2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

美味礼讃?

2019年1月15日 (火)

初外食(1月12日)

おせち料理もなくなり、お鍋やお好み焼などで、夕食準備をしばしズボラ。

普通に料理し始めたものの、少々息切れし始めてきました。

というわけで主人が外食するこの日、娘といつもの近くのイタリアンに行くことにしました。
Dsc_1942現地集合sign01 
先についた私は、一足先にスパークリングを heart04
大好きなグリッシーニをつまみながら…
このグリッシーニもシェフの手作りだと、初めて知りました。
最近手が回りにくくなって、自家製フォカッチャも一種類に。
ちょっと残念ですが、一人で切り盛りしてらっしゃる姿に、
大変なのもうなづけます。
ほぼ約束時刻通りに娘も到着。
「寒いぃ~、冷たぁ~い」と言いながらもスパークリングsign03
ともにコースですが、私はメイン料理なしで。
一皿目は、カリフラワーのチーズフリッター。
お塩で頂きます。
アツアツがとっても嬉しい冬の夜です。
白ワインにもよく合います lovely
Dsc_1943 Dsc_1944

スープは、三種のキャベツ(冬キャベツ・ちりめんキャベツ・黒キャベツ)とインゲン豆。
Dsc_1945
前菜は、左から時計回りに、雉鳥のテリーヌ、
大根とイノシシ肉の煮込み、そして、
マグロのパン粉焼き・パプリカソース添え。
どれも文句なしに美味しかったわぁ~ sign03
パスタは、蟹とブロッコリーを選択。
娘はニョッキをチョイスしてました。
食べるのと飲むのとおしゃべりで、
娘のニョッキやメインを撮り忘れました(笑)
一口だけ分けてもらった娘のメインは、
牛のほほ肉の煮込み。
ホロホロと口の中でとろけていきます。
おすそ分けの赤ワインと… coldsweats01
煮込み料理とアルコールでほこほこに。
Dsc_1946 Dsc_1947

満腹ですが、デザートは入ります wink
黒豆のアイスクリーム、ガトーショコラ、柚子風味のパンナコッタにオレンジソース。
コーヒーを頂いて終了 delicious
お店を出ると、冷たい夜気が気持ちいい heart04
それでも心なしか、家に向かう足取りは早くなりました。

2019年1月 2日 (水)

忘年会(12月30日&31日)

「明けましておめでとうございます」と言いながら、ブログはまだ昨年です(笑)

