2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

美味礼讃?

2018年7月 9日 (月)

東京で(6月9日)

主人が仕事で東京に行ってます。

用事は金曜日で終わるので、「東京で合流し、娘達家族と食事でもしようか」ということになりました。

「わざわざ東京へ…」とは思いますが、勿論依存はありません。

早めに東京駅に着いた私、銀座1丁目の文房具屋さんを覗きに行こうと、フラフラ歩いておりました。

Dsc_0670と、なんだか人の列…  とても気になります。

覗いてみるとパン屋さんsign03

「もしや flair

実は七月に東京の友に逢いに行く時、

「美味しいパン屋さんでブランチしよう」

そのお店『セントル ザ・ベーカリー』。

二時前ですが、レストランに並ぶ人も多い。

パン購入の列はそれほどでもないですが、

二時半から販売開始のパンの列。

滅茶苦茶蒸し暑かったので、並ぶのを断念。

初志貫徹で銀座に向かいます。

でもどうしても脳の片隅にパンが引っ付いており、あの美味しそうな香りが鼻にまとわりつきます(笑)

で、潔く戻って列に加わることにいたしました。

戻ってみると、思ったほど列は伸びてませんhappy01     今からなら30分ほどです、楽勝 wink

でもそれは甘かった、暑かった、汗が止まりません coldsweats02

一人3本まで購入できるそうです。  我が家用と長女家族用、末娘宅用、丁度いいです scissors

Dsc_0671漸くに中にはいれました、興味津々でレストランを観察

この時刻のレストランのメニューは「トースト」のみ、あとは売り切れsign01

6種類ほどのスプレッドと食パン、トースターが運ばれてきます。

一方購入用パンは3種類で、イギリスパンは売り切れ、一日一回だけ焼くとか。

Dsc_0672 Dsc_0674
焼いていただくのがお勧めという「プルマン」の最後の1本を私がゲット sign03 

あとは生がお勧めの「角食パン」のみです、娘達にはこちらを渡すことにしましょうsign01

いい匂いが漂う紙袋3つぶら下げて、エッチラオッチラ boutique boutique boutique boutique boutique boutique 今日はスニーカーではないのです coldsweats02

東京駅に向かっていくと、法被姿の方が集まってらっしゃいます、何事 sign02

Dsc_0675 Dsc_0676

『日枝神社』の山王祭だとか。   正式には、「日枝神社大祭」。  神田祭と深川祭りを加えて、江戸三大祭とも。

そんな山王祭の京橋連合渡御が行われてるそう、丁度一服中だったようです。

Dsc_0677_2お神輿にカメラを向けていたら、法被姿のおじ様の説明が始まりそうに…

ありがたいですが、「先を急ぐので…」とご辞退して…coldsweats01

Dscpdc_0000_burst20180609144931606
この筋の先で神主さんらしき方が祝詞を…sign02 

とにかくパンの袋3つ抱えて汗だくの私、ここまで覗きには来たものの、人ごみの中分け入る力はありません。

で、退散。  いい機会だったので、とっても躊躇しました、後ろ髪思い切り引っ張られておりました。

でも暑い❢      とにかく暑い~ sweat01

夕食レストランに行く前に汗を引かせないとね。   東京駅のカフェで一服、やれやれでした。

後日、このパン屋さんでのブランチをご報告いたしますね。

2018年5月24日 (木)

今夜はイタリアン(3月29日)

朝から出かる用があり、夕食の準備に時間が取れません。

主人は外食の予定があるので、娘と二人で簡単に済ませる手もあったのですが…

主人が一緒の時にはなかなか候補に上がらない、でも美味しいイタリアンを食べにいく事にしました。

最初は、カジュアルなバル的なイタリアンのお店の予定だったのですが、行ってみると「貸しきり」の札が…

なので急遽、もう一軒のちょっとお洒落していきたくなる感じのイタリアンのお店に電話。

運よくカウンター席を確保 scissors    急ぎ娘に変更の連絡を取り、現地集合❢

Dscpdc_0003_burst20180329193021294_フランチャコルタを頂きながら、メニューを選択。

Dsc_0493
前菜頂きながら、ワインを物色 coldsweats01

Dsc_0494 Dsc_0496

Dsc_0498前菜もたっぷりなので、いつもはメインの無いコース。

でも今回、「イチゴソース」に引かれてメインも。

選んだのは牛肉の煮込みです。

なのであっさり目?の「モッツァレラと香草のパスタ」に。

やはりこのお店は裏切りません、美味しいheart04

お料理とお料理の間隔が長めなので、主人は嫌いますが、

おしゃべりに事欠かない、そしてワインがあればok

娘との夕食には、それもさして苦になりません。

イチゴのアイス+ティラミス+パンナコッタにも満足 lovely

ルンnotesルンnotesで帰宅しました。

2018年5月22日 (火)

