2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

おでかけ&美味しいもの

2017年1月17日 (火)

奈良公園にて(12月4日)

11月、奈良在住の親戚の訃報が届きました、我家にとっては、結構突然でした。

少し認知症の症状が出始め、足腰が弱って歩けなくなって… そして90歳を迎え…

穏やかな最後だったそうです。

有難い事にそれ相応の年齢までお元気でらっしゃったので、式は楽しい思い出・お話で満ちておりました。

そしてこの日は満中陰、主人が一人で参加します。

関西では?奈良では? 帰りに「お下がり」なる物、御供えのおすそわけを頂きます。

荷物を持てない?持たない?主人故、私が運転手役で送迎する事になりました。

片道車で30分程の所ですが、往復二回は面倒、それに終わる時刻も不明故、近くで待機する事に。

折角ですから、まずは春日大社へ。

今年11月に、長かった第60次式年造替も終わりました。

Dsc_2088_3春日若宮おん祭の前で、まだ静かなはずですが、

奈良公園は、多くの外国の方で賑ってました。。

☟ まずは『一の鳥居』をくぐって…

Dsc_2110_2

今は何もない春日若宮おん祭御旅所の前を通り、

飛火野の横を通って、万葉植物園の前をやや右にカーブ。

ただひたすら歩きます shoe shoe shoe shoe shoe

そして『二の鳥居』の前にも、交代でカメラを構えるたくさんの外国の方達。

鳥居をくぐるとすぐ左手に『祓戸神社』があります。

Dsc_2090_2Dsc_2092_2Dsc_2091

まずはその右にある『伏鹿手水所』(☝)で、

身を清め、祓戸神社にお参りします。

脇の大銀杏は、もう大分散ってました。

いつ見ても立派な木です。

Dsc_2094見よう見まねで御参りをする外国の方達。

見られてるのを感じつつ、二礼二拍手一礼。

☜ そして南門から中へ。

本殿前も外国の団体さんで賑ってました。

そして再び二礼二拍手一礼。

真似をする外国の方達が、微笑ましい wink

さてさて今回の奈良待機には、秘密のmission?待ち焦がれてたチャンス?が隠れてるのです。

実は、大分前になりますが、奈良公園の奥の方に、美味しいキッシュ専門店があると聞いたのです。

行きたい行きたいと思いつつ、主人が好きそうでもないし、奈良公園の奥まではそうそう用もありませんし…

というわけで、未だ行かず行けずしまいでした。

実は、その大chanceと「送って行ってあげるよぅ~、迎えもokよぅ~」と親切ごかしに…  というわけ coldsweats01

目標は『水谷神社』のすぐ近くです。

二の鳥居から国宝館の裏を抜けて行けばよかったのですが、勘違いをして回り道をしてしまいました。

真っ直ぐ来れば、右写真の左に見える橋に出てくるはずでした。

Dsc_2095 Dsc_2096

☝でも私は春日大社駐車場を抜けて、大仏殿前から若草山方面に伸びる道に出、その坂を登ってここへ。

橋を直進(私の来た道からだと左折)すれば若草山に辿り着きます。

今回の目的のお店『キッシュテリア レ カーセ』は、茶屋からまだ少し坂を登った所、左手にあります。

昨日、偶然会った友とこのお店の話になった時、「予約しておいた方がいいわよ」とのこと。

でも昼前に行くつもりですし、一人ですし、何よりももう明日行くのに電話するにももう店じまいの時刻…

あまり便利な所にあるお店ではありませんし、季節的にも観光客は少ないし…と気楽に考えておりました。 

ところが店頭のメニューボードに、「11時半からは満席です、1時半からの予約のお席になります」

1時半からの昼食では、いくらなんでも主人の御迎えに間に合いません coldsweats02

でも一人くらい何とか…と、恐る恐る戸を開け中へ。

神はおわした、先に春日大社お参りしたお陰でしょうか、「キャンセルが出ましたのでお一人様なら…」

Dsc_2100 Dsc_2102

満席で、店内を撮ることはできませんが、入り口脇の席でしたので、ショーケースはok

狭いキッチンで、シェフ一人、若い女性が2人でお運びや盛り付け、販売を担当。

手際のいい働きぶりに感動すら覚えました。

二人掛けの椅子席 3組、座敷には 6人がけと 4人がけのテーブル。

Dsc_2101 Dsc_2103

Dsc_2105キッシュランチAコースにしました。

ドリンクメニューが二種、面白いのはピンクの方。

ワイン用ブドウのジュースがいろいろ…

今日はアルコールbanですから、魅力的ですが、

原則お食事時に甘いものは呑みたくない…

なので本日はドリンクなしで…

☝季節のスープは、ハーブとジャガイモ。  ☟ショーケースから選んだ牛スジ肉と人参のキッシュ。

Dsc_2106 Dsc_2107

あまりに美味しそうなので我慢できなくなり、ドルチェ追加(ルッコラと柿のタルト)☝

どれもこれも美味しく頂きました、いいお店発見に大喜び notes notes

お食事中に何組かいらっしゃいましたが、あえなく断念?1時半からのお食事を予約?