今年もタイミングを外したブログになりそうですね coldsweats01

2018年年末、長女一家は、28日にやってきて31日に婿殿のお宅へ移動。

末娘夫婦は30日に来て1日にやはり婿殿のお家に参ります。

そして正月に舞台のある中の娘は、30日までは毎日深夜までレッスン。

家族全員顔をそろえて食事ができないことを理由に、『忘年会』を二回に分けて挙行 heart04

30日は、近くのお寿司屋さんで。

カニを仕入れて頂いてカニすきに、そしててっさもお願いしておきました。

Dsc_1921_l日本海が荒れてるようだったので蟹を

心配しておりましたが、無事に入手。

思っていた以上に大きな蟹です lovely

孫は、蟹についてるタグが気に入ったよう。

因みに我が家はこれを「ピアス付き」と…。

甘みのある美味しい蟹でした。

みぃ~んな笑顔で満足。

あくる日は、いつもの猿沢池近くにあるステーキ屋さんへ。

なかなか末娘夫婦はこのお店と縁がなく、婿殿はこの度が初めて。

お肉大好き孫娘は今回欠席で、大人だけの静かな?忘年会。

まずは、シャンパンではなくスパークリングで乾杯 wink

スターターは、ほほ肉のシチュー・ローストビーフ・オニオンスープに牡蛎のグラタン。

Dsc_1922 Dsc_1923_2

フォアグラの汁をたっぷり吸った大根は、とっても美味なりぃ~heart04

火あぶり直前のアワビに手を合わせ…  何の抵抗もなく胃袋に納めます。

Dsc_1924  Dsc_1925

いつものように、ロースとフィレを半分ずつ注文。

Dsc_1926  Dsc_1927

ニンニク・ショウガ・ポン酢・塩の4種のたれ。  野菜を頂きながら待ちます。

先にロース、そしてフィレ。  口の中でとろける油を満喫しました。   

Dsc_1928  Dsc_1929_2

お肉を焼いた油で炒めたお野菜も捨てがたく…

Dsc_1930  Dsc_1931

奥様がチョイスしてくれた本日のお供は、こちらです☝

私以外は、〆にガーリックライス・カレーライス、そして隠れメニューのボロネーゼを。

私のため?  「作ってみたんだけど…と、フォアグラのパテをだしてくださいました。

Dsc_1933  Dsc_1934

クレームブリュレにチョコケーキ、アイスクリーム、そして果物がデザート。

コーヒーとクッキーでおしまい。

皆おなかが破裂しそうなほど一杯になって…

ワイン勉強中の婿殿、奥様のワインの選択に感動してました。

さりげなく、気取りなく、アットホームな雰囲気の中で、お味のわりに懐に優しいお値段で

お料理を提供してくださる数少ない素敵なお店です。

メニューは決まってますし、内容も殆ど同じ、ランチもして下さいますがメニューは同じ。

それでも、いつも何かお祝いしたい時にはいきたくなるお店です。

2017年秋頃、奥様が体調崩され、お休みなさったことがありました。

2019年、変わりなくお邪魔できることを祈って… sign03

2018年12月22日 (土)

『鯛はな』さんでお夕食 (12月13日)

大阪に出かける用のある主人が、「夕食を大阪で…」と言ってきました。   どうも振られたみたいです coldsweats01

嬉しいですが急な申し出に、はてさて何処にしたものか… sign02

先日たまたま目にした何かの雑誌に紹介されていたお店が、丁度都合のいい位置にあることを思い出しました。

掲載されていた鯛めしが忘れられず、メモしておいたのです。

早速電話したところ、無事予約が取れました scissors

ビジネス街の本町にある『鯛はな』というお店で、夕食は完全予約制。

目にした記事では、しゃぶしゃぶもあったのですが、お電話では「鯛はなコース」のみでした。

スマホ片手に探し当てたお店は、階段下にある行灯のみが目印で、看板はなし。

「ここかな?」と不安を感じつつ二階に上がると、すぐお店の方が出てこられたので写真もなし coldsweats01

カウンター5席と仕切りで個室になる掘り炬燵式のテーブル席が三箇所の小さなお店です。

Dsc_1906 Dsc_1908

Dsc_1909八寸は、左端が栗の渋皮煮、その右は八幡巻。

うずらの卵に見えるのは、烏賊に卵を詰めたもの。

手前は林檎と柿の白和えに、牡蠣のしぐれ煮と稚鯛の塩辛。

吸い物の具は貝柱の真薯で、お椀も素敵でした。

おつくりは鯛と鮪。

揚げ物は芥子蓮根に白子。

海老の衣は、カッペリーニより細いギリシャのパスタ。

食感がとてもよかったです。

蕪の煮物は、濃厚な味噌味、多分ベースは八丁味噌。

どれもこれも日本酒によく合います。 そして、どれもこれも甲乙つけがたいお料理です heart04

Dsc_1910 Dsc_1911

Dsc_1912

これでお終い…   少し少ないかも…

娘に言われて振り返ると、〆の鯛めしの土鍋がカウンターに見えました。

Dsc_1913
三人分なので、鯛は切り身ですが…

とっても美味しくって、普段あまりご飯を食べない娘まで三杯食べておりました。

残ってしまったご飯を恨めしそうに眺めておりましたら、「おにぎりにでもしましょう❢」と… lovely

Dsc_1915「もうお腹いっぱいで何にも入らない」と言いつつも、

デザートが出てくると、何の抵抗もなくスプーンを手に。

豆乳とヨーグルトのブラマンジェです。

あっさりしていて、これもとても美味しかった。

まだ開店してから半年という新しいお店ですが、

もうランチはご近所のビジネスマンに人気。

なんとラーメンなんですよ。

「割烹でラーメン」なんです。

主人も、このランチに超乗り気❢

当然夜の部に大満足し、「友や仲間を連れて行くのに最上」と大喜びでした。

このあと、「年末のご挨拶」と称して梅田のバーに出向いたのも自然な成り行きでした。

2018年11月 4日 (日)

