できないパーティー。

蝶ネクタイにスーツのマスターもお衣装考えるそうです(笑)

「如何ですかsign02」に、「踊れませんが、かまいませんsign02

ディスコには行ったことありません、興味津々。

この年になると怖いもの知らず、この機を逃しては「もうない❢」

はてさてどうなりますことやら…

娘はノリノリです… bleah

2017年8月 4日 (金)

歯医者の帰りに(6月21日)

今日は歯医者さんへ。 

メンテナンスだけではなく治療あるので、なんと二時間ほどかかりました。

もうお腹ペコペコ、いくら歯医者さん帰りとはいえ、我慢できません。

とかなんとか言って、言い訳作って、お気に入りカフェに直行(笑)

でもさすがに甘いものは避けました❗

Dsc_2608

美味しいですが、普通のサンドイッチです。

素敵なマダムのいる素敵なお庭の素敵なお屋敷でのランチ。
気分よく帰宅できます notes notes

2017年5月 8日 (月)

わさびソース❢

連休前、新聞と一緒に届いたマクドナルドのちらし。

「最近行ってないなぁ~、もう落ち着いたのかしら?」なんて、一時の危機状態を思い出しました。

と、チキンナゲットに新しいわさびソースが出るようです。

わさび好きとしては気になります、行かねば❢

Dsc_2557この緑のパッケージに期待❢

綺麗な緑色ソースです。

写真は撮り忘れ… coldsweats02

味は、思ったほど強烈ではなく…

わざわざ食べに来るほどでもなく…

でも、もしチキンナゲット頼んだら、

山葵にするかマスタードにするか、

思案する価値はありそうです。

久しぶりのマックでした。

一時閑散としてましたが、

昔に賑わいを戻したように思えました。

2017年5月 7日 (日)

こいのぼり(4月23日)

あまりのいいお天気に、歩いていつもの喫茶店へ。

気持ちのいい風に少し冷たいものを感じますが、日差しは暖かです。

ご近所さんが鯉のぼりをあげてらっしゃいました。

Dsc_2554
気持ちよさそうに泳ぐ鯉のぼり heart04      もうそんな季節になってたんですね。

最近では、田舎の我が家近辺でも見ることが少なくなってきました。

2017年5月 6日 (土)

今年の牡丹

数年前に頂いた大根島出身の牡丹が今年も咲きました。

例年より少し早い牡丹便りの気がします。

四月十七日、まず『太陽』が4つも一斉に咲き誇りました。

Dsc_2548

次は『島大臣』、蕾は二つ。  花が重過ぎて、お辞儀しそうです。   四月十八日の撮影です。

Dsc_2550

最後は『紅輝獅子』、二鉢ありますが、四月二十三日現在はこちらだけ…

Dsc_2555

いずれも甲乙つけがたし、優劣つけがたし、艶やかです。

淡いピンク色の『八千代椿』を枯らしてしまったことが悔やまれて仕方ありません。

2017年3月13日 (月)

アオジ (3月8日)

先日、大和郡山市にある矢田寺の傍の友の家に行ってきました。

おしゃべりしてると、友の目が壺庭にくぎ付けになってるのに気付きました。

最近バードウオッチングを始めた友は、鳥を呼ぶために庭にミカンを置いてます。

どうもそれを啄ばみに来た鳥がいるようです。

私の事をすっかり忘れたかのごとく、スマホ取り出し、庭の鳥を撮ろうと何やらもさもさし始めました。

凄く慌てているのが分かりますが、知識のない私にはないが起こってるのやら???

なんだかパニック状態で、スマホのカメラ機能がわかんなくなってるよう。

事情は分かりかねますが、鳥を撮ればいいこと位は私にも理解できます。

で、私もスマホ出して…

とてもお見せできるような写真ではないのですが、友は撮れずしまいで、とっても悔しがっております。

そして鳥の名は「アオジ」、なかなかこの辺りでは珍しいそうで、しかもつがいで来たので友は大興奮heart04

あまりにひどいピンボケですが、折角撮ったので…

Dsc_2427

写真左端にボケボケに映ってるのが友が興奮した彼氏です(笑)

首下から背中にかけては雀の様な柄ですが、頭や尾の辺りはメジロの様な色の緑。

一枚くっきり写ってるのは、見事葉っぱの陰で、肉眼で見た者にしか把握できないほどの完璧な保護色sign03

恥ずかしながら、友の興奮と落胆に免じて、ここに掲載させて頂きました。

御目汚しとは存じますが、笑いの種にはなるかと… sweat01

2017年3月 7日 (火)

雛の膳(2月12日)

京都は、未だ旧暦の事が多いです。

ひな祭りも、3月3日にお雛様を出し、4月3日にしまいます。

でも昨今、世の流れには逆らい難く、立春と共に一斉にひな人形が飾られるようになってきました。

スーパーでも、節分の豆が消えると同時に、雛菓子が並び始めます。

それでも、雛人形を愛でながらの会席は、たいてい三月から始まります。

ところがこの度、京都で開催されたちょっとした催し物で出された御昼は、もうお雛様風景でした。

季節の先取りは嬉しくってお得感がありますが、東京に影響されていく各地の風物詩に、

「あぁ、京都も…」の感が強く、生粋の関西人でもなければ京都在住わずか4年の私ですが、淋しくなります。

でも美味しく頂戴しました(笑)

Dsc_2407 Dsc_2409

立派なお雛様、人気絶頂で人が絶えず、漸く写真撮れました。  我家は、今年どうしましょう?  

子供がいなくなると、段飾りを出すのが極端に面倒になります。

小さな雛だけだして…の年が続いてます。

Dsc_2410_2
思案は、暫く続きます。

2017年2月21日 (火)

ニューイヤー祝祭コンサート(1月3日)

昨年より、バレエをしてる娘は、“ニューイヤーコンサート”に、出演させて頂いております。

Dsc_2292ウイーンのコンサートを倣っての催し物で、

オーケストラによる演奏とバレエ、オペラのコラボです。

狭い狭い限られた場所でのバレエはとても大変。

観ていて、第一バイオリンを蹴飛ばさないかと心配しました(笑)

演奏なさる方も、ギュ~ッと後ろに下げられ、窮屈です。

今年は、ピアノによる「4台のチェンバロのための協奏曲」の

演奏もあり、余計に後方に押しやられたよう…。

私も、4台のピアノが舞台上に並ぶのを拝見するのは初めて。

演奏もとても楽しみなものでした。

バレエは、J.シュトラウスの「美しく青きドナウ」とラヴェルの「ボレロ」

同じ旋律が延々と続くボレロですが、踊りには変化があり、

なかなかいい振付だったと、感動しました。 

クラシックには全く知識のない私ですが、ここのコンサートホールは素敵です。

Dsc_2234

音に詳しい方には、とても評価の高いホールだそう。  

細かい事は分かりませんが、音がス~ッと入ってくるのは、きっとホールのお陰なのでしょうね。

より以前の記事一覧