でもテイクアウトはokゆえ、ガラスケースのキッシュが次第次第に減って行きます。

慌てて、とっても気になってるキッシュ・クワトロフロマッジョを確保しました coldsweats01

Dsc_2227_2と、主人からメールが届きました。

なんと今から食事だというのです。  時間がたっぷりに❢

ならば、ならまち界隈の気になるお店巡りでもしましょう❢

フット思い出したのが、駐車場から遠くなりますが、『風の栖』。

面白い雑貨があるお店です。

そこで見つけたのがこのスウェーデン製サンタさん heart04  ☞

大中小の三種類別売りですが、組み合わせると楽しい。

三つひっつけて、その横に何かアクセントを置きたい…

小さなクリスマスツリーかトナカイさん、スノードーム…

気にいった物に出会うまでは、三人サンタさんだけで我慢しましょうsign01

お気に入り手作りのお店で、孫のワンピースを見つけ、奈良晒のお店で小さな植木鉢を購入。

もう行くところないなぁ~と思ってるところ、主人からお呼び出し電話。

気になっていたお店を巡り、美味しい物を食べ、お気に入りを見つけ、充実した一日でした。

2016年10月 3日 (月)

またまた鎌倉へ(9月23日~25日)

東京の娘が「もう一度単衣を着たい」というので、九月中に鎌倉の家掃除と称して出かける事に…

何とか都合ついたのが、お彼岸23日からの二泊三日でした。

Dsc_1899Dsc_1900_223日、昼過ぎに新横浜に到着。

お腹減ったので、マックへ。

この時期限定“満月チーズ月見”

中秋の名月の日に、

月見バーガーを食べたんです。

その後で、こちらを知りました。

娘に勝ち誇ったような顔され、

リベンジしたくって…

で、この度トライ❢

蓋裏のウサギさんまで camera

「いい年してなにしてるんだろう」

と、ちょいと自虐的になりながら、

頂きました。

味はともかく、制覇 scissors

娘の家では、自宅では年末にしかしない網戸掃除をし、エアコンの室外機まで拭き上げて…

それにしても台風がややこしい、気になる天気です。

天気予報では明日の3時頃まで雨とか、その後回復に向かい日曜はお天気sunだそうな。

明日は、下の娘と着物で出かける日、ひたすら空にお願いして…

今回は、横浜中華街にあるフレンチのお店 『Du Vin HACHISCH(デュ ヴァン ハッシシ)』に予約入れてくれました。

娘も私も初めてのお店ですが、娘の友達のお薦めだそうです。

あくる24日、凄い雨が降りましたが、夕刻には傘がいるかどうか…程度の雨になり、ホッとししました。

石川町の駅から歩いて10分もかからなかったと思います。

Dsc_1901_2ガラス越しにお客様がいらしたので、店の写真は撮りませんでした。

人が写らない部分限定ですが、店内はこんな感じ。

Dsc_1903お持ち帰り用メニューはないので、

御料理内容は、うろ覚えです coldsweats02

まずは、スパークリングで乾杯 sign03

☜ “人参のムース”

上はジュレになってます。

上の黒いのは、キャビアではなく、

黒トリュフで作ったつぶつぶ。

ムースはとっても甘くって…

人参の甘みだけだそうです。

とっても美味しく頂きました。

見た目も綺麗でお洒落。

Dsc_1906 Dsc_1907

☝ホタテのハーブ包み、白い粉はハーブパウダーです。 ☝フォワグラフランとキノコのスープ

☟鱸、黒いイカスミ製のチュールに乗ってるのはフェンネルの花です。

Dsc_1908 Dsc_1910

鴨の上の細いパスタの様なものは、マッシュポテトで枝豆が敷かれてます☝

☟三種のブドウとブドウアイス、ワインの泡が素敵です。

Dsc_1911 Dsc_1912

生ハーブティー(私はレモングラス)と一緒に洋梨のマシュマロを頂きました。

それ程広いお店ではないのですが、その割にスタッフさんが多く、タイミング良く御料理が運ばれてきます。

ワインも品ぞろえが多そうで、グラスワインも味わいの違ったもの数種類から選べました。

シェフがテーブルにいらしたり、お見送りにまで出てきて下さったりと、丁寧な接客にも花丸ですsign03

楽しく美味しく気分良く、「またこようね」と早速( ..)φメモ保存版です heart04heart04

明くる日はいいお天気で、日焼けを気にせねばならないほど。

以前見つけた珈琲の美味しいお店でお昼を頂くことに。

でも“リコッタチーズとくるみのケーキ”の魅力には抗しきれず… coldsweats01    美味なり~ぃ lovely

Dsc_1914 Dsc_1915

Dsc_1916カトラリーレストがクッキーsign02  残念、作り物でしたcoldsweats01

娘はパニーニにハートランドビール。

パニーニも美味しそうでした、次回はこちらに。

私のコーヒーは素敵なカップで出てきました。

後でコソッとソーサーをひっ繰り返すと、

ヘレンドのカップ。

良い器で頂くと、ますます気分もお味も良くなります。

カウンターに5人ほど?二人掛けのテーブル席が3か4組の小さなお店で、ちょっとファンになりそうです。

娘は東京へ、私はもうひと掃除終えから鎌倉を後にします。

次は10月末、東京の友と会う予定です。

掃除がメインかお食事が主か、はたまた友とのデートが最重要ポイントか…sign02

何れにせよ楽しく掃除に出かけております notes notes notes

2016年9月12日 (月)

津へ(8月30日)

主人を津まで連れて行く用事ができました、当然運転手は私。

名阪国道を上野東で降りると、後はほぼ一本道。

面白い交差点名を発見 sign03

Dsc_1852Dsc_1853

Dsc_1854「アホ」ではありません、「アオ」と読みます。  

人偏があるとはいうものの、思わずね… coldsweats01

この辺りも早稲で、もう稲穂がお辞儀してました。

刈入終了してる田んぼもありました。

綺麗な秋色の空が広がり、ほっとします。

とはいうものの、まだ暑い。

次々襲ってくる台風で、秋も速足になるのでしょうか?