黒豆枝豆(10月30日)

昨年、親戚よりお知り合いが作ったという黒豆枝豆を頂戴しました。

今年も内心期待していたのですが、頂戴する事無く11月も間近に。

と、届いたのです、この黒豆枝豆が sign03

昨年の菜園直送と思われる枝付ではなく、綺麗な袋に詰められたものでした。

Dsc_1064

10月末ともなると色が悪くなりますが、味には変わりなく、あのなんともいえない甘味とほっくり感を堪能できます。

早速、今夜用に一袋、勿論食べ切れませんが…   残りは鞘から出して、後日のチャーハンやサラダやスープに。

もう一袋はさっと湯がいて冷凍します。

思わぬ(ちょっぴり期待はしてましたが…coldsweats01)秋の味覚到来に、大喜びの我が家でしたheart04

2018年11月 2日 (金)

今夜はイタリアン(10月26日)

「夕食はいらない」と、主人は出かけました。

ここのところ、それなりに真面目に食事の支度をしてきた私、今日はサボりたくなってきました(笑)

で、主人が「あまりにゆっくり過ぎて間が持たない」と嫌うイタリアンを選択、こことっても美味しいんです heart04

Dsc_1055 Dsc_1059

Dsc_1061upwardleft ウスムラサキとう茄子の唐揚げがアミューズで…

和梨のスープは写真撮る前に空に… up

梨の甘味にパンチェッタの塩が効いていました。

この後の盛り合わせも食べちゃいました coldsweats01

あまりに見苦しいので、写真は撮りません(笑)

カプレーゼ、なすと蒸しアナゴのイカ墨ソース、

柿とスモークサーモン、自家製ソーセージと茸のタルト。

色の取り合わせが素敵でインスタ映えしそうだったのに…

☝私は、ハロウインを意識してこのニョッキを選びました。

かぼちゃとゴルゴンゾーラのソースです。  スープ同様甘味と塩がいいバランス。

私はこれで充分なのですが、さすが娘は若い、メインもオーダーしてます。 イノシシと栗のソテーです heart04

Dscpdc_0000_burst20181026192445571 Dsc_1063

一口分けてもらいましたが、とっても美味しく、「ジビエ~」と満足。       

デザートは、洋梨のシャーベット、柿のシナモンケーキ・キャラメルソース添え、ブルーベリーのティラミス。

本当に美味しかったです。  〆のコーヒーを頂きながら、「やっぱり美味しい」 lovely

確かにお料理の提供は遅めですが、そこはスローフードsign01

会話とワインを愉しむ大人の余裕でやり過ごさなくっちゃねsign03

2018年9月22日 (土)

またまた外食(9月16日)