うな菊(3月16日)

エジプトから帰ってきた直後、東京の友が奈良へ遊びに来ることになってました。

どこに行って何をし、何を食べるのか、全てご近所友に任せてます、彼女はとっても優秀な my ガイドなのです(笑)

ご記憶にある方もいらっしゃるかもしれませんが、試食会には参加しておりました coldsweats01

東京の友が来る日16日、どうしても行かねばならない用があり、私は夜の部だけに参加。

以前試食に出かけた先の『うな菊』さんで、前回の「蒲焼御膳」とはちがう「鰻づくし特選弁当」をお願いしました。

☟前回撮り損ねたお部屋の正面をcamera

Dsc_0486 Dsc_0487

特選弁当は、蒲焼は半分ですが品数が多く、女性にはありがたいです☝

明日は高取町へ雛巡りに参ります。 その後、石舞台→飛鳥寺と観光する予定です。

そして二月に試食に行ったもう一件のフランス料理のお店『LA TRACE』で夕食。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆

17日も晴れ、ルンルンで出かけたのはよいのですが、スマホを家においてきてしまいました。

なので写真は一切ありません weep

そしてあくる18日は彼岸のお参りに出かけねばなりません、残念ですが、私はここでお別れなんです。

友たちは、京都に行くそうです。 

私の気持ちを映してか、やや雲の多い日でした。

2018年3月 3日 (土)

試食会Ⅱ(3月1日)

三月半ば過ぎに東京から来る友を迎えるに当たっての、レストラン探しの第二弾です。

今度は鰻です。

奈良公園、春日大社一の鳥居傍に、『菊水楼』という料亭があります。

奈良では由緒あるお店で、「菊水楼で披露宴をした」なんて聞いたら、「さぞや…」と思われるお店です。

でも残念なことに美味しいお店が増えたせいか、お値段ほどに美味しくなくなり、魅力が半減してしまってました。

ところが数年前より、経営が変わったのか考え直したのか、「よくなってきてる」と言う噂を小耳に挟むようになりました。

昨年?友が法事で菊水楼を利用した折、「なかなかよかった」といっておりました。

そして「鰻屋さんコーナーがあるみたい」とも。  

Dscpdc_0001_burst2018030112333005_2で、今回行ってみることにしました。

出先から近鉄電車で奈良駅に向かう時、車内で面白いつり革を発見。

噂では聞いておりました。

何種類かあるらしいのですが、この時期は「つかめsign01 合格」です。

「このレアなつり革を見たら幸運が…」という噂も耳にしております。

早速写真に収めたいものですが、他のお客様に迷惑をおかけしては…とちょっと自重。

でもありがたいことになら駅は終点。   皆様降りられたころを見計らってcamera

「終点です、速やかに御降車願います」と、明らかに私に対するアナウンス… bleah

「急いだ割には取れてるじゃん❢」と、恥ずかしげも無く反省も無く、菊水楼に向かいます。

菊水楼は、興福寺興善院跡に、「奈良で国内外からの賓客をお迎えできる場所」として建てられました。

寺院から譲り受けた豪華な部材や折上格天井など、今では再現の難しい建築技術が駆使されてます。

Dsc_0417Dsc_0415やはり入り難い雰囲気。

「登録有形文化財」の碑が。

中にはカメラ構えてる

外国の方達が…

気になる雰囲気ですから。

お店の方はそんな方達にも

とても親切でした。

格式を知ってる身故に、

堂々と入れるのが嬉しい(笑)