とにかく被害のない事を祈ります。

今回も主人の用事ですから、当然のように強気な私。

どうしても行きたいところがあります、立ち寄りたいところがあるのです。

以前『肉まん・豚まん』をブログアップした時、ブロ友さんが教えて下さった肉まんのお店【丸(ウァン)】

彼女が行くお店は、ちょっと遠い関のドライブインや私が通る事がない新名神のサービスエリア。

でも調べると伊賀上野の名阪上野ドライブインにも同じお店がありました。

今回奈良に帰る途中、名阪国道を大内ICで下りれば目の前です scissors

で、当然の様に真っ直ぐ向かいました。  お昼代わりにもなるしね notes notes

Dsc_1856ドライブインでは、伊賀忍者がお出迎え(笑)

Dsc_1855

奥の方にお店を発見。

黒豚まんは当然ですが、お隣の「松阪牛まん」も気になる、でも460円、ちょっと考えてしまうお値段ですcoldsweats02

「でもここまで来たのだから…」と、エイヤァ~両方お買い上げ sweat01

Dsc_1857 Dsc_1858

見た目は殆ど区別できませんが、二つに割ると一目瞭然、写真右の上が豚まんで下が松阪牛まん。

先に牛まん食べたのが行けなかった… 甘辛い味付けが口に残って、豚まんの優しい味が曖昧に。

「しまったぁ~、今度は豚まん先に食べよう」が、二人共通の感想。

この豚まん、確かに美味しい、ブロ友さんが推薦なさるだけの事はある。

ふかふか熱い状態だからでしょうか、皮も美味しい。

551蓬莱の豚まんほどの大きさで、今日のお昼にはもってこいでした。

これからは、名古屋方面・三重方面に向かう時にはここに立ち寄り、遅い朝食に豚まん…もありかな sign03

2016年9月10日 (土)

東京で(8月27日)

今日は、東京の着物友と一緒に夕食を頂く事になってます。

我が娘も晴れて着物仲間の末席に坐す事が出来るようになりました。

というわけで、まずは東京の娘宅へ出向き、一人で着物着られるかどうか、できがおかしくないかチェック。

そして、丸ノ内ホテルの『ポム・ダダン』に向かいました。

エレベーターの目の前がもうお店で、お出迎えの方が待機なさってます。 なので入口の写真はなしcoldsweats01

Dsc_1838既に何組かお見えなので、お店の写真もなしcoldsweats02

落ち着いた感じですが、緊張するほどの静けさではなく、

ホッとしながら窓際の席へ lovely

夜景が綺麗ですが、ガラスに反射し、撮れません weep

先客は、思ったよりお若い方たちでした。

東京駅直結なので、鎌倉に戻る私には便利。

そんな友の気遣いに感謝です happy01

Dsc_1839 Dsc_1841

Dsc_1842_2前菜はなんだったけかな?

一品はお野菜、もう一品はスープとムースの間?

二品目は、湯引き鱧・苺ソース添え。

そのお湯で作ったジュレがかかってます。

桃のパスタが生ハムの塩と馴染んで美味しかった❢

私はお肉(ラムのグリエとフォアグラのポワレ)を、

娘は魚料理(鱸のポワレ)を選択。

デザートはココナッツとパッションフルーツのムース。
 

Dsc_1843 Dsc_1844_2

美味しかったです lovely    メインをお肉だけにしましたが、私には丁度良く…  

そして思ったほど敷居が高くなく、ホテルの割にこじんまりとしていて、使い勝手よさそう。

なんといっても、駅直結は有難いです。

ひとしきりのおしゃべりの後、別れを惜しみながら解散。

一人鎌倉に戻ります。

明日もう少し掃除して、風を通して…

2016年7月12日 (火)

東京へ:夕食編(6月25日)

今夜は娘と一緒に食事。

恵比寿界隈に行きたいお店二軒あったのですが、全く予約は取れず…

まぁもともと「予約の取れない店」だったので、覚悟はしてましたが…

で、娘が『鳥幸WINE PAIRING』を予約してくれました。

ソムリエのいる焼き鳥屋さんで、串ごとに合うワインを選んで下さるそうです。

串1本1本にワイン1杯となると大変な量になります。

「面白そうsign01 呑めるかなぁ~sign03 全部串ごとに違うワインなのsign02」  「私知らないんだ、初めてheart04

銀座にある鳥幸には行ったことあるのですが、ここは初めてとの事。

恵比寿駅から5分程でしたか?  

静かな和食のお店の風情の入り口、戸を開けるとワイングラスが一杯ぶら下がってました。

Dsc_1693 Dsc_1696

見た所カウンターだけ。  そのカウンターは広く、座るスペースもゆったりしてます。

好きな物を一つ一つ注文してもいいのですが、面白そうなので看板メニューの<串ペアリングコース>に。

串5本コース、7本コース、9本コースがあるのですが、お付添いのワインの量が解らないので5本コースに。

蒸し暑い一日だったので、とりあえず、小さめ生ビールで乾杯しました beer

Dsc_1692 Dsc_1694

まずは“お通し(おろし卵&浅漬け)”  アラカルトから“三種トマトと泡チーズのカプレーゼ”をchoice。

お洒落ないでたちにワオォ~happy01  緑と黄色と赤のトマト、泡状のチーズとさっぱり美味しく頂きます。

そして焼き鳥とワインのマリアージュの始まり…

Dsc_1697 Dsc_1698 Dsc_1699

一本目*半分食べちゃいましたが、“ささみサビ焼き”&“ジャンヌ ガイヤール ヴィオニエ(フランス)”