主人は、一週間ほどの長期出張中。

この間に旅行でも…と考えなくはなかったのですが、チョビチョビッとづつある用事をアレンジしなおすのも面倒です。

結局旅行を計画せず、自宅をベースに本を読んだり好きな時にPC使ってテレビのリモコン占有して…

Dsc_0899そして今日は、大阪まで美容院にいく事にしました。

その前にデパートに寄って用事を済ませます。

地下で、週代わり?に美味しいものを紹介してる一角を覗くと、

今日は京都下賀茂の『福助』さんです。

穴子大好きな私は、「あなごずし」を素通りすることは出来ません。

丁度お一人様なら入れそう… scissors

タレが濃いように思いましたが、寿司飯と一緒だといい塩梅。

美味しく頂戴しました、幸せぇ~lovely

美容院からの帰宅は、当然夕暮れ時、夕食作るのサボって、娘には外食を提案。

連休の中日だから空いているだろうと、電話もせずにいつもの居酒屋さんを覗くと満席。

このお店の一番近くにあるのは、ちょっとお洒落なイタリアンのお店。  今日は大阪帰りなので、ましな格好してるし…

お電話すると、「カウンターでしたら…」とのこと。  急いでお店いに向かいました。

席に着くや、次々といらっしゃるお客様や電話でお断りしてる様子を拝見し、ホッと胸を下ろした私達です。

お料理はコースのみ。   そこそこボリュームあるので、私はメインなしのコースをチョイス。

Dsc_0900 Dsc_0901

Dsc_0902_2上左は、アミューズのツキミ貝。 オイルソースが美味しい。

「パンが欲しい」と言えばよかったと、後悔。

上右は、ピーナッツバターかぼちゃのスープ。

確か、瓢箪みたいな形してるかぼちゃですよね。

☜ 前菜は左から、カプレーゼ、ハマチの梨ソース?

梨の甘味とハマチがよく合いました。

地鶏のとうもろこしソース、シメジのなんちゃら…

上に乗ってるのは、白海老。

シメジをつかったムースみたいで、秋の香りがします。

ワインが進むのが怖いです coldsweats01

Dsc_0903_2パスタは、秋刀魚とオクラ。

旬の食材満載のメニューが嬉しい notes

1537248788876_2

デザートは、アイスクリーム・ほうじ茶のティラミス・プリン。  このティラミスが珍しくもあり、嬉しいお味でした。

ここのところ、外食三昧で贅沢なこととは思いますが、旅行に出たと思えば安いもの。

主人が留守の間、家事を極力削減し、のんびり羽を伸ばしてる主婦です bleah

2018年9月18日 (火)

再びバーへ(9月14日)

先日、さるバーの7周年パーティーに参加いたしました。

あくる日、さる方より「ハンカチをお忘れでは?」という連絡を、何故か娘経由で頂戴しました。

確かに持っていたはずのハンカチが見当たりません。 

もうどこぞかで落とした物と諦めるのは簡単ですが、お問い合わせ頂いているのに知らん顔する事もできません。

「後日受け取りに伺います」と電話を入れました。

丁度14日、バーのすぐそばまで行く用があるので立ち寄ることに。

そして主人は出張中、帰宅後あたふたバタバタと二人分の夕食作るのも面倒なので、娘を呼び出しました。

バー付となると、娘に異論はありません coldsweats01

お手軽な洋食屋さんで夕食を済ませ、バーに向かいました。

Dsc_0894☜ この9月に発売されたばかりの【響 Blender's Choice】

ハイボール人気と「マッサン」の影響で、ウイスキー人気が復活し、

想定以上の売れすぎのため、白州12年・響17年が販売中止に。

それにとって代わるいろんな樽・いろんな年代のものをブレンドしたもの。

勿論、響17年に取って代わるものですから、美味しくないはずがない。

「業務用で、一般販売されない」と聞いておりました。

こちらのバーでも手に入ったのはこの1本だけだったそうsign01

早速水割りで頂くことにしました。

「違いの分からない女」ゆえ、コメントできません (笑)

美味しく頂戴いたしました。

顔見知りとのご挨拶も終え、いつもの〆に sign03

アイリッシュウイスキーです。 運よくカウンターには、お知り合いばかり…  失礼してcamera

Dsc_0898あちこちで頂きますが、ここのアイリッシュウイスキーが一番美味しいheart04

そしてありがたいことに、このバーでは年中いつでも注文できるんです lovely

アルコールランプで、アルコールを飛ばします。  青い炎がいいわぁ~❢

Dsc_0896 Dsc_0897

このために入れたコーヒーをいれて、クリームを載せて…

私がアイリッシュコーヒーを頼んだので、娘も仕上げに取り掛かります(笑)