門をくぐると目の前に木造三階建ての菊水楼。  料亭はこちらにあります。

Dsc_0414 Dsc_0397_2

入り口脇には、昨年使われたお水取りのお松明が置かれてました。  今日から本行入りです。

上の写真左端、菊水楼さんの左手に見える門の先に、「貴賓室」として使われていた所がありました。

そちらを改装して、鰻のお店『うな菊』になさったそうです。

Dsc_0398Dsc_0395門先には、長い通路。

庭を進むと右手にうな菊。

とても素敵な雰囲気です。

なかなか知らないと、

ここまで入れません。

「さすが菊水楼」と

感心いたしました。

戸を開けると、お迎えの方。

更に長い廊下を奥へ…

お水が張られた四角い石鉢には菊の花。 欄干には「菊に水」の彫り物が施されてます。  照明は灯篭を使ってる?

Dsc_0411 Dsc_0409 Dsc_0412

老化の右手には、庭が覗き見られます。  実は、ず~っと土足で ok なんですよ。   

正面に、鰻の絵の衝立を発見。  この右手がお食事どころです。

既に他のお客様がお見えだったので、お部屋の写真は撮りません。

床の間の飾り、襖や釘隠し、どれも素敵でした。

メニューは昼夜同じ。  鰻半身+小鉢の多いコース(¥5500)と鰻一匹+小鉢少々(¥4500)で悩みます。

鰻半身+小鉢少々、うな重・丼、白焼重・丼、あいのせ(白焼と蒲焼)重・丼もあります。

今日は、鰻が食べたかったので “ひな菊(鰻一匹+小鉢少々)” にしました

折角なので、奈良の今西清兵衛商店さんの “白滴” をお願いすると、「お好きなのをお選びください」と…

Dsc_0406 Dsc_0401 Dsc_0404

私は、中央やや右の金箔の桜の花びらがあしらわれた漆のお杯をお借りしました。

このお部屋のガラス戸向こうには、たくさんの桜の木が見えます、一足お先に花見気分heart04

花見にはもってこいのロケーションです。 その時には、是非とも窓際席を確保したいものです。

お酒も美味しくって、杯が進みます lovely

身の厚い鰻は江戸風で蒸されていて、ふわっと柔らかくとっても美味しかったです。

右上のお皿は甘味で、柔らかめの栗羊羹と蕨もち。  中央やや左の小鉢は、数の子と糸昆布の和え物でした。

たまごは、鰻巻きではなく出し巻き、お汁も肝吸いではありませんが、+¥150で、肝吸いに変更できるとか。

調査員二人、とっても満足し、そして予約して帰りました。

今度は鰻半身になるけどいろいろな小鉢のついてる “鰻づくし特選御膳” を頂こうかと、今から考えております(笑)

ゆっくりおしゃべりしながら、お酒を頂きながら、お料理も雰囲気も楽しむことができるいいお店です。

ところで、こんなに解りにくい入り難いお店だというのに、外国の方が何組かお見えです。

口コミでしょうか? それとも何かで紹介されたのでしょうか?

確かにメニューは、日本語・中国語・英語が記載されてましたっけ。  皆さん上手にお箸でお召し上がりでした。

Dsc_0419食後、お互い立ち寄りたいお店があったので、うろうろ。

そしていささか歩き疲れ、一服することに。

この時期、奈良の観光客は多くはありません。

でも結構、通りに面したカフェは一杯なのです。

友がよく知ってるお客さんのいないお店にいくことに。

メイン通りに面してるのに、目立たないお店。

「でもおいしいのよ」とのこと。

やや薄めのコーヒーですが、豆から挽いてくれてます。

いいところを知ったと、感動。

奈良生まれ、奈良育ちの友が高校生の頃には既にあったお店だそう。

「お客さんが入ってるるのをあまり見たことが無い」お店なのに、何故か潰れない…

この通りに面してるお店で、昔から続いてるお店は、もう数件しかありません。 なのに…なのです。

友と二人、ああでもないこうでもないと想像膨らませて、一服させていただきました coldsweats01

そして、後の計画は全て彼女に任せて、3日にはエジプトに行きます。

暫くブログともお別れですね。

2018年2月24日 (土)

試食会(2月15日)