二本目*“ふりそで”&“ジャムシード レーンウェイ ホワイト(オーストラリア)”

そしてアラカルトから“レバームース”を追加。 このムースが甘い。 パンと一緒に蜂蜜も付いてきてます。

とっても美味しくって、パクパク食べちゃいました。 ちょっと癖になりそうな…lovely

三本目*“丸ハツ”&“ヴィーノ・ビアンコ ヴェネツィア ジューリア ダリオ・プリンチッチ(イタリア)”

四本目*“”&“オート・コート・ド・ニュイ オーレリアン ヴェルデ(イタリア)”

Dsc_1700Dsc_1701

五本目*“つくね”&“シャトー・ラングレ・ルージュ(フランス)”

御覧のように、ワインの量は少なめ。

少し甘めの白ワインではじまり、少しずつ辛めに、

スキッとキリッとなったところで、少し軽い赤に。

この流れからすると、最後には重めの赤…

でも何故につくねなのか…???

頂いて分かりました。

甘辛いたれには、これが合う❢

Dsc_1702そしてこの“フォアグラのコロッケ~トリュフソース”

これがまた絶品。

御品書にはまだまだ気になるメニューが並んでます。

つまみ食い感覚でちょこちょこっと頂き、

ワインをちびちびっと飲んで…

やはり5杯ともなると結構いい気分に…

私はここから鎌倉まで帰らねばなりません。

ほどほどにしておかないとね…wink

で、早々?に、お茶を❢

Dsc_1704 Dsc_1706

お寿司屋さんみたいなお湯のみです、でもこの漢字は創作作品のようですよ happy01

娘は追加でお薦めワイン。   興味津々でアラカルトを頂き、満足 delicious

〆に娘が選んだのは“親子丼”、私は“とちおとめのシャンパンジュレかけ”

Dsc_1703 Dsc_1708

親子丼の右隣はコラーゲンスープだったと記憶しております。

凄かったのはこの苺さん。  シャンパンジュレと共にガラスの器に入って出てきました。

ここまでなら普通。  その上に、ボトルからジャバジャバッと、シャンパンをかけちゃうんです。

イチゴはそれ程甘くなく、「奈良の勝ちだね」っと言っていたのですが、底の方のはシロップ煮で甘く…sign01

シャンパンとそれ程甘くない苺、甘いイチゴ、口の中でいい感じで混じりあうのです。

勿論、食べつくした後は器に口付け、飲みほしました scissors

満足した母は、娘に連れられて、普通のマンションにあるバーへ。

後から付いて行く身故、全く気が付かなかったのですが、娘の言う通り、看板も気配もないバーです。

「鎌倉に行かなくっちゃいけないから…」なんて言いながら、きっちり時間使いました。

明日は一日、娘の家の掃除に勤しみます、だから今夜くらいはね…coldsweats01

2016年7月 8日 (金)

東京へ:観光編(6月25日)

長女一家の留守宅の換気と掃除のために、再び鎌倉にいくことになりました。

でも末娘と遊ぶために東京まで、しかも早めに行って建て替えられる前の『原宿駅』を見に行こうと画策。

一人 notes notes しておりましたら、ブロ友さんが先に原宿駅をアップ…down  

今更、しかも私の写真をアップするのは…と、ためらわれましたが、ここは私の記録の場と割り切って…

Dsc_1637

腕が悪いのと、センスの無さ、そして逆光。   お許しください <m(__)m>

とにかく人が多い、ホームは狭いし古いし…

立て直しは必須でしょうが、東京駅や奈良駅の様に保存してほしいものです。

notes notes してたわりには、missionは一瞬にして終了。

で、すぐ裏の『明治神宮』にいくことにしました。

花菖蒲はもう終わりでしょうが、睡蓮が咲き始めてる頃。

鳥居をくぐり、“南参道”を行きます。

Dsc_1639

大勢の人が行き交う参道ですが、☟ こんな静かな雰囲気の景色も拝めます。

Dsc_1640☟「代々木」の地名の由来はこの木だそう。

Dsc_1645_3代々、樅の大木が育つので。

前の名木は戦禍で焼失…

☟こんな所に妖精がいるsign02

Dsc_1642

“御苑”には、途中の東口から入りました。  菖蒲田と睡蓮が目的なので、本殿は後回しです(笑)