愉しいひと時でした。

そして高いハンカチになりましたcoldsweats01

2018年9月13日 (木)

東京で(9月6日)

「敬老の日」のお陰で9月に、幼稚園や保育園では「ジジババ参観」なるものが催されるようです。

友からそんな話を耳にしてましたが、残念ながら我が孫にはその機会がありませんでした。

運悪く、年少さん・年中さんの9月はアメリカに行っていたので、一切イベント参加無しでした。

もうすっかり忘れていた矢先、この9月7日に参観が開催されると連絡あり。   勿論参りますsign03

鼻で笑っていた主人も、運よく参観前日6日に東京行きの仕事ができ、私も一緒に前日から東京へいく事になりました。

とはいえ主人は仕事後に会食があるので、夕食は私一人。

で、川崎にいる末娘夫婦に声かけ、白金台のフレンチ『RE QUINQUER(ル カンケ)』で、夕食を共にすることに。

Dsc_0868目立たない隠れ家みたいなレストランです。

階段登って中に入ると、目の前に又階段。

狭い階段をグルグルッと上に上に… 足の弱い方には無理かもcoldsweats02

ワインは、料理に合わせて供されるペアリングを選択❢

Dsc_0870 Dsc_0871

まずは乾杯のシャンパン、そして【小石と苔】(少しもちっとしたパンの上にパウダー上のケール)

他は全部石のようでした、もしかしてチョコが隠れてるかも…と探ったのですが…(笑)

☟岩牡蠣をさっと湯がいたお料理。 ゆで汁も左上に添えられてます。 泡アワが愉しいsign01

Dsc_0872 Dsc_0873

圧もお皿の上で泳いでるように見えます。  頭から尻尾まで、何の抵抗もなくいただけましたlovely

Dsc_0874 Dsc_0875

Dsc_0877フォアグラの上には、生の和栗スライスとトリュフです。

上右写真は、甘鯛。 皮が、すっごく美味しかったheart04

☜ 「いわいどり」というそうな。

甘酸っぱいソースがとってもグッドsign03

お料理一皿ごとに、グラスワインが出てくるので、

だんだん溜まってきてしまいます。

もうデザートだと言うのに、飲みかけワイングラスが三つcoldsweats01

娘達に手伝ってもらいながら、何とか完飲❢

Dsc_0878Dsc_0880☜ 和なしのシャーベットは、レモングラスで

  すっきりさっぱり、梨の甘味がフワッ❢

     最後のミニャルディーズはカヌレ ☞

器が面白くって、皆に「待て❢」と制してcamera

Dsc_0879
中央は、イチジクアイスクリームにイチジク、イチジクゼリーのシートの下にフロマージュ&ショコラが隠れてました。

勿論ソースもイチジク。   イチジク大好きな私には最高のデザートです。

ハーブティーも美味しく頂戴し、とっても満足・満腹。

入り口の階段がネックで、友を誘えませんが、又来たいお店が一件増えました notes notes

娘達と別れホテルの戻ると、もう主人はベッドの中。

鰻を食べてきたそうです。  「もう暫く鰻を顔見たくない…」そうな(笑)

2018年7月 9日 (月)

東京で(6月9日)

主人が仕事で東京に行ってます。

用事は金曜日で終わるので、「東京で合流し、娘達家族と食事でもしようか」ということになりました。

「わざわざ東京へ…」とは思いますが、勿論依存はありません。

早めに東京駅に着いた私、銀座1丁目の文房具屋さんを覗きに行こうと、フラフラ歩いておりました。

Dsc_0670と、なんだか人の列…  とても気になります。

覗いてみるとパン屋さんsign03

「もしや flair

実は七月に東京の友に逢いに行く時、

「美味しいパン屋さんでブランチしよう」

そのお店『セントル ザ・ベーカリー』。

二時前ですが、レストランに並ぶ人も多い。

パン購入の列はそれほどでもないですが、

二時半から販売開始のパンの列。

滅茶苦茶蒸し暑かったので、並ぶのを断念。

初志貫徹で銀座に向かいます。

でもどうしても脳の片隅にパンが引っ付いており、あの美味しそうな香りが鼻にまとわりつきます(笑)