3月に、東京の友達が奈良に遊びに来ることが決まってます。

いつものように、奈良ソムリエに認定された友が、皆の希望を聞きながらいろいろ計画してくれてます。

私に協力できることと言えば、未知の美食探検だけ coldsweats01

知ってる美味しいお店もいいですが、これを機会に新しい評判の良いお店を開拓するのも楽しみです。

昼夜のバランス・観光する場所・ホテルの位置・交通機関等々考慮して、未知のお店を探しました。

Dsc_03771店目は、JR奈良駅近くのフレンチ『LA TRACE(ラ トラース)』

ビルの一階で、お隣は美容室。

通りすがりには入りにくそうなお店です。

ランチは、前日までの予約が必要。

奈良にありがちなこじんまりとしたお店でした。

カウンターに10人は座れません。

その背後に二人用テーブルが三組あるだけ。

でも 6人までなら、テーブルでご一緒できるそうです。

まず第一関門突破sign01

食前酒にスパークリングを頂戴します。 確か950円だったのに、とっても美味しいheart04

アミューズは、『百済農園さんの菊芋のスープ』   熱々で美味なりぃ~heart04

Dsc_0379 Dsc_0380 Dsc_0381

前菜は、『ひのひかり(米)、鱒の卵(中央のオレンジ色)、チーマディラーバ(蕪の花芽)』のリゾット。

ふにゃふにゃしてないいい歯ごたえに感動sign01

上右の写真は魚料理で、『黒鯛、カラマタオリーブ(下の茶色のソース)、ハーブ』

メインのお肉は、『ばあく豚、下仁田ねぎ』 いい焼き加減sign03

Dsc_0382お魚のときに白ワインをお願いしたのですが、赤を薦められました。

「お魚にも合うから…」とのこと。

これが又良かったのです、重くないけどいい渋みが残っていて…lovely

Dsc_0384_2デザートは、『古都華(イチゴ)、プラリネ』

最後まで手抜きの無いお料理でした、次回東京の友とディナーに来ることに決定❢

食後には、『フグレンローストリェのコーヒーまたは羽間農園さんの自然発酵紅茶』 全てにこだわりをお持ちのよう。

Dsc_0383私はコーヒーを頂いたのですが、コーヒーらしくないコーヒー。

今まで味わったことの無い代物。

とっても美味しいのです。

御覧のように、浅いローストです。

イタリアのエスプレッソの対極を行くようなコーヒー。

豆はエチオピア産ですが、焙煎はノルウェーの会社だそう。

友は紅茶を選択。

有名ではありませんが、大和茶って結構美味しいんです。

最近では紅茶にも挑戦してる事は知ってましたが…

この紅茶も裏切る事無く、香りもよかったです。

お互い、「GOOD JOB」とハイタッチ気分で帰宅できました。

次回友と行くディナーが、今から楽しみです。

2018年2月20日 (火)

今年のバレンタイン

今年もバレンタイン前に、ブリュッセルにいるショコラティエさんにチョコを注文しました。

このショコラティエさんは友の息子さんで、ベルギーで活躍なさってるのです。

チョコの本場ベルギーでは、取り立ててバレンタインにチョコが氾濫するようなことはなく、お店もいつもと変わりないそう。

なので息子さん(ショコラティエ)は、里帰りついでにチョコを持ってきてくださいます。

Dsc_0386
今年は新作?コーヒービーンズもありましたが、写真撮る前になくなってしまいました coldsweats02

コーヒーの苦味の利いたチョコは、あっという間に皆の口の中に消えてしまったのです(笑)

娘から送ってきたチョコは、杉の樽ではなく箱に入った竹鶴の生チョコ。

そして面白がりの娘が毎年オーダーする MY チロルチョコは、いろんな言語の「ありがとう」と「おねがいします」

気が付けば、主人が手にするチョコは、娘からだけになってしまいました。

因みに、このベルギーのチョコは私用です、主人へのプレゼントではありません bleah

2018年1月31日 (水)

新年会(1月22日)