前方に<南池>が見えてきました、白い花がちらほらと❢  

Dsc_1647 Dsc_1652

天皇様の思し召しによって設けられた<御釣台>では、皇后さまが釣りをなさったとか… ☝

そのお釣台からは、睡蓮やコウホネが綺麗に見えました。

Dsc_1650_2

Dsc_1654背後の庭は、芝生の中の躑躅。

花の頃は綺麗でしょうね。

その向こうには御休所<隔雲亭>。

戦火により焼失後、篤志家により建て替えられました。

中には入れません。

御苑は、江戸初期以来、大名の下屋敷の庭園でしたが、

明治維新後、皇室の御料地となりました。

そして武蔵野特有の雑木林の風情が残ってます。

Dsc_1655☜菖蒲田に向かう道にそんな面影を感じながら… 

Dsc_1657_3
菖蒲田は青竹に木道☝  雰囲気ばっちりです。

でも残念ながら、花はほとんど終わってました。

Dsc_1665 Dsc_1658 Dsc_1669_2

Dsc_1663_2☜≪神代香≫   ☝≪葵の上≫

明治天皇のお指図で皇后さまのために植えられた花菖蒲。

明治30年ごろには八十余種だったのが、現在では150種・1500株

Dsc_1667_2
菖蒲田のさらに奥に<清正井>があると聞いてます。  当然 shoe shoe shoe

Dsc_1670_2並んでます、東京は何処に行っても人の列sign01 でも、これくらいなら…

Dsc_1677_2甘かった sweat01

左写真で見えてる方の

すぐ眼前が井戸かと。

その先にまだ人がいて、

更に階段があって…

でもちょいと覗いて、

手をつけるだけ…

ものの15分ほどでした。

Dsc_1675綺麗な水です。

階段からですが、透き通ってるのが良く分かります。

深くはありません。

この地に下屋敷を構えていた加藤清正が掘ったそうな。

先ほどの<南池>の水源だそう。

水質のいい事で有名ですが、

「都合により飲用を禁止します   明治神宮社務所」の看板。

そして井戸の中に手をつけることも禁止。

ただ井戸の周りの水にはok

すぐ傍に警備員の方が立ってらっしゃって、注意なさってます。

冷たい水ですが、やはり都会。   山の湧き水のようなわけにはいきません。

隔雲亭近くの北門から出ると、“正参道”    ですが、“本殿”に行く時間は無くなってしまいました。

Dsc_1679本殿を背にして原宿駅方面に戻ります。

目の前には、“日本一の大鳥居”

檜造りの明神鳥居としては日本一で、

高さ12m、柱間9.1m、柱の径1.2m。

笠木は17mあるそうです。

結婚式? 振袖は暑いだろうねぇ~sweat02

でもだらっとすることなく、素敵でした。

7月に友の結婚式に出る娘。

式だけなら振袖も大丈夫だけど…

二次会もとなるとやはり無理…wobbly

そんなこと考えながら歩いていたら、面白い物に遭遇sign03

ワイン樽です。     本殿に向かって右側のお酒の菰樽はよく見かけます、知ってます。

☟でもワイン樽が並んでるのは初めて見ました。    ☟ 

Dsc_1683 Dsc_1685

明治天皇は、「和魂洋才」を旨とし御自身の生活にも積極的に西洋文化を取り入れてらっしゃいました。

勿論ワインも❢

その御縁?、ブルゴーニュ東京事務所代表でブルゴーニュ名誉民の佐多氏の呼びかけにより、

ブルゴーニュ地方の醸造元各社より献納されたそうです。

フムフム…と感心してる間に時間は無くなりました。  娘の家に向かわねば…

ブロ友さんのまねして、神宮橋のから原宿駅を撮ってみました。  そしてもう一度正面にリベンジ❢

Dsc_1687 Dsc_1688

でも人も車も多くて、そして何より時間がない。 とにかく急ぎます、人にぶつかりそうになります、暑いぃ~sweat01

渋谷駅で乗り換え…   「ハチ公を撮っておこう❢  時間ないけど…」

中の娘がハチ公に会いに来た時、「彼は散歩中とかで会えなかった」と聞いてます。

そんな馬鹿な…ですが、おのぼりさんの娘に想像を絶する人混みの中の小さな像は見えなかったのです。

そこで親切な?母は、写メを送るべく人混みかき分けて突進 dash

Dsc_1690時節柄、選挙のたすき❢

私にとっても感動の再会でした。

記念撮影の人が途切れません。

エイヤッと適当にシャッターをおしたところ、

この方達と一緒のハチ公が一番いい顔してましたcoldsweats01

やはり美人には弱いのかなsign02

早速娘に送信❢

何とも優しい母でしょう bleah

    dog dog dog dog dog dog dog dog

この後娘の家で所用を済ませ、ヤレヤレ…

さぁ~て、今度は夕食に出かけます heart04

2016年7月 5日 (火)

久々に京都へ(6月21日)

友の櫛が壊れそうになりました、修繕に京都まで…

我家の包丁の切れが悪くなってきました、トマトが綺麗に切れません、研ぎに持っていかなくっちゃ京都へ…

ということで、21日梅雨の晴れ間に京都へお出かけ、当然?着物で。

「私達運がいいわねぇ~。青空見えてきたじゃないの」     ほんとに運がいい notes

でも喜んでいたのは最初だけ、晴れたのはいいのですが、すっごく蒸すsign01   

京都の蒸し蒸しですsign03  もう最高潮 sign02

しかも事故で電車が遅れ、もわ~っとした空気の中で待ちぼうけ。

何とか京都に辿り着いた時にはもうお昼。    京都駅で何か…

フット思い出したのが、先日友と和久傳さんに行った時に、お気軽バージョンのお店が駅にあると…

Dsc_1621『はしたて』さんです。

2組ほどお待ちでしたが、これならok

耐えられます(笑)

六月お昼限定のメニューを頂きました。

煮穴子玉〆丼、冬瓜すり流し素麺、絹ごし豆腐、

じゃこ卸し小鉢、菜菹(サイショ お漬物の事だそう)

穴子のふわっと感がいい…

お素麺の固さが絶妙…

やはり文句なし、いい所知ったと大喜びheart04

出ると店前には10組以上が並んでらっしゃいました。   「私達運がいいねぇ~notes notes

まず錦通りに行き、包丁を❢   そして櫛のお店のある花見小路に向かいました。

暑い中、もう出待ち(舞妓さんや芸妓さんがお仕事に出かけるのを待機)の人が…

あらららららぁ~、目的のお店は閉まってます…   何故?????