で、潔く戻って列に加わることにいたしました。

戻ってみると、思ったほど列は伸びてませんhappy01     今からなら30分ほどです、楽勝 wink

でもそれは甘かった、暑かった、汗が止まりません coldsweats02

一人3本まで購入できるそうです。  我が家用と長女家族用、末娘宅用、丁度いいです scissors

Dsc_0671漸くに中にはいれました、興味津々でレストランを観察

この時刻のレストランのメニューは「トースト」のみ、あとは売り切れsign01

6種類ほどのスプレッドと食パン、トースターが運ばれてきます。

一方購入用パンは3種類で、イギリスパンは売り切れ、一日一回だけ焼くとか。

Dsc_0672 Dsc_0674
焼いていただくのがお勧めという「プルマン」の最後の1本を私がゲット sign03 

あとは生がお勧めの「角食パン」のみです、娘達にはこちらを渡すことにしましょうsign01

いい匂いが漂う紙袋3つぶら下げて、エッチラオッチラ boutique boutique boutique boutique boutique boutique 今日はスニーカーではないのです coldsweats02

東京駅に向かっていくと、法被姿の方が集まってらっしゃいます、何事 sign02

Dsc_0675 Dsc_0676

『日枝神社』の山王祭だとか。   正式には、「日枝神社大祭」。  神田祭と深川祭りを加えて、江戸三大祭とも。

そんな山王祭の京橋連合渡御が行われてるそう、丁度一服中だったようです。

Dsc_0677_2お神輿にカメラを向けていたら、法被姿のおじ様の説明が始まりそうに…

ありがたいですが、「先を急ぐので…」とご辞退して…coldsweats01

Dscpdc_0000_burst20180609144931606
この筋の先で神主さんらしき方が祝詞を…sign02 

とにかくパンの袋3つ抱えて汗だくの私、ここまで覗きには来たものの、人ごみの中分け入る力はありません。

で、退散。  いい機会だったので、とっても躊躇しました、後ろ髪思い切り引っ張られておりました。

でも暑い❢      とにかく暑い~ sweat01

夕食レストランに行く前に汗を引かせないとね。   東京駅のカフェで一服、やれやれでした。

後日、このパン屋さんでのブランチをご報告いたしますね。

2018年5月24日 (木)

今夜はイタリアン(3月29日)

朝から出かる用があり、夕食の準備に時間が取れません。

主人は外食の予定があるので、娘と二人で簡単に済ませる手もあったのですが…

主人が一緒の時にはなかなか候補に上がらない、でも美味しいイタリアンを食べにいく事にしました。

最初は、カジュアルなバル的なイタリアンのお店の予定だったのですが、行ってみると「貸しきり」の札が…

なので急遽、もう一軒のちょっとお洒落していきたくなる感じのイタリアンのお店に電話。

運よくカウンター席を確保 scissors    急ぎ娘に変更の連絡を取り、現地集合❢

Dscpdc_0003_burst20180329193021294_フランチャコルタを頂きながら、メニューを選択。

Dsc_0493
前菜頂きながら、ワインを物色 coldsweats01

Dsc_0494 Dsc_0496

Dsc_0498前菜もたっぷりなので、いつもはメインの無いコース。

でも今回、「イチゴソース」に引かれてメインも。

選んだのは牛肉の煮込みです。

なのであっさり目?の「モッツァレラと香草のパスタ」に。

やはりこのお店は裏切りません、美味しいheart04

お料理とお料理の間隔が長めなので、主人は嫌いますが、

おしゃべりに事欠かない、そしてワインがあればok

娘との夕食には、それもさして苦になりません。

イチゴのアイス+ティラミス+パンナコッタにも満足 lovely

ルンnotesルンnotesで帰宅しました。

より以前の記事一覧