父が亡くなって一週間たってませんが、テニス仲間との新年会に参加しました。

もう一ヶ月以上、テニスをしてません、みんなの顔が懐かしくって…  

不謹慎かなっと思う反面、お祝いのように送る事ができたという自負もあり、思い切りました。

とっても寒い雪の予報のでてる日、奈良市北部にある『ラ・カーサ ミーア』でイタリアンのランチを頂きます。

車なので、ノンアルコールスパークリングを頂戴しました。 これがなかなか美味しかった lovely

Dsc_0336 Dsc_0337

Dsc_0338前菜は、ハマチのスモークと鯛のテリーヌ。

二品目は、小柱・みかん・小松菜のクリームパスタ。

☜ 魚料理は、いとよりのバスクソース。

カリフラワーとほうれん草が付け合せです。

うっかり写真撮り忘れましたが、パンも美味しかったです。

薄く切った胡桃とレーズンのパンはお代わりしました。

チャパタにはレモン入りのオリーブオイルをつけました。

お肉は、孔子のグリル金柑ソース。

デザートはブラッドオレンジのティラミスとリンゴのジェラード☟

Dsc_0339 Dsc_0340

全体に丁度いい量でした。    コーヒーを頂きながら、久しぶりの仲間と談笑。

16人の大所帯ゆえ満遍なくお話しすることは叶いませんでしたが、久しぶりの集まりにとっても明るくなれました。

他愛もないおしゃべりは、一番のリフレッシュですね。

窓の外は雪に変わってます、天気予報の大当たり❢

それでもありがたいことに積もりそうにはありません。

重い腰が更に重くなって、話の花は超満開でしたhappy01

どんこ(1月18日)

年末に、大分県耶馬渓在住の作家さん作の椅子を購入いたしました。

その作家さんから美味しいプレゼントが届きました。

Dsc_0333
『どんこ』ですheart04     

お近くの農家さんが作ったこだわりの『どんこ』とのこと、この時期はゆっくり育って一番美味しくなるそうです。

大喜びの私を横目に主人と娘が嫌な顔を…(笑)    そう、彼らは椎茸が大嫌いなんです。

せっかくなので、一つだけ焼いて頂戴し、残りは妹達にわけました。

肉厚で柔らかくってジューシーで…  美味しかったわぁ~lovely

そうそう、私の頂いた椅子、名前があるんですって。

『鹿熊の夜』といって、彼の生まれ育った土地をイメージしたものだとメッセージにありました。

彼にとっても思いいれのある椅子だったようで、それを選んだことをとっても喜んでくださったようです。

鹿熊… 調べると新潟県三条市と富山県魚津市がヒットしました。

北陸の響きに、なんだかもう一つご縁を感じました。

2018年1月26日 (金)

2017年左党部門総決算

年を重ね、ズボラに拍車がかかってきました。

「忙しい」「家族が少ない」を理由に、外食が増えてきてます。

ありがたいことにそこそこ美味しいお店が近くにあります。

とりわけ居酒屋さんでは、季節のお料理に出会えます。

おまけにありがたいことに、呑み助三人家族なので、異論は出ません。

そこで出会うお酒の写真もいつのまにか溜まってしまい、ここで2017年の総決算をすることにいたします。

いつもの居酒屋さんで「美味しい日本酒、ただし辛口」と注文すると、常にはないお酒が出てくることがあるんです。

瓶片手の大将の説明薀蓄を拝聴してから頂戴します。   そんなお酒の記録です。

Dsc_2627Dsc_2263_2☜ 一番手は、おめでたいお酒で。

   大好きな黒龍酒造のお酒二種とも

   出会えました☟

Dsc_0058

この復刻版三十八号、私は好きです。

                          もう一つ大好きなお酒、十四代☟ でもいろいろな種類があります。  

Dsc_2522 Dsc_2553  1493896849855

もう酔っ払っていたのでしょうかsign02  ピンボケsign03  でも一応記念なので保存版 coldsweats01

1495887093101_2 Dsc_2561 Dsc_0083

それにしても、ワインのような瓶が増えてきたとは思いませんか?