今日はお休みではないはず… 定休日は水曜なのに・・・ あらっ、なんと第三火曜はお休みだそう…… coldsweats02

運がいいと喜ぶと、ドッボンと…・・・・・   今日は二勝二敗です。

「またおいで、とのことだわね」と、自らを奮い立たせるのが精いっぱい。

それにしてもとにかくムス❢蒸すsign01むすぅ~sign03

ウロウロするにも暑すぎる、何か飲み物が欲しい、どこか日陰で休みたい…

思いついたのが、『きなな』   きなこアイス専門店で、10年ほどに祇園歌舞練場近くに移転しました。

マスコミに取り上げられて以来超人気で、ずぅ~っと御無沙汰、こちらのお店に行くのは初めてです。

一筋入るだけで観光客はまばら、そんな道に面していて、入口は閉まってます。

知らないと入りにくいお店です。  一瞬お休みかと思いましたが、そぉ~っと開けて…

1階はキッチンと待合用に使えそうな空間。 

階段で二階に上がると、テーブル席と通りを見下ろせるカウンター。

Dsc_1626 Dsc_1624

メニューは少なく、まだお腹の減らない・飲み物が欲しかっただけの私達にはちょっと…

でも折角来たのですから、名物のきなこアイス『できたてハーフサイズ(プレーン一掬い)』を注文。

美味しかったです、お茶はやや薄めでしたが…(笑)

「お腹減っていたら私もパフェ食べたのにねぇ~」と、よそ様に運ばれて行くのをしげしげジロジロ eye

ゆっくりしながらも、主婦2人、スマホのカレンダー睨んで、リベンジの日取りを決定。

雨さえひどくなかったら…という但し書き付きで、7月初めに再び京都へくることにしました。

その頃には、祇園祭の準備も始まり、尚一層賑やかな事でしょう。

ゆっくり汗を沈めてから、ポツポツトボトボと帰宅の途につきました。

汗だけでなく大気中の湿気で、帯までじっとりした一日でした。

2016年6月29日 (水)

今夜も居酒屋(6月19日)

今日は雨中でのテニスの試合。   みぃ~んな年齢問わず、「水も滴るいい女にいい男」に。

そして、湯あがり状態の頭で、反省会というティータイム。

今夜はいつもの居酒屋さんに行くので、余裕綽々で臨んだ次第。

実は先日、山口に出かけたブロ友さんの記事で『獺祭』の文字を見つけ、「呑んでないなぁ~」と。

そんな時にテニスの試合で出かける…   迷わず、「もう外食でしょっ❢ 獺祭でしょっ❢」

そして時同じうして『大和肉鶏』の記事を目にしました。   思った以上に手のかかる鶏肉さんのよう。

でもこの居酒屋さんのメニューでいつも見ている名前です。

「最近手に入らないのよねぇ~」と思った途端、「もうここしかない❢」

てないきさつで、今夜も居酒屋へ。

まずは生ビール beer で乾杯(二位でしたscissors)   縞鯵のお造りと大和肉鶏のスモークチキン。

Dsc_1615 Dsc_1617

鶏の肉は柔らかくふわっ、皮はパリパリ。   いい感じ、美味しかったわぁ~heart04

でも肝心の獺祭が見当たりません。  『十四代』を頂きながら…  ちらちら eye キョロキョロ eye

思い切って、「獺祭はないのかな?」  店長曰く、「う~ん…・・・・・僕のを提供しましょう❢」

ということで、無事に獺祭(磨き三割九分)を頂く事ができました。

いまだ磨き二割三分を口にした事はありません。  やはり人気沸騰中で手に入らないのかな?

Dsc_1618_2Dsc_1620どういった乗りか忘れましたが、

三重の『八兵衛』も呑んで…

(すっきりさっぱり型です)

Dsc_1619

そして大好きなおでんのロールキャベツ❢  なんとなく記念撮影 camera    

何をどう食べて、何を呑んだのか…???

テニスの適度な疲れに良好な結果、雨にはぬれましたが風邪もひかず怪我もせず…

とっても気分良く、パクパクちびちび…

主人と二人、傘を杖代わりにフラフラ揺れながら帰りました coldsweats01

 

2016年5月29日 (日)

鎌倉掃除旅(5月21日&22日)

20日から、主人が一週間ほど出張で留守します。

私的には少し慌ただしいですが、その留守中に、鎌倉の娘の家を掃除しに行く事にしました。

何れ、東京の末娘の助けが必要となるかもしれないので、会って種々伝達することに。

夕食を餌にすると、快く?参加表明。 運よくこの週末に予定はないようでした。

首尾よく新幹線もお食事処も抑え、notes notes notes

と火曜日(「キャンセルするなら今日が最終」と言われていた日)、主人が腰痛のため出張キャンセル shock      

      (ココロノコエ*またup いつも旅行前になると腰痛を訴える…  不安のなせるわざ…annoy

冷たい私は、「主婦は忙しいの❢ あなたの出張中に予定した事はキャンセルできないからね」

その後主人は、「俺は自分に負けたdown」と、キャンセルを悔やむ日々でした。

      (ココロノコエ*だから言ったじゃぁ~ないの、キャンセル最終日さえ乗り越えたらって…sweat01

てな事がありましたが、前言通り私は計画遂行、鎌倉へ bullettrain dash dash

ほぼ一か月前、水が張られた田んぼに驚かされました。  そして今日はもう田植えが終わってました。

Dsc_1585

静岡駅以東は、今日も花曇り的空で、富士山の姿はうっすらとも見えません、残念 coldsweats02

娘のマンションに到着。  今日は誰のお出迎えもありません weep

ハイテク?な鍵で入り口を突破、郵便受けには暗号間違いで拒否され、玄関ではSECOMランプにドキドキ…

モップや掃除機駆使して…    留守になってまだ一か月。  なので、本日は埃取りだけにして…

「我家の掃除はいつからしてないかなぁ~???」  「サッシの埃なんていつ掃除したっけ???」

なぁ~んて考えながらコーヒー飲んでテレビつけて…  くつろぎのひとときです coldsweats01

末娘が到着。  事故による電車の遅延や運休で振り回されていたようです。

しかもマンションに行きつかないので私に連絡したらしいのですが、掃除機の音?私は気付かず…

「ついてない…」と、不幸のど真ん中みたいな顔しての到着でした(笑)

Dsc_1586この春に頼んでおいた単衣が先日届いたというので、

早速今夜はそれを着てお食事に❢

思っていたより上手に着ました。

名古屋帯の結び方を習ってなかったので、

帯結びには少し手を貸しましたが、殆ど自分で…。

親バカで、写真掲載 wink

普段ショルダーバッグや大きなかばんしか持ち歩いてないせいか、

着物にあうバッグ選びに四苦八苦。

何とか妥協できる物を見つけて… といった次第。

予約時刻にちょっと遅れそうですが、それでも記念撮影 coldsweats01

今夜行くお店は、婿殿が教えてくれた居酒屋さんです。

Dsc_1589婿殿は、「寿司屋」と聞いて行ったそうですが、

お寿司は前もって言っておかないといけないそう。

しかもこちらがオーダーするのではなく、

お店側が内容を決める握り盛り合わせタイプ。

予約の電話をしたところ、

「予約場合、人数分のお造りの注文お願いします」

とのこと故、お寿司は止めにしておきました。

大船駅すぐそばの目立たないお店『網代一菜』

今は戸が開いてますが、営業時間外は普通の板戸が閉められ、お店があるとは分かりません。

中は意外に広く、ちょっとごちゃごちゃした感じの気取らない普段着のお店。

たくさんの方が呑んでる畳席と5~6人で一杯になりそうなカウンター席。  私達はカウンターです。

ビールと一緒にもつの煮込みの向こう付けが出てきました。  関東では珍しいのではsign02

そしてお造り二人前の盛り合わせ☟  ボリュームあります、脂乗ってます、美味しいです。

Dsc_1587 Dsc_1588

量が多そうです。   肉豆腐とちりめんチーズを頼みました。

肉豆腐はやや辛めで、御飯が欲しくなります。  ちりめんチーズのベースはお餅でした。

私は冷酒、娘は何とかサワーを呑んでましたっけ。  空豆つまみながら、キョロキョロ。

お寿司を召しあがってる方発見。  一人で一人前食べたら、他はもう何も食べれない感じ。  

全体に一品一品のボリュームが結構あるので、すぐにお腹がいっぱいになってしまいます。

そしてお安かった、懐に優しいお店でした  moneybag scissors

コンビニでビールとちょっぴり甘い物&朝食を買って帰宅。

明日は、以前娘一家に連れて行ってもらったフレンチに行くつもりです。

初の自分の着物に気を良くしてか、明日も着物に挑戦するとの事。   私は当然の如く notes notes

Yjimageskxdreji_2Yjimageskxdreji_2Yjimageskxdreji_2Yjimageskxdreji_2Yjimageskxdreji_2Yjimageskxdreji_2Yjimageskxdreji_2Yjimageskxdreji_2

あくる日もお天気は上々、ですがちょっと暑くなりそうです、日傘が欲しくなる日です。

行く先は、湘南モノレール大船駅近くの『シェ ケンタロウ』   奥のエスカレーターで三階に行きます。 

一階はケーキ&パンの『CALVA』で、確かご兄弟…???   実はここでパン買いたかったのです。

レストランでは、こちらのスイーツとパンを使ってらっしゃいます。

Dsc_1597 Slide5

店内は既に一杯で写真は撮れませんでした。  で、ホームページ?から転用させて頂きました☝

それでも娘をだしに、お店の雰囲気を撮ってみました coldsweats01

Dsc_1590昨夜とはうってかわって、お洒落してきたいお店です。

私はメインはお魚だけのコース、娘はお肉と両方のコース。

「ボリュームは変わりません」とのこと。

Dsc_1591_2スパークリングで

乾杯して…

オードヴル・バリエ

どれも美味なり。

キッシュにテリーヌ

ミニコロッケ…

すぐワインに❢

「白ワイン…」に、

スタッフさんが、クーラーから4種類持ってこられ、それぞれの特徴を説明なさってくださいました。

娘はフルーティーを、私は若干しっかり目をオーダー……  昼ですが、ワインが進みますcoldsweats01

Dsc_1592 Dsc_1593

新玉葱のポタージュは、カプチーノ仕立て。 泡をつぶすのが残念です。

ポワレの下には青海苔と小柱のリゾット、ホタルイカのコンフィと桜エビのフリットが添えられてました。

娘のお魚料理も一緒、しかも大きさ変わらず…です。

「エッ???」   確か、ボリューム同じくらいとのことでしたが…

このあと娘には鹿児島県産黒豚バラ肉のシェリービネガー煮込みがきました。

「たべれるかなぁ~」と言いつつも、赤ワインと共に楽しんでました…coldsweats01       

Dsc_1594 Dsc_1595

デザートはアイスクリーム、ガレット、柑橘のジュレ。

締めのドリンクと一緒にプチマカロン二種。  両隣の方とは違う種類、ちょっと気になる私です(笑)