Dsc_0010  Dsc_2074Dsc_0011_2

このお店では常時ある上喜元ですが、やはりいろいろあるようで、ちょっと珍しいタイプは保存版にsign01

Dsc_0268_2 1495884881831 Dsc_2222

Dsc_2071 Dsc_2070 Dsc_2406

Dsc_2403_2                          ☝ そして美人三姉妹 sign03

Dsc_2735 Dsc_0312

年末にはいわずと知れた獺祭、でもこの度は磨き二割三分。

Dsc_0311なんといってもこの石田屋との出会いは、特筆に価します。

唯一空瓶抱えて持って帰った代物 coldsweats01

同じ黒龍酒造さんでも、黒龍というお酒なら、まだ出会うことはあります。

黒龍でも充分満足できるお味です、あると知ったら飲まずにはいられません。

でも「その上…」と聞くと、やはり見てみたい口にしてみたい…

そして2017年の〆に呑んじゃいました lovely

この後気になるのは、二左衛門です。

以前おすし屋さんで見かけたのですが、御縁なく空でした weep

それ以来、瓶すらお見かけしません。

でも念ずれば通ずheart04

この石田屋との出会いで痛感いたしました。

さぁ~て、2018年は何と出会えるでしょうか?   いい出会いを期待して、またまた居酒屋へ…wink

2018年1月16日 (火)

2017年右党部門総決算

昨年中ごろより、父の血圧が不安定になり、秋過ぎより更に変動が激しくなってきました。

時に痙攣も起こし、何度か救急車のお世話にもなり、入院もしましたが、原因はわからずじまい。

年明け早々の体温低下には、流石に慌てましたが、良くも悪くも落ち着きを取り戻し、何とかっほっとしてる現在です。

そんなこんなで漸く myブログを開いたものの題材がなく淋しさを感じておりましたところ、昨年のケーキの写真を発見。

綺麗なお菓子の顔を眺めていたら、気分は notes notes

検診でコレステロール値が高めと指摘されてることもなんのその、それにしても洋菓子ばかり sign03

コーヒー好きが行くカフェには和菓子がないことが多いので仕方ない…と言い訳しつつ、記録保持を兼ねて告白することに。

Dsc_2237Dsc_2238いつも行くケーキ屋さん『ガトー・ド・ボア』

週一回ぐらい、近くを通る用事があります。

なので8割がたが、ここのケーキです。

2017年1月5日、この日も素通りできなくって…

定番もありますが、いつも新しいものを見つけます。

重複したら削除するのですが、それでもこんなに…

この日のケーキはアールグレイムース。

中にはマルコポーロで香り付けしたがナッシュが。

ピンクの雪の結晶が可愛いいですね。

1月19日 コーヒー風味           2月2日 チョコムース            2月9日 キルシュ風味のバヴァロワ

Dsc_2295 Dsc_2296_2 Dsc_2393_2

2月17日 白いイチゴのケーキ       3月7日                      3月9日ホワイトチョコムース

Dsc_2412 Dsc_2425 Dsc_2431

3月25日 タイトル「サクラ」         4月12日                    4月14日 桜餡のどら焼き

Dsc_2521 Dsc_2544 Dsc_2545

4月17日                  4月20日イースターのお菓子をアレンジ   4月27日

Dsc_2547 Dsc_2552 Dsc_2559

5月5日                     5月25日 奈良県産ほうじ茶を使用   6月8日

Dsc_2560 Dsc_2593 Dsc_2599

6月13日 可愛かったので…        6月18日                    6月22日 定番の一つ                   

Dsc_2605 Dsc_2607 Dsc_2609

6月23日                     6月26日                   7月13日 チェリーの季節です

Dsc_2611 Dsc_2625 Dsc_2648

7月27日                     8月3日 ゼリーが増えてきました     8月15日 イチジクが旬

Img_20170727_120853_1 Img_20170803_121318 Dsc_2721

9月7日                       9月14日                   9月15日

Dsc_0035_1 Dsc_0051 Dsc_0053

9月24日                    10月5日 ハロウィン             11月2日 和栗モンブラン

Dsc_0059 Dsc_0069 Dsc_0139

11月9日                  11月17日                     11月30日

Dsc_0164 Dsc_0190 Dsc_0258

昨年もよく食べました。  コレステロール下がるわけないですよね coldsweats01

お菓子で癒されるストレスの質と量、そして溜まるコレステロール、どちらに軍配が上がるのかしら sign02

普段は我慢して、せめていただくときはしっかり美味しいものを sign03

あぁ~、でも昨夜アイスクリーム食べました、孫が残していった駄菓子もつまみました coldsweats02

少し反省しながら、それでも「甘いもの大好き heart04

これは今年も変わりそうにありません(笑)

より以前の記事一覧