出されたバゲットやカンパーニュも美味しく、パクパク…

途中でふっと気が付き自重いたしましたが、時すでに遅く、食後の娘は「ぐるじ~ぃ~~sweat01

着物のせいではなく、単にお腹が苦しいとの事。

マンションに戻り、着物脱いで、バタンキュウ~と倒れておりました(笑)

もう今夜のお食事不要の様子…  

一階のCALVAでパンを買ったのですが、常温に耐えられるもの・ひっくり返って大丈夫なもの限定。

おやつによさそうなデニッシュも内容濃いバゲットサンド、サクサククロワッサンサンドも気になります lovely

そして美味しそうなケーキの数々…heart04   とりわけタルトタタンがsign03

次回は、ここで朝食用のパンとおやつを仕込んでから、娘のマンションに行く事にしましょうかsign02

とっても有意義なお掃除当番でした bleah

2016年4月17日 (日)

奈良へ

もうじき東京の友と、京都で花見をします。

桜前線の到達が異常に早く心配しましたが、冷え込みがあったお陰で開花期間が延びたようです。

桜便りに一喜一憂しておりましたが、何とか持ちこたえtくれたようで、友とホッと胸をなでおろしております。

で、いつも御世話になってる東京の友に何かプレゼントを…と、奈良に探しに行きました。

いつもの『遊中川』、奈良晒のお店で、今年創業300年を迎える老舗です。

東京にも売り場があるますが、やはり品揃えが違います、行けば何か必ず素敵な物があるのがこの本店。

ある意味、我らにとっても危険なお店なのです(笑)

まずは腹ごしらえに、以前通りかかって気になっていたお店『AIDA』に。

外観は、昭和初期に建てられたようなデザインの幅の狭いビルヂング。  (写真は撮り忘れました)

列ができる前にそそくさと店内へ。 スタッフさんは若い方達ばかり。 狭い割にたくさんいらっしゃいます。

中は古くて黒くなった梁がめぐらされてます。 お客さんでいっぱいなので、写真は撮れませんでした。

Dsc_1424ランチは二種類。

今日は、湯葉巻き野菜か天婦羅か。

私達は前者を希望。

やまと野菜を使った素朴なランチです。

サラダのドレッシングも美味しく、

御みそ汁もお野菜いっぱいです。

ベジタリアンの方と一緒でも困らないメニュー。

結構お腹がいっぱいになりました。

猿沢池の傍にある、これまたいつも行く靴屋さん『Shop TABI-JI』へ。

20160322133953先日、孫に一つ大きいサイズの靴を買いました。

この地下足袋タイプの靴は、指で踏ん張れて、

子供が転びません。

勿論我らとて歩きやすい。

外国の方には、「忍者靴」と超人気です。

そして当然裸足か足袋型靴下着用。

この靴下、大人用はあちこちで見かけますが、

15㎝はなかなかありません、やはりここでないとね。

また娘の所に行くので、靴下を余分に持っていくことにsign01  パパやママと御揃いになるようにsign03

猿沢池のほとりから桜を眺め、「まだ咲いてるね」「ソメイヨシノは散ってるけど、枝垂れはいけそう」

心は京都、ただ京都の桜のみを心配する2人です coldsweats01

目的の遊中川で、期待通りの素敵な麻のストールを見つけました。  「私用も…」   danger 危険です coldsweats02

長居してはいけません、用を済ませたら外へ出ます、そして近くの雑貨屋さんへ。

このお店には超お安い子供服が売られてます。

Dsc_1440ファミリアかと思えるようなお洒落なワンピースが3000円代だったり、

本当にいつもビックリポン heart04

裁縫のプロも、お店をだしたりあるいは会社と契約してしまうと、

いつもきちんきちんと継続的に制作しなければいけない。

腕はあるけどなかなかそれだけの時間的余裕はない、だけど作りたい、

そんな方達は結構いるもののようです。

そんな方の作品を預かって売ってるので、いろんな系統の物、

でも色違いとかサイズ違いはありません、一点もの。

その代わり、材料費だけみたいなお値段で、丁寧な縫製と

子供の事を考えたデザインの服が手に入ります。

☝ この日も素敵な物を見つけました notes     しっかりした綿で胸元にチュールレースもしっかりしてます heart04

さぁ~て、ちょっとお茶しにこの近くの喫茶店に行きます。

実はこのお店 ☟ 『Petit Marche』が主目的。  でもお腹がいっぱいだったので寄り道した次第。

Dsc_1429 Dsc_1426

Dsc_1428そしてここに来たかったのはこのケーキのため。

☜ その名も 『古墳ケーキ』

「本格3段築成前方後円墳」という形です。

抹茶スポンジの森をシガー型クッキーが囲みます。

メレンゲの円筒埴輪やピーカンナッツの土器片、

カシューナッツの勾玉が、埋蔵されてます。

写真を撮ろうとすると、「如何ですか?」

スコップスプーンを勧められ、思わず御買い上げ。

そして更にいろんな小道具まで…  こちらは無料です、貸し出しだけです(笑)

これは奈良にしかないsign01     奈良にしか似合わない sign03

楽しんじゃいました、そして美味しく頂戴しました lovely